タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
緩和医療
掲示板の某氏が緩和医療を選択するかという辛い選択を迫られた。私にも経験があるだけに、その時の辛い気持ちは想像するに余りある。

よく希望を一つの山に例えて「この山を越えれば」とか「大きな山」と表現する。癌の場合は治療をして完治を望むという一つの山があり、もちろん完治をするならその山を乗り越えたことになる。しかし、完治が無い場合は山のふもとに戻っただけではなく、又違う一つの山を目の前にする。その山とは緩和医療だ。
その山は目の前に見えているが、上るか上らないかで多くの人が迷い苦しむ。治療という山には辛い気持ちを抱えてでも登ろうと必死になるが、どういうわけか緩和という山を目の前にすると躊躇する。
しかし、同じ山でも頂上にあるものが違うだけなのだと思う。

頂上に完治や、治療の効果という看板があるから頑張って上ろうとする。しかし、緩和の頂上には何があるのだろう?
多くの人は一番悪い事を頂上に想像してしまう。
私も父がホスピスへ転院するとき、隣のベッドの患者の家族の方が「もうダメな人が行く所でしょ?」と冷酷な言葉をもらった。そういう人は頂上に「ダメ」とでも書いてあるのだろ。
しかし、私が見た頂上は「充実した時間」「家族の絆」であり、その山を上る事は笑顔を見るということでもあった。
治療の山を登るとき「治したい」「治らないといけない」という大きなリュックを背負っている。これは案外重い。緩和の山はそういう荷物は無い。ひたすら「充実した時間」「家族の絆」「笑顔」を求めればいい。むしろ、それらを得るために登る山なのだと思う。
後は、山が緩やかで平坦で、時々お茶を飲める山小屋があり、景色もいい事を望みたい。

私は某氏に何も出来ないけれど、そんな事をを願っています。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-08-03 23:17 | その他
<< 元気がいい ジュディー >>