タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
年をとるということ
先日、車で走っていたらゴールデンを散歩させているオバサンを見かけた。ちょうど、小さな通りから大きな通りへ出るところで車を待っていたその先を、ノロノロと歩くゴールデンが目に付いた。

いかにも年を取っていて目も悪いのか顔を上げて歩くことが出来ないようで、じっと道路を見つめながら歩く。そして、ノロノロしているのが腹立たしいのか、連れているオバサンはそのゴールデンのリードをぐいぐい引っ張る。
「立ち止まりたいほどなのに、どうしてそんなに急ぐの?」とでも言いたそうに彼なりに必死に歩いて着いて行こうとしていた。
とうとう途中で立ち止まったかと思ったら、後ろ足でおなかの辺りを掻いている。少しの間恩着せがましく立ち止まったものの、すぐに引っ張られてかゆいのにかけない、辛い表情を見せた。
年をとってしまったから仕方がないのかな、と腹が立つところをそう言い聞かせていた。
そして、しばらく車の途切れを待ち、やっと大きな道路に出れた時、対面を歩いていたそのゴールデンに近づいた。
なんと、体のあちらこちらに毛の抜けた部分がありどうやら、そういう部分がかゆいみたいだ。
皮膚病なのか何か判らないが、あまりに哀れな姿にその犬に同情した。


いや、しかし、このゴールデンはそれでも幸せなのかもしれない。若い頃はきっと楽しい生活だったかもしれないし、家族も可愛がったに違いない。
そのオバサンもたまたま急いでいただけかもしれない。でなければ、わざわざ散歩には連れて行かないだろう。
絶対にそうだ。今も可愛がられているに違いない。皮膚病ももっとひどかったのに、やっとここまで良くなったのかもしれない。
だから、このゴールデンはそれでも幸せに違いない。
そう自分に言い聞かせることにした。
それは間違っているかもしれないが、他人には入り込めない事だってある。
いくら人が飼っている犬を捨てるからと言って、それら全てを引き取って幸せにできるわけではない。

どんな形であっても最期まで面倒を見てもらえるだろうこのゴールデンは幸せなのだと思うことも間違ってはいないと思う。
ただ、もう少し・・・・・もう少しだけ思いやって欲しかったな。。。
と、思った。



振り返ると、自分の愛犬たちを幸せにしているだろうか?
いや、幸せに違いない。こんな平和な顔して大あくびするんだから・・・・

c0057041_23191323.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-17 23:19 | 愛犬
<< ちょっとブルー 地震 >>