タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
日航機事故
日航機事故から20年。私はあの事故の時、蓼科にいた。黒塗りの車が何台も走っていくので一体何があったのだろう?と疑問に思った。ホテルに帰って「飛行機が落ちた」と知った。あの時のショックは覚えている。
私が身辺整理をしてから飛行機に乗るのは、間違いなくこの事故の影響だ。まだ飛行機に乗ったことが無かった時で、この事故で私は飛行機という乗り物は覚悟が必要だと深く心に刻まれたのだった。

そして、520人の犠牲者だけでもかなりの人数なのに、事故に巻き込まれたその家族、友人の悲しみは数倍になる。突然家族を失った悲しみはきっと消える事は無いだろう。生活も一変し、できるはずの会話も出来ない。
まだ携帯の無い時代で、自分の状況を伝えるすべはメモぐらいだった。何人かが遺書を残されたようだが、それは機内で「もうダメかもしれない」という空気が流れていたのではないかと想像してしまった。9・11のテロの時には何人かが家族に携帯から電話をしていた、その時も機内は「ダメかもしれない」という空気が流れていたと聞いた事がある。そんな窮地の中で家族に何かを残そうとした方たちはとても立派だと思う。どうやったらそういう家族を想う愛情に満ちた行動が取れるのだろうか。。。。。

私が同じ状況だったとしても、家族に電話をしたり遺書を書くなど、何かをする自信はない。自分の事だけで頭が一杯になるかパニックになるのがせいぜいだろう。そう考えれば考えるほど、胸が詰まる思いがする。
遺族の方たちの悲しみが消えることは決して無いだろうが、亡くされた家族の分まで生き抜いて、と願いたい。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-08-13 01:21 | その他
<< 責められること 山水蒙 >>