タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:その他( 221 )
戦争だ!!!!

今日の一枚。
日焼けが関係ないとシミだって気にならないよな、と言いながらシャッターをきる。そして紫外線との戦いに負けてる実感をかみしめる。。。。
c0057041_0344788.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-11-16 00:38 | その他
柳ジョージ
今月10日、腎不全のため横浜市内の病院で死去。63歳だったそうだ。

このニュースは12日に知ったのだが、やはりショックだった。というのも、若い頃私は柳ジョージの曲を聴いていた時期がある。コンサートへも何度か足を運んだ。
まだ20台になるかならないかぐらいだったと思うが、その頃はコンサートで見かけるファンとしては若い方だった。
渋い趣味だね、と言われたこともある。しかし、今聞いても聞ける曲も多くどちらかというと今の年齢で聞いた方がしっくりくるほどだ。何年経っても聞ける音とあの声はファンになって良かったと思えるぐらいだ。


違う世界へ旅立ってしまったが彼の残した曲がこれからも多くの人を魅了し続けてほしい。
本当に残念だと思うけれど、きっとこの現世での役目が終わったのかもしれないし、ゆっくり休んでほしいと思う。




[PR]
by kyouhei414 | 2011-10-20 00:02 | その他
運休
人生初の電車の運休に遭遇した。

それも、最初に運休が止まったその電車に乗っていたので、自分が降りる駅の手前2つ目の駅で停止してそれっきりだ。一時間ぐらい待っただろうか、それまで外に出たら雨で倒れるのではないかと思うほどの勢いが止まり普通の雨になってきた。
構内放送で、「線路の点検が終わったら発車」と流れたため他の乗客の方々同様に一安心。ところが電車は走り出すことなく雨が又激しく降り始めた。

更に待つことしばし。
今度は乗客の一人だろう、その人が電車に近づきながら「タクシーが動けないらしい」と言っている。タクシーが動けないというのは意味が良く判らない。どちらにしても万が一の事を考えながら電車の中で状況の変化を待った。こうなったらレンタカーを借りて家に帰るか、などと考えていたのだがタクシーのことが気になり駅員さんに状況を聞いてみた。「今のところ運行開始の連絡がない。もし、運行開始としてもその連絡があってから線路の点検で1~2時間かかります」とのこと。タクシーもバスも止まっているようで駅の構外に人があふれている。皆、呆然とした空気が漂っていた。

乗り継いで家に帰らないといけないのだがどうやらもしその乗り継ぐ電車も途中で止まっていたら待つ意味がない。そう思って、乗り継ぐ電車に連絡を入れてみた。なんと「〇〇駅から△△駅まで水没しているので今日中の復旧の見込みはない」と返事が帰ってきた。それでここで待つだけ意味が無いと判った。

考えた結果、逆方向にでも電車が走ってくれたらその途中の駅に叔母の家があるため泊めてもらえばいい、と考え電話をすると叔母は来てもいい、と言ってくれる。しかし、そこまで電車が走らない。
タクシー乗り場もかなりの列だし、しかし並ぶしか方法がないだろう。
ここまで4時間。
そして、最悪の事を考え食料と飲み物を調達した。棚にはお弁当の類はほとんど残っていなかった。


そしてタクシーは運転手の問いかけで、乗りあっているようだ。そこまでする理由があるのだろう。

数台のタクシーが来たが乗りあうための行き先を周りの人に聞くのだが数名はさっさと手を上げて乗る。しかし、不思議なことに、その人の問いかけに聞こえないかのような態度の人がほとんどだった。自分は関係ない、という空気が流れている。更に私より少し前の人が「何処へ行きますか」とタクシーに乗り込む場所が聞き取れずに問うが誰も答えない。動きさえもしない。
数台後、叔母の家のある駅の所まで行くという人が他の乗客に話しかけた。様子を見るとあと一人乗れるところだが誰も手を上げない。私は後ろの方にいたのだが、手を上げてご一緒させて欲しいと頼んで乗せてもらった。
今思うと、後ろの方から手を上げて乗ってしまったがもう少し前の人の中でも乗りたい人がいたのではないかと反省をした。
地下鉄は動いているようなのでそのまま地下鉄に乗り込みバスに乗り継いで家に帰ることにした。叔母のところに泊めてもらうのも考えたのだが、途中がすごい渋滞で雨も前が見えないほどだ。そこを叔父に迎えに来て欲しいと頼めるほど叔父も若くは無い。

