タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
カメラが無くても心に映った光景
今日は用を済ませるために市役所等へ出かけた。もちろん途中の公園で遊ばせるため2匹を連れていった。前に言ったとおりカメラは持っていかなかった。


すると、その公園でダックスを発見。どうやら男の子らしい。活発なダックスを連れて歩くには大丈夫か?というおばさんとおばあちゃんの中間といった感じの女性が連れていた。
ところが、その女性とダックスは我が愛犬に近づいてくる。この男の子が暴れたらどうするんだ?
しかし、「可愛いですね。うちの子はワンちゃんが平気なんですが、その子達は大丈夫かしら?」と声をかけてきた。「残念ですが、苦手な方なんでお友達にはなれないかもしれません」と答えると「あら? うちの子にそっくりの子ね? 今まで何匹もダックスを見てきたけどこんなにそっくりな子に会ったのは初めてよ」とさくらを見て言う。
良く見ると、さくらに似ていると言うより恭平にそっくりだった。毛の色は少し黒いが、表情や首の角度、背中のラインまで似ている。

意外なことにうちの2匹もあまり嫌がらず臭いをかいだり、一緒に歩いたりしていた。
「うちの子が性格がいいから、遊べると思ったのかしら?」と言って私を驚かせたが、
その女性はこの子にひたすら愛情をかけているようで、それが伝わってきた。
そして、美男子だとか、賢いだとか、さらに他の人たちにも性格がいい、無駄吼えしなくていい子だとか、ほめられるらしい。
確かにこの子は全く吼えない。ちなみにうちの子も吼えない。
すると、「この子は老人ホームに連れて行ったらセラピー犬として皆を癒してあげれると思うのよ」とまで言い出す。余程可愛いのだろう。
他の犬とも絶対に喧嘩をしないし、とても友好的な性格らしく、お友達犬も多いらしい。数匹のわんこが通りすがったが、うちの2匹は私に抱っこをせがみ隠れようとしているが、この子はちゃんと挨拶に行き、少し遊んでさっさとこの女性の所に戻ってくる。
確かにいい子だ・・・・

すると、「正確には私の犬ではないんですが、ここには毎日散歩へ連れてくるんです」と言った。待てよ。この子の名前はチャッピーだ。そして、恭平とジュディーの子供、つまりさくらの弟も確かチャッピーだ。おまけに日中は仕事があるので、家の隣に済む身内に面倒を見てもらっている、と言っていた。自宅もこの辺りのはずだ。。。。。。

思い切って自宅の場所を聞いてみた。
やはり恭平とジュディーの息子であると判明。
お互いに相当驚いた。

さくらにそっくりとはじめに言われなかったら素通りしていただろう。この女性に声をかけられなかったらこのダックスを避けていただろう。いや、本当に出会えてよかった。
早速、いつもどおり撮影、と思ったらカメラが無い。。。。。。
マジか? すごい悔しい!!!! カメラを持たないと決めた途端にこれだもの・・・・・
やはりカメラは常時携帯することにしようと思う。


それにしても、恭平の若い頃を見ているようだった。セラピー犬になれるほどか?という疑問以外は、この女性が言う事と私が恭平のことのと言うのとほとんど同じと言っていい。
恭平もこうして散歩で出会ったわんこと友達になり、気が済むまで散歩を楽しみ幸せそうに走り回っていた。
もう一度恭平に会いたいとすら思っていた私にとっては、チャッピーに恭平の姿を見た喜びはとても大きかった。


それにしてもチャッピーがこんなに可愛がられて、そして元気でいてくれる姿はなんとも言えず幸せだった。そして次に会えるかどうかは別にしてもこの子を大事にしたくなった。ずっと元気で長生きして欲しいし、この女性にもチャッピーと共に幸せであって欲しいと願った。
ふと、今ある命が幸せであるように、と願う事が大切なのかも、と思えてきた。



実は、私は今でも恭平の遺骨を持っている。そろそろペット慰霊碑に納骨すべきか、と悩んでいる所だった。しかし、どうしてもそんな気にはなれない。
それは、いつまでも生きている恭平の姿を追っていただけなのかもしれない。
記憶を頼りに、側にいると思い込ませる事で”戻ってはこない”現実から逃げていたのかもしれない。

きっと私は大切にする方法を間違えていたのだと思った。
恭平の姿を投影させ、追ってみたところでそれは私の未練にすぎない。
いくらさくらに恭平の姿を見ても、さくらの幸せを願う事にはならない。



恭平は旅立ち、空から私達の幸せを見届ける役目をもらった。
私はジュディーとさくらが今まで以上に幸せに過ごし、
チャッピーもずっと幸せで、
私も、ジュディーとさくらと共に幸せである事・・・・・

それを、空から見ている恭平に伝えようと思う。。。。。。。

c0057041_23551093.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-22 00:04 | 愛犬
<< 父が昔言っていた。。。。。 年明け >>