タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
犬が猫を育てるか?
あの子猫は結局引き取った。
新しい飼い主さんを探すことになると思うが、今のところは我が家の家族となっている。



引き取りに行った時、子猫は全く食事を取っていないと説明を受けたが、実際に家に来ても全く食事を取らない。歯は生えてきているので離乳食が始まっていてもおかしくないはず。
ミルクをあげても臭いをかぐだけで全く見向きもしない。

それにくわえて、ジュディーとさくらは子猫をいじりまくる、吠えまくるで、連れてきたのが間違いだったのかもしれないと思った。
子猫はビビッて隅の方に逃げるが、2匹は追い詰めて、更にど突きをくわえる始末である。後悔しはじめた。



その時、子猫がさくらとジュディーに甘えて擦り寄っていった。様子を見ているとさくらの様子が変化した。私がさくらを抱える形で大人しくさせると、更に子猫はさくらに頭をこすり付けて甘えてくる。
「さくら、どうする? これでも嫌い? 仲良くなれない?」と言うと横になり始めた。




そして、子猫にミルクを与え始めた。
さくらは急に優しい顔になり、子猫を抱きかかえお腹を子猫に見せ、そしてミルクを飲ませ始めた。
子猫は必死だった。お腹が空いてたまらない様子である。
それは、離乳食はまだ早い時期だという証明でもある。



実は、さくらは儀妊娠をするタイプで、その時期になるとおっぱいが出る。大体、2週間ぐらいなのだが、今回はなぜか3週間目になっていた。それでもおっぱいが出るため、おかしいと思っていたのだが。。。。
だから、今のさくらは少しだけおっぱいが出る。


それは、まるでこの子猫を待っていたかのようであった。そして、子猫も私ではなくさくらに命を救われることを知っていたかのようであった。
この不思議な光景にしばし眺めていた。その後、さくらは子猫から離れず、そして体中をなめてあげている。

子猫は、本当のお母さんを見つけたかのように安心しきって、そして、さくらの側から離れない。



きっと、このままさくらは子猫を育て上げるだろう。




c0057041_23222149.jpg
c0057041_23223344.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-06-02 23:22 | 愛犬
<< それはそれは、可愛いようで・・... 猫 >>