タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
刺激を受けること
最近知り合った方と一日一緒に過ごし色々な話をした。とても刺激を受けた。

色々なものから刺激を受けたり、心を動かされたりすることは多いと思う。しかし、今回私は刺激を受けても、それを自分の物に吸収していくという大切なことを学んだ。私はどちらかというと今までは刺激を受けたらそれっきりで、吸収して自分の物にしていくということを忘れていた気がする。いや、その方法を知らなくて刺激を受けるだけで止まっていたのかもしれない。

この方は写真を撮る方なのだけれど、初めて写真を拝見した時心が動いたのを感じた。そう、感動というやつだ。今まではあまり感動をする写真に出会ったことは無かったためか、その写真を何時までも見つめていた。

一緒にいる間、少し写真を写しておられたが、私が気がつきもしなかった所を見ていて、私が見ない角度から物を見る。そんな姿にも感動をしてしまった。同じ目を持っていても、見えるものが違うというのは、刺激を受けたものを吸収していく方法を知っているかどうかにも関係があるような気がした。

ふとこんな事を想像してみる・・・・
私の周りには広い場所がある。その場所の周りは森で囲まれていて、その森の外を見たことが無い。もちろん森の外にはもっと広くて綺麗な場所が広がっているがそれを知りもしない。ただ、自分の周りにある場所をうろうろとして、森に突き当たると又元の場所に戻っていく、という作業を続けている。そう、自分はちっぽけな場所に存在しているだけなのだ。
本当は誰でもその森を抜けることが出来る。ただ、漠然と森を見ただけなのか、それとも日々変化のある森を見て何かを感じ取るのか、その違いが先に広がる綺麗な世界を見れるかどうかの分かれ目となる。私はある人が森を抜けていくのを見て始めて気がついたのだ。あ、森は抜けるためにある、と。

ん~、私は想像力は豊からしいが、実行力が伴っていないんだな~。
相変わらず困ったヤツだな~・・・・。
実は、そんなことをボーっと考えてお風呂に入っていたら、1時間が経過していたことに気がつかなかった。当然、お風呂から出た時にはぐったりしていた。

[PR]
by kyouhei414 | 2005-08-21 23:04 | その他
<< 山地剥 納涼祭り >>