タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
奇跡
今は夏休みだからなのか、お化けものの番組を時々放送している。数日前にチラッと見たお化けの番組で、結構怖い再現ドラマをやっていた。それが事実なのか、色づけされた作り物なのか、全てを信じる訳には行かないが怖かったのは事実だ。

その番組では「霊現象」と表現していたが、ふと気がついたことがある。日本語に「霊」とか「お化け」という言葉があるということは、それに当てはまる現象があるからこういう言葉があるのか?と、ちょっとアホくさいけどそう思った。もちろん英語にも立派にghostという言葉がある。デミ・ムーア主演のghostは知っている人もいるはず。

言葉が先で、実際にあるかどうかは不明、と思う言葉は結構多い。その中の一つは「奇跡」だ。これもまた英語にもあるということは、日本人だけの特有の現象ではないのだろう。ドイツ語、フランス語などは知らないけれど、そういう言葉はあるのだろうか? 

奇跡は起こそうと思って起こるものではない。奇跡は、起こった事がどこか不思議でなくてはならないのだが、その不思議な事は、人間がロボットを作るようには作り出せない。計算をすることに関しては人間の能力は優れているのは確かだけれど、奇跡を起こす計算は出来ないのだ。

しかし、本来人間が持っている能力は、ロボットが作れる頭脳や、宇宙へ行けるほどの技術だけではなく、奇跡を起こす事ができる能力も備わっているはずだと思う。もちろん、奇跡だけでなく、本能的として持っている能力は何処かに埋もれただけなのだろう。
どうして奇跡を起こす力や、カンなどの能力が劣ってきたのか? それは生きるための執着が薄くなってきたことも一つの原因だと思う。今の世の中では獲物が捕れなかったからご飯が無い、とか、台風で作物がダメになったから米だけしかない、等という事はなく、スーパーというスーパー(つまらない・・・ギャグだ)便利なものがあり、食べること、すなわち生きることが容易なのだ。

反対に言うと、生きることに一生懸命だからこそ奇跡を起こす力も出てくる、そんな気がする。

うちの犬たちは、犬のくせに好き嫌いが多い。しっぽを振ればご飯にありつけるからか、動物としてのカンを忘れ、もちろん奇跡的に何かを起こすなどという能力は全く無い。
今日の晩御飯の時、いつものように私が食べているものを欲しがった。しつこいので、辛子明太子を見せてみた。何も考えず、匂いをかいで確認をすることもなく、一気にパクついた。もちろん吐き出した。辛かったのだろう、顔を振って辛さを表現した。止めておけばいいのにさらにしっぽを振って私に要求をする。「そのお肉を頂戴よ、ね?」としっぽが言っている。もちろん私は同じく辛子明太子をあげた。同じようにパクついた。ちょっと呆れた。
君達は犬だ。一度食べて辛かったのなら匂いを確認してから食べるなり、犬らしさを取り戻して欲しい。

しっぽを振って口を開く → 美味しいものが口に入る・・・・と、
我が家の犬は本能を忘れ、計算ができる犬になったようだ。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-08-26 00:41 | その他
<< 珍しいヤツ 山地剥 >>