なんとかバス停に着くと、人だかりだ。乗れるまでに何時間かかるだろ。が、運のいいことに私の乗るバスは直ぐに来た。ぎゅうぎゅう詰めではあるが何とか5分も待たずしてバスに乗れた。ラッキーかもしれない。駅近辺はかなりの渋滞で一人の乗客が切れそうだったが、何とか渋滞を抜けて走り出した。
そして自宅へ。



乗りあったタクシーは5人で乗ったのだが、全員が今日始めてその駅に行った人ばかりだった。東京の人、豊川市の人、など、遠方の人もいた。見ず知らずの人たちとともに車内からすっかり暗くなった渋滞のライトを見つめる。何かの縁というがその縁だろうか。。。。
その東京から来たという男性は、まさに水没した場所にいて仕事を追えその場を離れると同時に水が押し寄せてきたという。水に飲まれずここまでたどり着いたとのことだ。もし、あと5分遅かったら・・・・と大人しそうなその背中は語ってた。


正直言って、私は孤独を感じていた。そんな簡単にここまで迎えに来てくれる友人もいないだろうし頼むには気が引ける距離だった。弟に頼んでも彼は助けようとはしない。大体のケースで何かを頼むと逆ギレをするというあまり性格もよろしくない。ガメラは免許を持っていない。
そう考えると、助けの欲しい時に助けを得られない部分を感じていたし、他の理由もあって家族はあってないようなものだと感じることが多かった。
次々と乗客が家族に電話をして迎えに来てもらう姿をみて、家族って一体なんだろうかと呆然と考える。
孤独とは何だろ、と考える。
何を頼りにするのだろうか、と考える。
この先はどんな生き方をするのだろうと考える。


タクシーの中で聞いた話は、想像以上にひどいことになっていて名古屋の天白川と庄内川も氾濫しそうで、一部地域は水没しているとのこと。更に、私のいたところは避難勧告が出ていてそのためタクシーも全車引き上げて避難していたらしい。渋滞も相当ひどいもので、乗り合いをしてもらわないと大勢の人を運ぶ時間も限られている状況らしい。
今ここにいる自分の状況に感謝するしかない。


6時間後帰宅した。あとで知ったのだが、私が足止めを食らった場所は水害のひどいところ、つまり激震地だった。
その激震地で過した時間に、色々な事を考えた。もちろん、もう少し適切な判断ができなかったのか、すばやい判断ができなかったのか、という反省もある。
もし、あの時に違う判断をしていたらどうだったのか、と振り返る。
もっと早い時点でここから立ち去る決心をしていたら、と悔いる。
後ろの方からタクシーに乗り込もうとした自分の行動に疑問を持つ。
やっとたどり着いた家は、平和な家だろうか、幸せな家庭だろうか、待ち望んでいた家族だろうか、と考える。




いつものようにしっぽを振って迎えてくれるジュディーとさくらを見るとなぜか、この6時間が一つの人生の縮図であるかのように感じた。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-09-21 00:49 | その他
ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!
前川企画印刷さんで名刺を注文。
デザイナーつき100枚印刷で1000円。
私の場合は両面印刷だったので1500円。
それでも安いのでは?


HPアドレスは
http://www.kobe-maekawa.co.jp/products/
他にもマグやマグネットに印刷をしてくれる。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-08-29 13:54 | その他
よかった
出かけた先でセブン〇〇ブンを探していた。google mapで見たときにはあったので現地で探せばあるだろうと思ったのだった。
しかし、見つからない。。。。こちらのはず、と思った方向には店らしきものがない。国道に沿って歩いていたが、交通量があるものの人気もない。

仕方ないから引き返そうかとも思ったのだが、ここまで来てあきらめるのもちょっと悔しい。
すると、ビルの1階の駐車場に男性2名を発見。なにやら明るい笑い声で話している。この人たちなら聞いても大丈夫だろう、と思い「セブン〇〇ブンがこの辺りにあると思ったのですが、ご存じないですか?」と聞いてみた。
すると、思った通りとても親切な人たちでここからは少し距離があること、他にも駅前に数箇所のコンビにがあることを教えてくれた。
「セブン〇〇ブンでないといけないの?」と聞かれたので目的を話すと、他のコンビニで心当たりがないか考えてもくれた。結局、帰りの事を考えるとセブン〇〇ブンは駅と反対方向だし目的が果たせないのなあきらめ帰ることにした。

