タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
抱きつくジュディー
週末にお祭りへでかけた。もちろん2匹も一緒だ。花火があるというがジュディーが怖がる。その時間前には帰る予定だったが、せっかく来たし様子を見て決めることにした。
一応、花火が見える場所にシートを敷いて座ったのだが、その隣にいた少年がいろいろと話しかけてくる。もちろん、ジュディーとさくらがかわいい様で、触りたいらしい。
少し触ったら満足するのが普通だが、この少年は退屈だったらしい。その後もあれこれと話しかけてくる。


すると、私たちとその少年の狭い隙間に違う人が入りこんだ。結局その少年は私たちから離れることになったのだが・・・・・ちらっと見てみるといかにもがっかりした様子だ。
とはいえ、知らない少年だしこっちへおいでというのも変な話である。


あっという間に花火の時間になった。花火といっても空高く上がるのではなく、割と低空を小さく花開くタイプのものだった。そのためか、間近で音は鳴る、花火は花開くで、思ったとおりジュディーは震えだした。私にしがみつき、やはりかわいそうだから帰ろうということになったのだが、人だらけで買えれない。
どうしたものか?


ふと振り返るとあの少年が暗闇の中を紛れ込むかのように私の横に座っているではないか!!!!
「どうしたの?」と聞くと
「この子が怖がってるでしょ?」という。
後ろから様子を見ていたようだ。
「大丈夫だよ。抱っこしてるから」と少年を両親の元に返そうとしたのだが、その瞬間、ジュディーが何を思ったのかその少年にしがみついた。

この少年は7歳らしいので、ジュディーと言えどもしがみつかれたら重いだろうと思い、引き離そうとすると
「大丈夫だよ。僕が抱っこするから」と言うではないか。
「怖いから、君の事が頼りになるからしがみつきたいみたい」
と答えたのだが、とにかくうれしそうな表情でジュディーを抱きしめている。


ん~、男の子だねぇ。
リッパだねぇ。
頼りになるねぇ。



と、こんなやり取りで結局花火のクライマックスは見逃したのである。
[PR]
by kyouhei414 | 2009-08-31 00:49 | 愛犬
<< 叔父の抗がん剤 隣のおじさん >>