タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
自分の望む環境
宝くじを当てたいと思うのは誰でも一度はあるだろう。
そのとき、当てたい、と思うということは当たらないということで、本当に当たりたいと思うなら、当たった状況にすでになっている自分を想像できなくてはいけない、
というような内容の事を聞いたことがある。

新月のお願いというのも「こうなりたいです」という言葉を使うのではなく「こうなります」という言葉を使うのがよいらしい。

つまり、自分が掲げた目標にすでに達している自分を想像できるかがポイントになるという事だ。
例えば、宝くじが当たり、世界一周船の旅をしている自分を想像してみよう。「夢だな」と思うだろう。しかし、本当は「世界一周の旅をするので予約をしなきゃ。あ、着替えも沢山そろえなきゃ。特にディナーのドレスは格別なのを用意しなきゃね」ぐらい具体的にイメージができるか? ということであり、これが案外難しいのがわかる。


普通、生活をしていると当たり前のようにルールに従い、そしてそれをこなすと安心感を覚え、そして明日を迎える、という毎日の繰り返しだろう。
そのその生活の中に、将来の自分をイメージする作業を急に入れ込むのは難しい。あ、将来の自分のイメージというのは簡単に言うと、望み、欲望のようなものだ。

その望みがあったとしても、望み、というレベルで終わり、将来の自分をイメージするまではいかない。
さらに、面倒なのは子供がダダをこねて「あれが欲しい~」というと親が折れて与える。それを大人は子供だから、という理由で許すが、大人が同じ事をしたらガキ扱いされて終わりだ。
しかし、ダダをこねるというのは手に入れたときの幸せや、そのときの自分を想像できる頭の柔らかさを備えているのかもしれない。
なら、私だってダダをこねてもいいはずだ。恥ずかしいので一人の時に限るが・・・・・

それを手に入れたときの自分は、ちょー幸せで、生き生きとしているはずである。どうせ贅沢な代物だから、と思ってあきらめるのが今までの自分であり、ルールであるなら、それをブチ壊してみようじゃないか!!!!





どーしても、新しい机が欲しいのよっ
今のは高かったけど、これじゃイヤなのっ


もひとつ、おまけに
車が欲しいのぉ
エアコンが壊れたから買い換えたいのぉ



これで、新しくおしゃれな机に座りパソコンをパチパチしている私が、新しい車に乗ってジュディーとさくらとドライブして、かなり幸せでハイテンションな自分が出来上がった。


おっし!!!!
明日からも頑張ろう!!!!




考えたら、さくらだって
「どうしてもお肉が食べたいのぉ」とダダをこねて、ゲッツしてそして幸せそうに大の字で寝てる・・・・
つまり、私が考えることはわがさくらと同レベルである。
c0057041_23392524.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-10-29 22:47 | その他
<< この間の神社 もうすぐ11月 >>