タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
病院にて
こけたのが一体何時だったか覚えがないが、2時には家にいた。病院の診察までは4時間ある。待つには長い時間だ。手当てが遅れたために傷跡が残ったなんて事にならないといいのだが。

6時になり病院でやっと診察。
診察室に入るとどうやら先生は女医さんだ。よかった、これなら私の気持ちを理解してしっかりと治療してくれるに違いない。
先生も私の顔を見るなり「あら~やっちゃったわね~」という。
私は「先生、お願いです。傷跡の残らないように治療してください。痛いのは我慢します」と半べそでお願い。
すると先生は「まあ、落ち着いて。ね。判ったから落ち着いて」という。4時間も待ったのでここにたどり着いた途端我慢していたものが一気に噴出した感じだったのだが、それが判ったのだろう。
「とにかく座って。バッグはここに置いて、ね。座りましょう」と又言う。
椅子を探したが座ろうとしたら又こけそうになった。それにしても診察する気があるのか、この先生は。一向に治療の用意をしようともしない。椅子に座ることもしないし、私の体を横に向けてしまう。結構失礼な先生だ。
焦って「先生、私大丈夫でしょうか?」と椅子を先生の方に向けながら言うと
先生は「大丈夫よ。そんなのかすり傷だから。ま、落ち着いて」と又落ち着くという言葉を使う。
その時「さ~て、どうしたかな?」と白衣のおじさんが横から出てきて言う。
「あ~、顔から転んだの? ま、大したことないよ」といい、私の座った椅子の前に座るのだが、あんた誰?
まさか・・・・私が先生と思っていた女性を見ると看護師の格好をしている。は?
ほんとだ、私は取り乱していたようだ。この上なく恥かしい。

先生は私が応急処置で流しきれなかったアスファルトの粉のようなものが残っていてそれを取り除き、消毒をしてくれた。消毒をしながら「明日は自分でやってね。出来るでしょ?」というではないか。
「は?どうしてですか?」と聞いた。先生は「出来ないならここに来てもいいけど、面倒でしょ?」という。は?今日だけで処置は終わりなの?
「でも、先生。傷跡が残ると困るのです。これでも大切な顔なんで」と言うと
「小学生なら、消毒だけで終わるよ。それぐらいの傷だから跡は残らず綺麗に直るんだから、そう、心配するなって、な」と言うが私は年食ってるど!!!!!
しかし、それでも重症と思っていた私は納得がいかない。「もう来なくてもいいって事でしょうか?」と確認すると
「大丈夫さ。あ、でもね、治っていく段階でかさぶたが出来るよ。みっともないわな~。でもかさぶたが取れたら綺麗になってるからね」との事。
他に怪我が無い事を確認し治療は終わり。
重症と思っていた私は実は軽症で、足取りも軽くなった。


待合室で清算を待っている間、患者さんがいなかったので又、先生が顔を出してくれた。
「いや~、転んだ時に顔で止まったんだね。顔で地面を受け止めたとも言うが。とにかく心配しなくて良いよ。大丈夫だからね」と言ってくれた。非常に優しい先生だ。

「顔から転ぶなんて、何してたの?」と聞かれた。「犬の散歩です」と言うと「これからは気をつけなさいね」と言ってくれた。この先生が大好きだ。来なくていいといわれても診察へ行くことにしよう。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-12-26 23:33 | その他
<< なくす悲しみとなくした悲しみ 最悪のクリスマス >>