タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
広島ドッグパーク
目を覆うばかりの惨状に自分の目を疑う。。。。。
本当にこのような状態が現実なのか? と怒りなどを通り越して「うそ?」というのが本当のところだ。
ボランティアの方達の活動はあちらこちらのブログなどで目にすることが出来るが、本当に頭の下がる思いで拝見している。物資は送らせてもらったけれど労働は難しいのが残念。。。。

人間の傲慢さ、命に対する軽い認識、そのほか様々な問題を含んでいて一言では言えないのだろうけれど、しかし、それ以上に大きいのは命を救おうとする人たちの強さ、たくましさだ。その力の強さが一匹でも多くの命を救うのだと思うと少しほっとする。

母は猛反対だけれど出来たらこの子達の中から我が家の家族として受け入れる事ができたらと思う。問題は、母だけではなくジュディーが大の犬嫌いであるためジュディーと相談をしいるところだが、ジュディーはいつも会う叔母のところのミッキーですら受け入れない。数日前にうちに来たラーメン屋さんのわんこに対しても家から追い出すほどの勢いで、ジュディーいわく「私はさくらしかダメなのよ!!!!!」だ・・・・
多分、引き取り手としての条件からは外れるような気がする。難しいところである。。。。。


しかし、誰かに救いの手を伸ばすときそれは自分が幸せでなくてはならない。幸せとは何不自由ないとか、お姫様のような生活をしているということではなく、心の中が幸せであるということだと思う。同情は誰にでもすぐに浮かんでくるけれど同情のいけないところは「消えやすい」というところで、本当に心が幸せな人は「同情」より「確信」を先に持つものらしい。確信とは「私が救いの手を伸ばすからには、あなたは必ず幸せになれる」というものでその気持ちは誰に対しても持てるものでもちろんすぐに消えるものではなくずっと心の中にあるものなのだ。
同じく、「可愛いから」というのも「消えやすい」。可愛いからペットが欲しい、と思うのなら「可愛くない時には捨てる」事ができてしまう。
ペットを飼うというのは、すぐに消え去る感情を脇に置き、その命ごとを大切に面倒が見ることが出来るかどうかという意味であることを忘れてしまっている。



私はどちらかというと「ジュディーとさくらに幸せにしてもらっている」方なので飼い主失格なのかもしれないがそれでも、2匹は私に対して幸せそうな表情をしてくれる。
今も2匹は平和そうに獏睡。。。。幸せだ
[PR]
by kyouhei414 | 2006-10-11 00:02 | 愛犬
<< 車窓 従兄弟 >>