タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
さくらちゃんのヘルニア日記7
今日は、年の暮れと言うこともあり、数人の来客があった。
その中の一人に、さくらが大好きな私の叔母の訪問があった。
叔母は、さくらの姿を見るなり
「どうしたの、この毛」と聞く。

実はあまりに惨めな姿なので写真を写していないのだが、お尻に近い背中はバリカンで四角くカットされている。
で、手術は首の前からで、案外危険な手術だったわけだが、首も同じくバリカンで四角くカットされている。
せめてお尻の部分のバリカン面積をもう少し小さくするなど、遠慮できなかったか?と思うがそれも私が冷静さを取り戻してきたという証拠でもある。
最初見たときは、毛は直ぐ伸びる、それより手術の成功を、と願うばかりでお尻のハゲなど気にもならなかったのだから。


そして、首はカラーをしていたが家に帰ったら外してもらっていい、と言われ、外してある。どうやらさくらの皮膚はあまり強くないようで、傷口に当てたガーゼを止めるテープでかぶれている。なので、その部分にかゆみがあるようでかきまくるためストレスにならないようにと外してみた。傷口を掻くようなら再度ギブスをするが、今のところ大丈夫な様子。
ただ、傷口は丸見え状態だし糸は出ているし、と見るに耐えない状態である事は否定できない。


とにもかくにも、お尻のバリカンカット部分はひいきめに見ても、絶対に目立つ。叔母もすぐに気づき、同じカットをするのならもう少しやりようがあるでしょう。まさかおしゃれって事はないだろうし。大体この真冬にカット?という疑問がわいたらしい。

私は「ヘルニアの手術をしたのよ。昨日退院したところ」
と首を見せると、叔母は顔をしかめるどころか、首の手術痕を見て泣きそうな顔で
「さくらちゃん、何これ。本当に可愛そうだわ。いや~、どうしてこんなことに?」と言った。
その叔母の顔を見たさくらは、自分が悪いことをしたから叔母がこんな顔してるんだ、と思ったらしい。
かなり悲しそうな顔で、ごめん。。。。とでも言うかのようだ。
「さくらは悪くないよ。心配なだけだからね」と言ったが、普通なら可愛がってくれる叔母の反応にショックを受けたようだ。かなりしょんぼりしている。
ちなみに、私が
「さくら、くっさ」と顔をしかめてさくらに言うと、ショックを受ける。もちろん冗談だが「可愛いね~」と微笑んで話しかけられるのが通例なのに、臭いと言われ、なおかつ嫌な顔をされることにはかなり抵抗があるらしい。


又、違う人は
「あれ、毛がない。変な形だな」と言った。
じゃかーしー。さくらはヘルニアなんだ。毛がないぐらいええじゃないか。
さくらは、頑張ったんだ。


とにかくバリカンカットには対応が必要なようだ。
ま、当の本人は全く気にしていない。それどころか「私は可愛いのよ」とすまして座る。そこに見えるはバリカンカットと傷の跡。
正直言って、ヘンだ。




いや、考えたら勇気の証だ。
隠す必要なんて全く無い。
道で聞かれたら
「ファッションです。流行ってるんですよ」と答えることにしよう。



そして、今日の夕方。
手術後初めての外出。
こんなに寒くても行きたいの、君は? と聞いたが「絶対に一緒に行く」と踏ん張るので、セーターを着せてバリカンカットをさりげなく隠してお出かけ。
短時間だったので、車からは降ろさなかったがそれでもいつもの場所に、いつもどおりさくらが座り、窓を空けろとせがむ。
さすがに傷口に冷たい風が当たるのは嫌なので、ヒーターバンバンで真夏ほどに暖めてドライブ。
ちょっと暑かったようで、舌を出してゼーゼー。
どうやら私は飼い主としては、今ひとつ抜けている気がする。。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-12-30 00:15 | 愛犬
<< さくらちゃんのヘルニア日記8 さくらちゃんのヘルニア日記6 >>