タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ジュディーの悲劇
晴れた日の休日であった。
さくらは外で日向ぼっこをしていた。ジュディーは家の中で日の光を浴びながら昼寝をしている。そんなとても穏やかな時間が過ぎていった。


その時急にジュディーがもがきだした。
どーした? 夢でも見たか? 一瞬もがいたものの、パタンと横になり又寝た。が、すぐにもがきだした。何?
ジュディーの後ろから見ていたのだが、顔に何かついているのか必死に足を顔に伸ばして取ろうとしている。が、かわいそうなことに足が短くて目的の場所に届かないようだ。そのため、足を目一杯伸ばして鼻の上に手をやり、その勢いで届かない足が床を叩く音がするぐらいだ。
何がついているのかとジュディーの正面に回って見てみるとなんとハチが鼻の上に止まっている。

そのハチを必死になって足で払い落とそうとしていたのだ。あかんて。刺されるって。
なんとか助けようとしたのだが、無防備に近づいたらどちらかが刺されるに違いない。とっさに思いついたのがバスタオルを顔にかけてハチが動けないようにしてジュディーごと庭に出すことだった。
が、そんなことしたらハチがジュディーを刺さないか?
普通はハチを勢い良く払って追う方がいいのでは?
そうだ、そうしよう。が、家の中でハチを払ったらどうやって外に出すの?
という事はハチが止まったままの状態でジュディーを外に出さなくてはいけない。
そんなことできるか?



と、考えるが先か行動が先か判らないほど慌てて、ジュディーの頭にブランケットをかぶせてハチのいるところめがけてパチンと叩いてしまった。そして、ブランケットごと外に出した。
ジュディーは、ブランケットをいきなりかぶせられるわ、叩かれるわ、外に出されるわで、驚きのあまり身動きもしない。が、暴れたらハチが刺さないか心配だしそれぐらいでちょうどいい。

で、そっとブランケットを外してみるとなんとジュディーの鼻の上でちゃんと生きていた。ハチもいきなりのことで驚いたのか、やけに大人しい。そして、我に返ったように飛び立っていった。



って、我に返ったのはこっちの方で
「ジュディ~大丈夫か? 刺されてないか? 痛くなかったか~」と悲劇に見舞われたジュディーが急に心配に。しかしなんともなくて刺された様子もない。良かった~・・・・・・・


何もなぐったりせずに、もう少しまともな判断が出来なかったかと思うが、かなり必死にジュディーに謝ったのは言うまでもない。

c0057041_2354497.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-11 23:54 | 愛犬
<< New York Times 幸運な犬 >>