タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ビデオ
久し振りに恭平のビデオを見た。ビデオに日付がなかったが多分今から10年以上前のビデオのようだ。ジュディーの子供の頃や、出産、さくらの赤ちゃんの頃の映像もある。
ビデオを見ていたら過去の事を色々思い出して涙を流したり、笑顔が出たりとなんだか忙しかった。恭平は活発で男の子らしいダックスだったが、そのビデオには恭平らしさが写っていた。いつもの表情、いつもの泣き声、いつもの仕草は懐かしく感じると思っていたけれど意外にも恭平を直ぐ側で感じた。そう、まだ恭平が元気で家の中にいるような感じというほうが正しいかな。。。。ただ、手を伸ばしても触れる事ができなくてもどかしさが残る。

いつもジュディーとさくらを散歩に連れて行くと、恭平がいたら・・・・と思うことが多い。悲しくて仕方のないという時期は過ぎたようだが、いるはずの恭平がいない事には中々慣れないようで、走り回る2匹の横に恭平を思い浮かべてボーッとしたりすることも多い。
ビデオを見ながらそんな私を少し反省した。ジュディーやさくらはここにいるから、と私が2匹に対して甘えがあると気がついたのだ。いなくなった恭平を悼む気持ちを2匹に対してどこかぶつけていたような、そんな感じだ。恭平が好きだった公園へは、恭平のために2匹を連れて行き、おやつは恭平が好きだった物を好んで買う。そういう事を知らず知らずのうちにしていた。口癖のように「恭平だったらそんなことはしない」と2匹に対して不満をぶつけることもある。

しかし、いなくなった恭平を悼む気持ちと、今いるジュディーとさくらを愛する気持ちが同じはずはなく、比べる事だっておかしい話だ。本当の意味での「愛するものを悼む気持ち」が何か判るところまではきていないが、それでも、違いを感じたからにはこの先何か答えが出るような気がする。抱っこできない恭平をずっと大切にするためには、やはり今まで以上にジュディーとさくらを大切にしていこう。

そして、そのビデオの中に父が出てきた。父の仕事場でジュディーと父を撮影したようだ。
父のいつもの声、いつもの笑顔、いつもの会話。。。。頑張って働く父の姿を思い出す。
遠くに感じて悲しかった父が、鮮明に甦ってきた。そして、すぐ近くにいるような感覚を覚える・・・・・

その近くに感じた父に改めて、ご苦労様でした・・・・・と言いたくなった。




[PR]
by kyouhei414 | 2005-09-01 00:00 | 愛犬
<< 水山けん 水陸両用動物 >>