タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
September 11, 2001
9月11日は記憶に強く残っている出来事がある。
4年前のあの日、携帯にニュース速報としてメールが来てテレビをつけた。あまりの恐ろしい光景にこれはびっくりテレビか何かか?それとも誰かの悪戯か?と自体を飲み込めなかった。
これが事実だと知った時、恐怖が背中を走った。

その数年前、アメリカに行った私は、ニューヨークへ寄るかどうか迷ったが、結局行かなかった。シカゴの友達のところへ行く予定だったので当時世界一高いビルを見れるから・・・・と思いあきらめたのだった。何階だったか覚えがないが、100階以上の所に展望台がある。そこからの眺めはもちろん良いのだが、高すぎてそこに自分がいるという実感がわかいほどだった。
アメリカン・エアーラインはアメリカを移動する時に使っていた飛行機会社で6回ほど利用したためか、私が今までに利用した飛行機会社の中で親近感を持っている。料金もお値打ちなのが気に入っていた。

話は戻り、あの日はしばらくテレビの画面から離れることが出来ず、友達も「世界大戦争だ」と意味不明の事を言っていた。冷静さを失っていたのだと思う。
少し落ち着くと、シカゴの友達は大丈夫だろうか、と不安になった。電話をすると「シアーズタワーが次に狙われると、少しパニックが起こっていたがそれ以外は何もなく落ち着いている」という事だった。

日にちが経ってもニュースであの悲劇は写していたが、その中で残酷すぎて写さなかったらしいが、ビルから飛び降りる人たちが何人も何人もいた、というのを知り言葉に出来ない気持ちになった。何階から飛び降りたのかは定かではないが、私が知る高層ビルの高さは半端ではない。そこから飛び降りざるおえない人の運命を考えると言葉が出ない。
アメリカン・エアーラインに乗っていた人たちの事を考えても同じように言葉が出ない。
現実離れしたあの事実は多くの人の心に傷を作った。

後日、シカゴの友達が
「私たちアメリカ人は強い。これは悲劇だけれど必ずもう一度立ち上がる。力を合わせて立ち上がらなくてはならないのだ」と言った言葉は印象的だった。
報復を望むより、再び立ち上がる勇気の方が大切なんだなぁ。
と思った。


<被害にあわれた方々が悲しみから立ち直り一日も早く笑顔が出る事を願っています。。。。。>

[PR]
by kyouhei414 | 2005-09-13 00:55 | その他
<< 火沢けい 変化 >>