タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
三回忌
今日は、ペット・メモリアルホールで三回忌の合同法要へ行ってきた。
ペットのせいか、一周忌の人も月命日の人も一緒に供養を行う。そのためか多くの方が法要に来ていた。

お坊さんがお経を上げその後、説経があった。その中で「供養をどのようにしたらいいのか」という質問をお坊さんがよくされるらしい。お坊さんは「思い出すことが一番の供養です、と答えています」との事だった。
私は思い出すも何も、さくらを見ていると恭平を忘れるはずもなく、恭平がいたからさくらがいるという気持ちでさくらを見ている。さくらが恭平の子供だからだけではなく、とても似ていて昨日もお隣の奥様が「さくらちゃんて恭平君にそっくりになってきた」と言ったぐらいだ。
遺伝子は恭平の悪い所をさくらに残すという悪戯をしてくれた。好き嫌いの多い所、抱っこが好きなところ、私にくっつかないと眠れない所、私の腕を枕にする所、背中の毛が縮れて来た所など上げたらきりがない。
ただ、恭平とさくらに私は愛情を注いでいる。アホか?と思われるだろうがとにかく可愛い。そして、さくらを生んだ母親であるジュディーを偉いヤツと思う。誰に教えられたわけでもなく、出産と育児をこなしあの我がままなさくらを今でも子供としてかばっている姿はけなげだ。


そんなジュディーもさくらもいつかは旅立つ時が来る。辛いけれどいつかは経験するだろう。
大切な人を亡くすということは耐え難く、受け入れがたい。だからこそ、死を迎えることに臆病すぎてはいけないと思う。逃げていれば追われるのだ。いっそのこと正面から向かっていけば辛い気持ちも、耐え難い気持ちも、頑張るという気持ちに変わっていくのではないかと思う。もちろん逃げた方が楽なのかもしれないと思う事だってある。それでも正面から立ち向かう時、逃げるより大きい力が必要で辛い気持ちも苦しい気持ちも何倍も大きい。それでも正面から立ち向かう。それが出来る理由は愛情・・・・でしかない。
今、私の友人がその戦いの真っ最中である。辛く、耐え難く、厳しい戦いである。しかし、正面から受け止め逃げることなく闘うその友人を心から応援したい。
頑張れ親父さん。。。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-10-10 00:44 | 愛犬
<< 風山漸(ふうざんぜん) 焼肉やさんにて >>