タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
スペアリブ
親戚が集まって我が家でバーベキューをしたとき、スペアリブの残りが出た。結構沢山残ってしまったようで、すでに焼いてあるのは愛犬たちのおやつにすることにした。
もともと朝はご飯を食べず、ささみジャーキーを食べるのが癖なのだが、朝ごはんにもなる。食品添加物ゼロの安全なおやつと朝ごはんだ。

翌朝、いつものようにジャーキー置き場へ行く2匹。しかし、私は冷蔵庫からスペアリブを取りだし「はい、これが今日の朝ごはんね。どうぞ召し上がれ」と上げてみる。
所が、2匹はスペアリブを床に置きスペアリブとお互いの顔を交互に眺めている。あれ?食べないのかな?嫌いなの?まさかね?と思ったら静かにスペアリブを咥えかすかに尻尾を振りながらコソコソと立ち去る。
どうしたの? 残り物は気に入らない? なんて思っていると又床にスペアリブを置いて2匹で顔を見合わせている。何よ?すると、突然咥えて大きく尻尾を振りながら階段を上っていく。
「ちょっと、どこへ行くのよ? 何なの? どうするつもりなのよ? こらー!!!!!」という私を無視し2匹はしばらーく戻ってこなかった。
戻ってきたときには何も咥えていない。まさか、2階に隠したの? ありえないが心配になり見に行くとカーペットには食べかすが・・・・・

きっと、
ジュディー「さくら、朝からこんなご馳走もらっていいと思う? ご主人様は何か勘違いしてないかな?」
さくら「うん。特別機嫌が良いわけでもなさそうだし。ちょっと、あっちまで持って行ってみようよ。勘違いなら『何やってるの!!!!』って騒ぐはずだものね?」
ジュディー「そうだね。そうしよう。せっかくなら食べたいから追いかけられたら一緒に逃げようか?」
さくら「あれ? 何も言わないね?」
ジュディー「さくら、ここで食べてみようか?」
さくら「ダメダメ。気が変わって返せって言われる前に逃げて2階で一緒に食べようよ。いい?ヨーイ、走れ!!!!!!!!」
私「ちょっと、どこへ行くのよ? 何なの? どうするつもりなのよ? こらー!!!!!」
ジュディー+さくら「ほらね。怒ってるでしょ? でもご主人様は又走るとこけるからさ、その間に食べちゃおうよ!!!!!」
という会話をしたに違いない。

1階に下りてみると2匹は満足げに寝ていた。



この出来事を弟に話すと、スーパーで豚の軟骨とスペアリブを買ってきた。そんなに喜んだのならこれからも2匹が喜ぶものを食べてもらいたいそうだ。
犬はいい。たとえ我侭でも身勝手でも、はたまたボケでも嬉しそうに尻尾を振ると食べたいものが食べれるのだ。もし私が愛想を振りまいたとしても、そう簡単に美味しいものにはありつけない。「自分で作れ」と言われるのが関の山なのだ。
たまには美味しいものを食べに行きたいと思う今日この頃である。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-08-25 23:27 | 愛犬
<< 叔父 叔父 >>