お礼をいい、立ち去り歩いていると後ろから
「あの、今更ですが良かったら駅まで送りますよ」と声をかけられた。そこには先ほどの男性の一人がすんごい車にのっていた。
さっきの駐車場でちらっと見かけたのだがほんとに見たことのないすんごい車で誰のものだろうかと思ってみていたその車だった。
私はかなり驚いたのだがさすがに知らない男性の車に乗るのもなんだしと、
「大丈夫です。近いようなので歩けますから」と答えた。
が、「気にしなくていいですよ。駅まできちんと送り届けますから」といわれた。
それより正直言ってこの車ってすごくない? という方が先でそのときの私はかなり大きな口をポカンと空いていただろう。
「本当に大丈夫ですから乗ってください」
という男性から感じる雰囲気はとても純粋で優しそうだった。
きっと大丈夫だろう、と乗せてもらうことにした。
そして失礼かとも思ったが
「この車は何ですか?」と聞いてしまったのだった。彼は「〇△■●∵□」と答えた。てか、なんていわれたか忘れた。しかし、私が聞きたかったのは車のメーカーじゃなくて車種だ、と言うと笑いながら
「はははっつ。そうですよね。聞いた事ないですよね。それが車種なんです。メーカーは××●○◎って言うんです。あ、ちなみに日本車ですよ。前はアメ車に乗ってましたけどコナゴナになったんで今はこれです」とな。
意味がわからん。コナゴナってなに? 
あまり突っ込んで聞いて回答されても理解できなきゃ失礼だろうと思い
「大変だったんですね。」と答えたら何故かウケたようで笑っていた。何がオカシイのさ?
とはいえ、その笑顔のさわやかなことって言ったら最高である。全てにおいてさわやかな人だったが、こんな風に、泡でも出そうなさわやかな人にはあまりお目にかかったことがない。
ついでに、写真が撮りたいぐらいだと言ったら
「いつでもあそこに置いてありますから写してもいいですよ。ぼく、あの上にある会社で働いてるんで」だと。
ひょっとしたらあの車の写真をアップする日が来るかもしれない。未定だが。

そして言葉どおり、駅まで送ってくださり「気をつけて帰ってください」とお互いに言葉を交わし別れた。
普通ならしない行動だろうが、どういうわけかかなり幸せな雰囲気にない本当に不思議な時間だった。



しかし、暗くてよかったよ。
で、結局車種とメーカーは何だったんだ。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-08-19 00:42 | その他
地震
今朝、地震が来る夢を見た。


自分のいるところもかなり揺れたのだが、なぜか少しはなれた所がかなりひどい地震だと感じながら自分の揺れがおさまるのをじっと耐えながら待っている、って夢だった。


振り返ると、実際の東日本の被災者の方々を救えるように、と色々な試みが行なわれ善意も集まり、ボランティアの方たちの活動も活発だった。
しかし、実際の被災地はまだ復興とは程遠いところもあるようで、現在の状況は以前より伝わりにくくなっている気がする。

どちらかというと、節電、という自分たちの身の回りの事に目が行っていて、原発の事故後のニュースも減ってきている気もする。


私の見た夢は、遠くの揺れが激しいと知りながら、自分の場所の大したことのない揺れから自分を守ることで必死になっている状況と例えられる、と感じた。
実際に自分が少しでも揺れたら、遠くを助ける余裕が生まれるだろうか? 平和だけが全てではないが、無駄な心配や不安が多すぎれば本当に困っている人の方を見る余裕もなくなる。
本当の意味での復興や、今大切な心は何だろうか。。。。。。。。



この夢は短い夢だったが、色々な事を考えさせらえれる夢でもあった。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-07-29 00:31 | その他
おヘソにしこり
先日、ゴロンとしながらテレビを見ていたらなんとなくお腹が気になって触っていた。
すると、おヘソの周りにしこりがあるのを発見。左右が目立っているが特に右側が大きい。気になって病院で先生が触診をしてくれるが、そんな感じでぐるぐる探ってみた。

