タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
仲間はずれ
さくらが外で日向ぼっこをしていたら、ジュディーがその様子をしばらくじっと見ていて、急に走り出しさくらの元へ行く。そしてなにやらさくらに伝えているようだった。
何をジュディーが感じたのか判らないが、私には判らない何かを感じたのだろう。その様子は親子らしいもので、人間の私は仲間に入れないと感じた。
この写真の後、さくらはジュディーにつれられて家の中に入って来たのだが、2匹そろって私の顔を見て尻尾を振る。何が言いたいのか判らなかった。。。。。
とにかく「戻ってきたの? 良かったね?」と意味の判らないことを口走り仲間はずれの寂しさを紛らわしてみた・・・・・


3連休の一日、母がお弁当を食べながら2匹を公園に連れて行きたいと言い出した。私はあまり乗り気ではなかったが、ジュディーとさくらも喜んでいるので連れて行くことに。
すると、秋らしく過ごしやすくなってきたからかその公園には沢山の人が集まっていた。ソフトクリームが食べれたりするのだが、母はそのソフトクリームが大好きなのだ。なるほど、2匹を理由にして食べに来たかったのだ。

いつものことだが、2匹を連れて歩いていると色々な人に声をかけられる。アベック、親子、などこの日も何度立ち止まったか判らない。

そろそろ帰ろうかと思ったとき、小学生の集団が私と2匹を見つけて周りを囲まれてしまった。そして質問攻めに。聞くと小学1年生らしい。
子供らしく「どうして同じ犬なのに色が違うのか?」とか親子と知ると「お父さんはどこにいるの?」とつっこまれる。おまけにさくらがジュディーの娘と知ると「兄弟は?」と素朴な質問が飛んでくる。「兄弟はね、違うおうちに行ったの。だからさくらちゃんが一人だけうちにいるんだよ」と答えると「男の子?」だそうだ。「男の子も女の子もいたよ」と言うとさらに「お兄さん? 弟? お姉さん?」と続く。

その横からお父さんはどうしたの? という質問が。「お父さんはね、亡くなってしまったからもういないんだ」と答えると「なんで? 病気?」など果てしなく質問は続く。
きっと私のホームページの「ダックスの恭平 物語編」の内容のほとんどを凝縮して伝えた気がする。
私が「お母さんはどこにいるの?」という素朴な質問をしようとしても、その隙もないほどだったのだから想像できるだろう。
 
「さ~、そろそろ行きますよ~」と声が聞こえたのだがその声の主は、私と子供のやり取りをすぐ後ろで聞いていた人だ。どうやら先生だったようで遠足に来ていたらしい。
「じゃーね~」と手を振り去っていく子供たちの元気な足取りを見ているとなんだか私まで元気になってきそうだった。
しかし、反面・・・・・
私が一人だけで座っていても、誰も見向きもされないのに、子供たちに囲まれている2匹はまるでアイドルみたいでちょっと羨ましい!!!! とひがんでみる。
だって、彼らにとって私の存在はしゃべれない犬の通訳か、アイドルのマネージャーと言ったところなのだから。

c0057041_0234084.jpg

c0057041_026295.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-09-19 00:23 | 愛犬
<< 眠れない夜 平和 >>