タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
完璧である事
父が発病をして、看病が始まってから後悔をしないようにできる事をする、父にも後悔をしないようにできる事をしてもらう、と心に誓った事を覚えている。
もちろん恭平にも同じ事を思った。

今日で恭平がいなくなって丸2年になる。少し前は後悔をしないほどに頑張ったと思っていたし、私にだっこをされて息を引き取ったことを完璧な飼い主と思ってくれているだろうと思っていた。

でも、それは自分を苦しめないための呪文のようなものであり、結局恭平と父を思うとき心残りや後悔の念が私の心にわきあがってくる。今になるとああしておけばよかった、これもしてあげればよかった、と思う気持ちは苦しみを伴うもので決して喜ばしいものではない。

しかし、それでいいのではないかとふと思った。私は宗教は詳しくないがお経の中に「懺悔」という言葉が出てくる。どんなに悟りを開いた人でも後悔から懺悔をする気持ちになるのだろうか?
いや、きっと後悔や懺悔の気持ちがあるからこそ故人を偲ぶと言っているのではないだろうか。

もし、その人と費やした日々に一つの懺悔や後悔がなく、闘病中にも全身全霊を傾け後悔のないほど完璧に看病をこなしたとしよう。そうするとその大切な人が亡くなった後、その人を想ったり、偲んだり、悼む気持ちは持たないのではと思うのだ。
全てが終わったかのように、その人の人生と共にその人との時間は終焉を迎えてしまうような気もする。残るのは完璧に全てをこなした自分をたたえる気持ちだ。

例えば、完璧に仕事をこなした後、その仕事を何時までも思いおこすだろうか? いや、次の仕事に注意が向けられ、完璧に仕事を終えた自分をたたえることはあっても、あの時はああだった、もう少しこうしておけばよかった、と思いをめぐらせることはしないだろう。

きっと、後悔の気持ちはいなくなってしまった人を想う為には必要なのかもしれない。それだけ愛情を傾けていたという証でもある。

同じように今いてくれたら、○○が出来たのに、とか思う気持ちも同じなのかもしれない。
元気な頃の会話を思い出すのも同じなのかもしれない。
そういう気持ちがあるのは愛情を持っている証拠なのだし、それが全く無くなってしまえば故人は寂しいに違いない。

恭平がいなくなって2年。大好きだったジャーキーを頂戴とせがまれないし、走り回った公園に恭平がいないことは寂しい。もっと遊びに連れて行ってあげたかた。もっと美味しい物を沢山食べさせて上げたかった。もっと抱っこをしてあげたかった。
しかし、その気持ちは恭平が生きていた証として、自分の心の中に残しておきたい。
愛してるよ~、恭平!!!!!!
c0057041_23562598.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-10-18 23:56 | 愛犬
<< 天雷无妄(てんらいむぼう) まったく・・・・ >>