タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ヘルニア
さくらのヘルニアの症状は随分良くなった。あまり具合が悪いようなら動物病院へつれて行こうと思っていたが、朝には随分元気になっていたので、様子を見ることにした。
今日は一日中ひざ掛けの中に入り込んでひたすら寝ていた。時々咳をするので風邪をひいいたのかもしれない。お昼には急に元気そうにひざ掛けから出てきた。が寒かったのか又もぐりこんで爆睡。動物病院へつれて行くべきか迷う。
夕方、いつものおやつの時間になったら、ちゃっかりひざ掛けからモゾモゾ出てきて元気におやつ頂戴とせがむ。あまりに元気な様子に私は喜んでおやつをあげた。そして、おやつの後又ひざかけにもぐり爆睡。やはり調子が悪いのか? 動物病院へつれて行くべきだろうか。。。。
夕方、外出の予定があったのだがそれに気がついたさくらはひざ掛けから出てきておおはしゃぎ。散歩にでも行くつもりか? しかし出かける元気があるのならそれが一番いい。
しかし、一体どこまで調子が悪いのか? 
まぁ、今のところ元気はあるようなのでよしとしておこう。
ところが夜、2階へ上がるときは「抱っこして~、お願い。私はね、病気なの」といかにも調子の悪そうな表情で私に抱っこをせがむ。

ひょっとしたらさくらに操られているだけなのか・・・・


恭平が元気な頃、散歩へ3匹で行くのは当たり前だった。所が散歩の途中恭平が具合が悪そうだ。「だっこ?」と聞くと恭平は抱っこをせがむ。あ、うちの3匹は「抱っこ」という人間語を理解している。で、恭平を抱っこして「大丈夫?どこか痛いの?」とかなり真剣になった。慌てて動物病院へ連れて行こうとしたが、車までかなり離れている。力を抜いたときの犬は結構重い。途中で休憩しないととても車までたどり着けない。そこで、恭平を一旦おろして腕を休めようとした。すると恭平は元気な姿で走り去った。あれ?どうした?
調子は悪くなさそうだ。しかし、又歩き始めたら同じように尻尾を下げとぼとぼと歩き、どこか調子が悪そうだ。慌てて抱っこ。しかし休憩。恭平は走り去る。これを3回繰り返した。そう。恭平は仮病を使っていたのだ。歩くのが遅くなってさくらに負けるようになったため、私の気を引くように仮病を使っていたのだった。その仮病という技を覚えてからは散歩で疲れるとその技を使う。私に抱っこされると舌をベロンと出しているような気がしてならなかった
[PR]
by kyouhei414 | 2005-05-06 23:59 | 愛犬
<< 無料 ショック >>