タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
まさかの大渋滞
GW中、東方面へ出かけることにした。途中までは順調だったのだが、有料道路を降りた途端に渋滞。
普通は有料道路が空いているなら一般道は大丈夫と思うのだが、完全にはまった。

様子を見ながら途中まで走ったが、渋滞は延々続いている様子。他に抜け道はないようで、ナビも他の経路を探さない。このままでは目的地にいつ着くか判らない。

そんな時、右手にコンビニが見えた。飲み物を買いに立ち寄ったのだが、ふと思い出したことがある。
あれは確か父が闘病を始めて、鮎釣りに行きたいといい一緒に出かけた時だった。田舎の国道で、コンビニはここしかないんだと、話していたことを思い出した。そのコンビニがここだったのかは思い出せないが、確かにあの時この道を通った。

数回その川へ出かけているが、その川への道筋もおぼろげな記憶でたどり着けないだろうな、などと思いながら渋滞を眺めていた。どちらにしてもこのままではたどり着けないし、高速道路を使った経路に変更しようかと考え始めていた。引き返すなら今しかないだろうし。
すると、経路が変更できそうなわき道をナビが示した。思い切って引き返すことに。程なくすると橋が見えてきた。その橋に「巴川」とある。まさに父が鮎つりへ出かけた川だ。
車を止めて、川の近くへ歩いて行った。鮎つり場でないからか川原までは道路との落差が大きくいけなかったが、上から眺める川と水のグリーンと川の音はあの時の父の鮎つりをしている姿を思い出す。
しばし、川を眺めていた。ふと、父が私の横から川を覗き込んでいるようなそんな錯覚に陥った。あの時も、父は途中で車を止めて川を覗き込んでいたからだろうか・・・・・

まだ鮎釣りには早いが、きっと今頃から父はそわそわと鮎つりの準備をしていただろうと思う。そして季節になるのを待ちきれず川の様子を見に出かけ、釣りを楽しむのを今かと楽しみにしていただろう。



そのまま経路を変え、高速道路への入り口前まで来た。すると掲示板に「渋滞」の文字が。結局、高速道路へは入らず家に戻ることにした。
普通なら空しさを感じるのだろうが、何故かこのとき達成感を感じながら家路についた。



今日の一枚。どこでも楽しめるジュディーとさくら。
釣りへ出かけたあの日、恭平もいた。思い起こせば恭平は水嫌いだった。今度は走り回った思い出の公園に出かけることにしよう。何処でも楽しめるジュディーとさくらをつれて・・・・

c0057041_1183310.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-05-06 00:22 | 愛犬
<< 何が正しいのか 年をとっても気にしない >>