タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
”うちの子が一番”を疑う瞬間
近所にサブちゃんという柴犬がいる。前に話したかもしれないが、飼い主であるご主人が脳梗塞で入院される前は手のつけようがないやんちゃ坊主だったらしい。
所が、ご主人が退院されリハビリの成果が出て随分と歩けるようになった。そこでリハビリに散歩を追加したいが一人で歩くのは退屈なのでサブちゃんを連れていこうとした。が、家族はこのやんちゃなサブちゃんを連れて歩いたら転んだりして危ないと猛反対。しかし、ご主人はじっと見つめるサブちゃんを連れ出した。
すると、ご主人に歩調を合わせ、ご主人が止まると止まり、道ですれ違ったワンちゃんには目もくれずじっと横についている。見事にご主人のパートナーとなった。

ご主人もサブちゃんがいてくれたからここまで良くなった、ととても喜んで話された時、深い絆で結ばれた絆のオーラが出ているようだった。


うちのジュディーとさくらがサブちゃんに初めて会った時、怖いかったらしく近くにも寄らず、私に抱っこを迫る始末だった。
所が、何度も会っているうちにジュディーとさくらはサブちゃんを怖がなくなりじっとサブちゃんとご主人を見つめている。ご主人はいつも「この子達は可愛いね」と声をかけてくれ少し不自由そうに手を出してなぜようとまでしてくれる。所が、2匹はご主人に近寄らない。普通ならしっぽフリフリで可愛さをアピールするが、しっぽすら振らずじっとサブちゃんとご主人を見つめている。
どうやら、サブちゃんとご主人の深い絆を感じとっているようだ。いくら自分が愛嬌を振ったところでサブちゃんにはかなわないと思っているフシもある。


ある日、珍しくさくらがサブちゃんにそっと近づきサブちゃんの匂いを確認しようとした。その時サブちゃんは動じることなくじっとしていて、さくらはちらっとサブちゃんの顔を見上げた。「あなた、どうして動かないの? ほんとに犬なの? じゃ、もっと匂い嗅いでいい?」と確認をしているようだった。サブちゃんは誰に何をされてもご主人から離れず、その姿は勇敢でもある。

今日、サブちゃんとご主人に散歩の途中で出会った。少しご主人が疲れた様子で道の低いブロック塀に座っていた。サブちゃんはもちろんその横にじっと座っていた。
そして、いつものように「可愛いね」と声をかけてくれた。そして「元気だからいいね」といつも笑顔のご主人はさらに笑顔でつぶやいた。

サブちゃんとご主人と別れた後、そっと振り返るとご主人がサブちゃんに話しかけ、そのご主人の顔をサブちゃんが優しそうに見上げていた。
この1匹と1人にはかなわない。うちの子が一番と思っていたけれど「サブちゃんは最高のわんこだ」と感じた瞬間でもあった。


そういえば、ご主人が「この子は私の恩人だ」と言っていた。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-20 23:51 | 愛犬
<< ヘルニア 行動編 >>