タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ペットと避難
c0057041_1442410.jpg

REUTERS
写真はロイターからお借したものです。

ペットも避難できた人でも、避難所で一緒に過せるかどうかは判らないらしい。ペット自身もストレスから飼い主をかんでしまったりと、様々な問題が出てきているようだ。
災害だけでも計り知れない問題があるのに、ペットの問題を扱う余裕がないという超えも出ている。動物は家族だからと言われるが、それ以前に動物も人間と同じ命を持っている事を忘れてはならない。それはペットだから、家族だから、ではなく同じ命なのだから助けたり、支援をしたりするのを否定することがおかしい。
もっと大切なのは、動物たちは人間より弱い立場にいるということだ。動物に「津波が来たら避難するけど、ペットはダメなの。だからいいこでいてね」と言って何が判るだろう? あの2匹の犬の動画の中でも呆然として何が起こったのか理解できずどうして自分の飼い主がいないのかも理解できていない表情をしてる。本来は飼い主である人間が一緒にいて安心を与えるのが本当なのに。。。。
そういう私も本当に助けになっているのかどうかと考えると偉そうな事は言えない。そう思われる方も少なからずいらっしゃるのではと、感じたことがある。我が家ではペットを一時預かりしたくても状況が中々許さない。やりたい気持ちはあるのに・・・・又、被災地と距離が離れていて旅費がかかるため一時預かりをあきらめている、などそういうストレスはあるだろう。義援金もそういう人たちを補助するようにはできていないので「実質的な支援をする人たちの補助をする義援金」みたいなのがあればいいのにとまで考えてしまった。ないのなら自分が作ろうか、とも思ってしまった。支援というのは裾野が広くてもいいはずだし、小さくてもいいので幅広く細かい支援が広がる事が必要とされている気がするのだ。



ただ問題になっているのが義援金詐欺や盗難など社会問題に発展するものもある。
そういう問題があることなどから私は個人的には義援金などの情報を掲載しなかった。特にペットの保護やレスキューは多くの団体があるらしく実際に義援金を募っても本当に活動しているかどうかわからない所があるとネットのニュースで見た。やはり自分で確かめ信頼できるという団体に支援の送るのがいいのではと思う。


(財)動物愛護協会では
緊急災害時動物救援本部
というサイトを立ち上げそこで活動をしていて報告もしている。義援金だけではなくボランティアなども募集している。詳しくは上記サイトを参照してください。



実はジュディーとさくらの写真を「写真販売サイト」で販売するようになっていた。ジュディーとさくらの写真が売れたらいいなって程度の軽いノリだったし、このブログはもちろん他でも広告などは一切していない。たまたま目に留まって売れたら嬉しいですからねぇ。とにかくそこでは販売の収益が義援金に出来るということになったので売れた分は義援金にしようと思う。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-03-30 01:05 | その他
<< 飛び出す犬と転がる犬 支援 >>