どうやらおヘソ周りだけらしい。触っても痛くないし、特に何って事もない。一体なんだろうか?
しばらく触っていると、少し柔らかくなったような気がしないでもない。
自覚症状も何もないのにまさか、あれってことはないだろうとは思うが、変化がないとか、大きくなるようなら病院へいこうと思う。が気になるので、少しネットで調べてみた。

すると、色々出てくる。
便秘にはじまり、当然のように癌など、さらに気の通りが悪いとか、チャクラがどーのとか。。。
興味深いのが気功らしき方面から言うと、代謝が悪くなっているとおへそ周りにしこりができるというものだった。
で、お腹をぐるぐる触っていて、おへその周りもマッサージする感じで触っていたらお腹がぽかぽかしてきたのを思い出した。
ん? と思いもう一度触ってみるとほとんど消えていた。


何だったんだ? 
ま、消えてるからいいか。。。。。


今日の一枚。
ヘンな顔だ。

だが、言わせてもらうならこんな表情でも愛嬌一杯で可愛い。

c0057041_0165295.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-07-22 00:18 | その他
久しぶりの飛行機
ちょっとだけ香港へ行って来た。知り合いに用があって出かけたので一人で旅立った。そして、観光も一部一人で出かけてみた。

想像以上に良い人柄の人ばかりで、こちらが声をかけなくても声をかえてきてくれる。
別の人は「あなた日本人? ボクは日本に住んでいたんだよ。とても日本は懐かしい場所ね。香港を楽しんでヨ。とても楽しい場所をオシエルヨ。バスは15番だヨ。上は(ビクトリア・ピークのこと)とてもキレイね。」と教えてくれる。
間違えてバスに乗ったら運転手さんは「No.You go」と、お金はいらないから乗っていけ、とまれにみる簡単な英語で親切をくれる。
地下鉄に乗って隣になった人は「日本は大変ネ。君の住んでるところはOKか?」と言ってくれる。初めて会って、二度と会うこともないだろう私に・・・・

帰るとき、ホテルのポーターが荷物を持ってバス停まで案内してくれた。
そして、バスを待っているとベンツの持ち主を待ってるという運転手が「バスはあれだよ。もうすぐこちらに来るよ。」と何も聞かなくても待ち時間が少ないことを教えてくれる。
更に、バス停の前のホテルは100年以上前に建てられた古いホテルなんだよ。君も泊まるといい。他にも君が行っていない場所でとてもいい所があるから次に香港に来たら行ってみるといいよ。で、香港は気に入ったかい?」と笑顔で言う。
「もちろん。又ここに戻ってくるわ」といいバスに乗った。

そしてこの人は私の乗ったバスが角を曲がるまで手を振ってくれた。
まるで天使の笑顔だ。




c0057041_21115035.jpg
c0057041_2112038.jpg
c0057041_21121478.jpg
c0057041_21122590.jpg
c0057041_21123521.jpg
c0057041_21124917.jpg

c0057041_21135028.jpg

c0057041_21151466.jpg
c0057041_21152730.jpg



香港島に渡り、高層ビルの間を歩いていると教会を見つけた。この教会で足を休めそしてしばしこの国の天使たちにお礼を言う。

ありがとう・・・・


そして、人を癒すのは人の心だと改めて知る。
これから又日常が戻るが、香港の天使たちを忘れることはないだろう。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-07-04 21:12 | その他
携帯番号チェンジ
先月、携帯が調子悪くて携帯ショップへ出かけた。スマートフォンにするかどうするか、などと考えていたのだが、そのお店の人が私の携帯の調子悪いのは設定が悪いだけだったという事をつきとめてくれまだ使えると判明。
そして、更にその方が直ぐに新しいバージョンが出るのでそれからでもいいのでは、とアドバイスをくれたのである。更に、お値打ちな商品が出たら教えてもらえるメールを配信してくれることになった。そしてその日は購入せずに帰宅した。


そのお値打ち商品お知らせメールが先週末に届いた。
「新機種が9,900円。(注意=端数ははしょった。てか記憶にない。)」
とな。
翌日在庫があるかを確認してから機種変に出かけた。

