タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
命の責任
実は、昨日は書き込んだけれど日記に間が開いたのは、ちょっと考えさせられることがあって。。。。



とある知人がずっと家にいた人なのだけれど、仕事をするようになって飼っているダックスがどうやら分離不安症になったらしい。家中を荒らされて大変だといった。
その話をしていたら、もう一人の知人が「そうなのよ。私も飼っていたダックスが家を荒らすから人にあげたのよ」と言った。

もともとその人に対して私はどこか合わない何かを感じていた。何がというわけではなかったが・・・・・


その話を聞いたとき、愕然とししばらく言葉が出なかった。
「私がおかしくなっちゃうのよ。ひどいことになっている我が家を見ると。それに片付ける時にイライラしてくるし」と平気で言った。
更に私は血の気が引いた。
やっと平常心になって「で、今はどうしているのよ」と聞いた。
「新しい飼い主さんは知り合いの知り合いで、私は知らない人なんだけれどその人がベランダで飼ってるらしい」
ベランダ・・・・それもどうやら外犬と同じ状態ということだ。


あなたが悪い。
一生懸命自分の気持ちをあなたにぶつけていたのに、それを受け取ることもせずただ自分の都合だけで飼う責任を放棄した。
犬を飼うということは、生涯責任を持って飼うことが前提であるし、命に対して責任を持つことである。
恐ろしいことに、その行為を大した事ではないと思っていることだ。
自分の子供がやんちゃで手に負えないから養子に出した、としたらそんな人は人間失格だ。
じゃあ、犬ならいいのか?
いや、違う。
たった一匹の愛犬すら放棄してしまう人なのだ。



とにかく、私はこの人とは二度と会いたくないと思ってしまった。
そういうことで判断をしてはいけないのかもしれない。
私が間違っているのかもしれない。
人間関係とはそういう部分も見ないフリをして仲良くしていくものなのかもしれない。
私はただ単に幼稚だから、そう思ってしまうのかもしれない。
犬を好きだから、だから人間のことをそんな風に判断してしまう心の狭い人間なのかもしれない。
その人の立場を考えない私の方が身勝手なのかもしれない。


と、延々考えていた。





オヤジさん、ほんと偶然にも、こういう出来事が私にはありました。
こういう人を飼い主失格というのだと思う。
命そのものを粗末にし、自分を正当化する理由だけは持っている。
そういう人を身勝手と表現してもいいと思う。
でも、オヤジさんは違う。
私は知っている。
命の大切さを知っているからこそ、心を痛めるんだろうな、って思う。
でも、自分を責めないで欲しい。
むしろ、ほめてあげて欲しい。
ちゃんと命の責任を持てる心の綺麗な人なんだって・・・・・・






そんなオヤジさんの姿に私は癒されました。
ありがとう
[PR]
by kyouhei414 | 2008-08-13 23:59 | 愛犬
<< 夢 一生懸命 >>