タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
不思議な話
ある日、母が留守の日に母の友人という人が訪ねてきた。この日は母は以前から予定が入っていると言っていたのを覚えていたが、その人が「今日はお母さんと約束があると思ってきたんですが、いないですか?」と意味の判らないことを言う。
そして延々と説明が始まったのだが、なが~い説明を要約すると
「以前喫茶店で偶然会って、お茶でもしようと話をした。数日後、電話が鳴ったので出て、その人と今日、食事をする約束をした。しかし、その電話が多分私の母だろう、と思って今日うちを訪ねてきた」
ということらしい。
私は母の予定を話すとその人は、「じゃ、違う○○さん(私の苗字)ね」と言い慌てて帰ろうとした。一応母に伝えておくと言ったのだが、とにかく慌てて帰って行ったので名前を聞くこともできなかった。

大体、私の苗字はこの辺りにそう多くは無い。違う○○さん、と言ったのだが同姓のお友達がいたということか?
それから、電話が鳴って出たときに多分私の母だろうと思って話をしたというのだが、多分、というだけで食事の約束も出来るのか?
疑問は残る。

母が帰ってきたときそのことを説明すると
そんな人と会った記憶がない、という。じゃ、あの人は誰? 
うちを知っているのだから、友達であることは間違いないが、思い当たる節はないらしい。
どんな人だと聞くので「とてもセンスのいい人だった」と答えると、母は「私も人からセンスがいいと言われるが、私みたいか?」と聞く。笑ってしまったのがいけなかった。母は私を責め始めた。
名前も聞かないし、詳しい説明も聞かないし、お前が悪い、と言い出したのだ。
ついでに、センスが悪いと思っているのか?と責め出した。
ガメラはどこまで行ってもガメラだ。

宣言しておくが、母はセンスがいいとは言えない。お世辞を真に受ける単純な性格をしてるだけである。
しかし、私は苦しい説明を強いられた。「お母さんはセンスがいいよ。ただ、派手なだけだよ」と。。。母は不思議そうな表情で納得をしたのだが「派手とはどういう意味だ?」と突っ込んでくる。
どちらにしろ、そんなことはどうでもいい。

一体あの人は誰なのか?
その後電話もないし、尋ねても来ない。
誰だ? 誰だったんだ?

もう一つ心配がある。
その人は、この日母ではない人と食事の約束をしている。その人は待ちぼうけを食らっていないだろうか? いや、多分玄関で「来ないわね~。あの電話で約束した日って、今日だったかしら?」と悩んでいるに違いない。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-04-11 23:21 | その他
<< 父の夢 ボール遊び >>