タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
とぼけるさくら
私は牛乳が嫌いだ。しかし、コーヒーの中に入れると美味しく頂ける。ま、カフェオレとでも言っておこう。さくらも牛乳が好きだ。
あるとき私が床に座ってカフェオレを飲みながらあるものを作っていた。あるものを説明すると長くなるので省くが、体勢の関係上カフェオレは床の上においてあった。すると飲んでいたカフェオレをペロンとなめた。美味しかったらしい。それからいつも私がカフェオレを飲むとこんな顔をして「頂戴」と要求する
c0057041_0142169.jpg


しかし、飲んでいるのを共有するわけにはいかないので、私が飲み終わったマグカップをなめる程度は許すことにしている。それもいつものことではなく、さくらが何か私の態度から何かを読み取るらしく「今日はマグをなめさせてもらえる」と判断したときだけだ。それもマグにカフェオレが入っていると私が飲み終えるまで待っている。
この日は、私がOKサインを出したらしく私の許可なしでマグの中に顔を突っ込んだ。

c0057041_0143137.jpg


ちょっと驚いたので撮影。そして「あれ?いいよって言ったかな?」とさくらに言ってみると
「あ、いや、親分、気のせいでっせ。許可なしにマグに顔などつっこむはずありゃしません。ほら、私はずっと横見てましたからねぇ。ね?」と横を向く。しかし、どこかビビッテいる。


c0057041_014402.jpg


「いいって言われないのに勝手にそういうことしたらダメだよ」と叱ったが、演技上手のさくらはこうして私に「反省してます。二度としません。ほら、見て?反省した顔してるでしょ?」と親分を丸め込もうとする。全くさくらにはかなわない。


c0057041_014488.jpg




んが。。。。さくらはもともとここでマグに顔をつっこんだら叱られると知っていながらこういう行動を取ったのだ。叱られることだと判っていながらどうしてそういうことをするかというと「親分の気が変わったかもしれない」という気持ちでわざとやってみて、そして叱られたら次はしない。叱られないなら次もおねだりをする。
どうして判るかって? マグをなめるのも絶対に許さなかったのに、ある日さくらの”目”に負けて「なめるだけならね」と許してしまったのだ。

気づかないように日々数グラムずつ体重が増えていて、なんかおかしい、と思ったときはデブだった、なんてないだろか?
いや、例えが悪い。しかし他にいい例えが見つからないのでこのまま続けると、つまりは犬という動物は飼い主を観察する能力にたけていて、飼い主さえも気づかないスキを狙って徐々に自分が天下を取ってしまう動物なのだ。

今日の一句
気をつけよう。欲しがる視線と、演技力
[PR]
by kyouhei414 | 2007-03-11 00:42 | 愛犬
<< とぼけるさくら2 椿 >>