タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
責められること
他人を責めることは非常に簡単だと、今日はつくづく感じた。

母方の親類は言葉がきつい人が多い。今日はお盆で、本当なら母方の実家に集まるが叔母が具合が悪いために我が家で集まった。久し振りに親戚達と顔をあわせたのだがこういうのは得意ではない。

父が闘病中、母の兄弟は私に「お父さんの面倒をよく見てあげるからお母さんは本当に助かっている。あなたがいて本当に良かった」と言ってくれていた。父が旅立った後も「お母さん一人では寂しいけれど、あなたが力になってくれているから、助かっている」と言ってくれた。
所が、今日「なぜ結婚をしない?母親の気持ちを考えたことがあるのか?いつまで母親に苦労をかける?」と責められた。お酒が入っているとはいえ、かなりきついと感じた。
もちろん、母の兄弟の言うことが間違っているとは思わない。ただ、ついこの間まで私の存在は肯定されていた。なのにほんの数ヶ月で裏と表と思えるほどの言葉に辛い気持ちになった。その時その時での自分の正直な気持ちを私に言うのだろうが、ここまで考えが変わるとは想像を超えている。

責められるにはそれだけの理由があるし、自己を振り返るいいきっかけでもある。しかし、他人を責めるとき、自分を振り返る事はあまりしない。中には自分がこうであるあから、という土台の元に他人を責める人もいるが、それは責めているのではなくアドバイスなのだろう?
 
それに他人を責めた後に残るのは、責めた人の自己満足だけだではないかとも思う。私と同じ境遇の子供を持った叔母から責められた時にふと、そう感じてしまった。

大体、そう思うことが私の悪い所なのだろうか? 素直に叔母からもらった言葉に反省をし、自己を戒めることが必要なのだろうか? 非常に苦しい心境になった。


が、ここでも私を助けるのは愛犬たちだ
c0057041_1104465.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-08-14 01:11 | その他
<< ホワイトバランス 日航機事故 >>