タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ここの所
体調が悪かったりで、憂鬱な日が続いた。
このブログも調子が悪かったようだが、雨の日が多いからか? って、関係ないよね。。。。。


ジュディーとさくらは私が体調が悪くても起きているとあれこれ要求するのはいつもと同じで「今日はしんどいからお散歩は行けないからね」と言っても「いいじゃん、行こうよ。外の空気を吸うと元気になるよ」とでも言っているような無邪気な表情で私をつつく。
いっそ布団に入って寝てしまうと一緒に布団に入り「お昼寝? じゃ私も一緒に寝るね」と大の字で寝言を言いながら寝る。しかし、おやつの時間だけはキッチリ守る。
全く一度でいいから2匹のいない布団で寝てみたいものだ・・・・・
と言っても私が一緒に寝るくせにしてしまったので自業自得なのだが。。。。。。。


恭平がいた頃、熱を出して寝ていたときも私が布団にいる間はずっと布団で寝ている。しかし、おやつの時間と、ゴハンの時間だけはきっちり守り、病気で寝ている私を差し置いてさっさと自分だけゴハンを食べにリビングへ。。。。。そして父が散歩へ連れて行こうとするとさっさと私を布団に残し散歩へ出かける。ただ、恭平だけは私から離れなかった。なんと素晴らしい子だろう。
ジュディーとさくらが屁たれと認めたくはないが、この時だけは恭平を抱きしめ「愛ちてるぞ~」と赤ちゃん言葉を使ったものだ。

そういえば最近、父の夢も恭平の夢も全く見なくなった。ある人に言わせると夢に出てくるのは心配で天国へ行けないからだ、ということらしいが私の夢に出てくる父と恭平は決して私を心配している様子ではない。
懐かしい姿であることがほとんどで、元気な頃、病気の頃、どちらの姿も私にとっては父は父、恭平は恭平であり、大切な家族として夢に登場する。

犬も夢を見るらしいが、とくにさくらはとても寝言が多い。一体どんな夢を見ているのだろうか。吼えてみたりうなってみたり、草原を走り回るかのように足を動かしてみたりかなり鮮明な夢のようだ。
きっと、時々恭平と父も一緒に大草原を走っている夢に違いない。



c0057041_230155.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-18 23:00 | その他
<< 喧嘩 このブログ表示エラーが起きるらしい >>