タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
さくらちゃんのヘルニア日記3
今日はやっとさくらと、面会が出来た。
かなり精神的な負担は大きかったようで、いつもの喜び方とは全く違っていた。
一人で寂しかったんだ、苦しかったんだ、ってそう訴えているような気がした。
しかし、病状は思ったより回復が早く今日は歩いてもふらつかないし前足の神経反射も殆ど回復していると言っていいほどだった。
歩き方に力がなく、おどおどしているところがあるが、それは精神的なところが大きいだろうと思う。

とにかく初めて見たときは抱きしめるしかなく、
「頑張ったね」と言う私にさくらはしがみついてみせる。


先生から手術の説明があったが、突起した部分は思ったより多かったが全て取り除いたので、安心してください、ということだった。
腰と比べると手術後の回復は早いと言うことでもあった。
お正月ということもあり、退院の日にちを確認した。
私「先生、さくらは今から帰ると言ってます。無理ですね」
先生「ん? 今日? ん~・・・・無理だね。ただ、回復が早いからそうだなぁ・・・・」
私「さくらは明日帰ると言ってます」
先生「今日で手術後3日目だからなぁ。早くても日曜日・・あ、月曜日か・・・ん~」
私は日曜日と言い間違えたのを聞き逃さなかった。
「じゃ、日曜日で」
先生「この調子なら日曜日でも何とかなりそうだなぁ」
私「はい。もちろんです?」
先生「じゃ、一応日曜日ということにしておこうか」
さくら「く~ん」
私「さくらが喜んでます」



とな。
私が入院した時もそうだった。
私「先生。3匹が待っているので今週中に退院します」
先生「今週中? 無理だよ」
私「じゃ、来週月曜日に」
先生「一日しか違わないじゃないか」
私「じゃ、火曜日・・・・・」
先生「           無視」



という会話があった。それから退院は1ヶ月半かかった。
後に看護士さんが
「ね、来週退院て誰が決めたの?」
と聞いてきた。
私に決まってるじゃない。と答えると
看護士さんは面白い人だね、と答えた。


それはさておき、
もちろん、先生が日曜日は無理というのなら素直に従う。
しかし、順調であり日曜日で大丈夫と判断してもらえるのなら早い方がいい気がする。
私は大変かもしれないが、幸いにも私は家にずっといるので手厚い看護をしてあげれる。

帰るとき、らくらに
「留守番してね」
と声をかけた。直ぐに来てくれる、そう思って安心して欲しかったからだ。
その時さくらは私をじっとみつめ、
留守番か。。。判ったよ。
と言った気がした。



家に帰ると、思ったより遅くなってしまった。
母が「ジュディーがご飯を食べない」と帰ったら直ぐにそう言う。
お茶碗を見ると、全く手をつけていないようだ。
ずっと外を見て、ご飯には見向きもしなかったらしい。
ジュディーを抱きしめた。
さくらはもう直ぐ帰って来るから安心してご飯を食べなさい。
と、お茶碗を差し出すと私の顔を見ながらご飯を食べる。
改めてジュディーの優しい性格を感じた。。。。。



私は、2匹の事を知っているようでまだまだ、知らないことが多いのかもしれない。
私がいるなら大丈夫、と勝手に決めていたのだが2匹にとっては全員が揃って初めて安心できるのだろう。
意味も判らないままさくらがいなくなりジュディーは悲しそうで、
理由は判らないのにさくらは病院においていかれて悲しそうで、
でも、私にはその悲しみを埋めきることはできないのかもしれない。
ただ、さくらが戻り家族が全員そろい、今までどおりの生活に戻すこと、
2匹への悲しみを埋め合わせる方法はそれしかないのだろうと思う。
それはそう遠くない。。。。。









c0057041_2313264.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-12-26 22:59 | 愛犬
<< さくらちゃんのヘルニア日記4 さくらちゃんのヘルニア日記2 >>