店頭で待ち時間があるので、待っている間に”今日は何をしに来たのか”を聞かれるシステムになっている。店に入り早々、「本日の御用は?」と話しかけられた。これこれこういうことだと話したら
「それ、新規購入が9,900円かと・・・」
その対応をしてくれた人は先月対応をしてくれた人と同一人物だ。なので、「スマートフォンは?」と突っ込まれるおまけまでついた。

せっかく来た、という理由から一応窓口で色々聞くことにした。
その窓口では違う女性が対応をしてくれた。その方は「いえ機種変でも9,900円でいけると思いますよ」とおっしゃるので即刻購入決定。
準備にとりかかる。が、奥に引っ込んでしばし・・・・・
うなだれて戻ってきた。「すいません。新規でした」とボソっと言う。「そ~ですよね。いくらなんでも安すぎますよね」とあきらめて帰るための捨て台詞を残した。
が、その女性は優しかった。
「気に入るか判らないし、もう少し値段がしますがお値打ちな商品が。。。。」と教えてくれるではないか。
「今お持ちします」と持ってきた機種は黒と白。ちなみに機種は決まっていないが機種の色は決まっている。赤である。案の定赤が売り切れ。
肩を落とすしかない。
横にあったカタログを見ながら、「この機種のこの色がいいんですよね。でも高いんですよね」とつぶやくと
「いえ。それもお値打ちになってます。今お持ちします」と言う。なんと言うラッキーか。


が、ガックシ肩を落として戻って来た。「赤が売り切れて品切れです」。。。。。
今日はやっぱり悪い日だ。
その時、天を仰いで「こんなにあれもこれもダメなんてひどすぎる。せめて番号ぐらい気に入った番号を私に下さいな」とつぶやく。もちろん心の中で。
というのも、いずれ携帯の番号を変えたいと思っていたので、せっかく来たついでに変えようと思ったのだ。しかし、この調子で行くといい番号なんて来るはずない。

この女性はやるだけやってみましょう、といい番号を検索してくれた。最初はダメだったが追加で300円ほど払うと再検索してくれる。希望の番号は下4桁までいけるらしい。
この女性は不気味な笑みを浮かべながら「これどうです?」と数字を書き始めた。いいやんけ。即決だった。
ちなみに下4桁は0888である。ぶふっつ。なぜ8888のぞろ目にしなかったか? と後悔が少しあるが欲張っても取れないだろうと思う。


そんなこんなで、帰り道にもう一つの携帯ショップへ立ち寄ってみた。ここは待ち時間もなくすんなりと窓口へ。事情を話してお値打ちな商品を見せてもらった。どれもこれも気に入らない。
気に入った機種にするぐらいならもう少し頑張ってスマートフォンにしたい。が、毎月の使用料が今ひとつ納得がいかないため迷っていた。すると、その窓口の男性が「2台目はオトク」とささやく。
つまり、2台目は通話できない契約にして完全ネット状態で使うわけだ。それが何?と思われるだろうが、スマホの悪いところはちっちゃくて使いづらいし、電話としては少々重い。が、スマホに限らずタブレットでもオトクになるとのことなのだ。つまり2台目をスマホにせずにタブレットにしちゃえば見やすい画面で必要な時だけ持ち歩くネットとして十分活用できる。で、電話機を安いのにすれば下手したらスマホを購入するよりはお得という計算になる。
ということで、安い機械を購入。オトクという言葉につられて白い携帯に譲歩した点がそれってどうよ?って感じがしないでもないが。。。。
とにかく来月ぐらいにタブレットを購入しに出かけようと思う。

ついでに言うと、今までの携帯はなんと4年7ヶ月使ったらしい。
「ウソでしょ?  そんなに前だったか?  そんなばかな。。。。最近のはず。。。。。」
と、ボケの初期症状まで発症する始末である。


今日の一枚。
池を見て腰が引ける腰抜けさくら。
水に入ってもいないのに怖いわけないだろ?
そういえばあなたのと~ちゃんの恭平も池を見て腰抜けてたな。。。。


c0057041_0135322.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-28 00:14 | その他
New York Times

今日の一枚。
当たり前に過ごせる日々が一日も早く取り戻せますように。。。。。


c0057041_1115746.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-15 12:00 | その他