タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
私はニブイ
オフ会がこの土曜日と日曜日にあった。父の闘病が始まって始めて掲示板に投稿をしたのだが、その時に会話を交わしたのがあのじみぱさんとやまとさんだ。その後はずっと掲示板でのやり取りをしていた。他にも掲示板でやり取りをした方も参加し、先週末に会うことが出来た。
正直言って会うことは無いだろうと思っていた。闘病中はお互いに忙しく、その後も皆精神的にはあまり良い状態ではなかった。しかし、タイミングとしては、1年ほど経過した今が一番良かったのかもしれない。
空港でじみぱさんの姿を見たとき始めて会った気がしなかった。皆ずっと知り合いだった感覚になったのである。やはり、同じ時期に同じように闘ってきたという事は顔を見るか見ないかに関わらず、友である。つながりが出来て、そのつながりの中で数年間をウェッブ上で過ごしてきたが、人がつながりを作ることは顔を見なくても心と経験が作り出すものだと判った気がする。

振り返ってみても、やまとさんは温灸器を貸してくれ、じみぱさんからはお茶を頂いた。そして、辛いときには励ましてくれ、明るい話題で笑わせてもくれた。辛いのは自分だけではなく、掲示板の画面を開くとそこにはじみぱさんとやまとさんがいてくれた。父を支えた1年にはこの二人を除いてはありえない、そう改めて感じている。
父も「飲みやすいお茶だ」とじみぱさんがくれたお茶を喜んで飲んでいた。
温灸器をお腹に当て「暖めると痛みが無くなる」と喜んでいた。辛い闘病生活の中で、こうした暖かい心に触れ父が喜んでくれたことは、私にとっても嬉しいことだった。そのときの父の顔を思い出すとやはり感謝の気持ちで一杯になる。

私を支え、父に触れ合ってくれたお二人に、今改めて感謝をしたいと思う。

ありがとう
[PR]
by kyouhei414 | 2005-02-10 16:40 | その他
<< 掲示板の意味 愛犬 >>