「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
一陽来復
易経の地雷復は行ってしまった陽が又戻ってきた。しかし、芽生えたばかりのこの陽は力が微弱なので安静を持して陽が大きく育つのを待たなくてはならない、というような意味だ。そこから一つの陽が来り復することを、一陽来復と言う。もちろん何事をなすにも進んでいいと解釈する。
思えば人生はこれの繰り返しだ。いいことばかりは続かないし、悪いことばかりも続かない。ただ人間はとことん我侭に出来ていて、いい時は短く感じ、悪い時は長く感じる。そして悪いことが多く続くと、投げやりになり自暴自棄になりがちだと思う。
この先を悲観するのも判らないでもない。もちろん私にも何度か経験のある状態だ。良いことが続き、人生が順調であればあるほど、それは何時までも続くと思う。自分は運がいいんだ、と思い込むのもこういう状況の時だと思う。
しかし、とことん悪い状態はそれ以上悪くはならず、陽気がやってくる。それに気がつくかつかないかは人により、運が悪い時期には陽気を見逃しやすい。そして、運が悪い人間だと嘆くだけの人になる。特に我侭の多い人こそこの陽気を逃しやすい傾向にある。




以下、眠くなたので続きは明日
おやすみなさい


あ、おまけ
c0057041_0315764.jpg

私のひざの上のジュディー
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-30 00:32 | 易経
入院
叔父が明日入院する。前に叔母と話をした時には癌が3センチと言っていた。今日叔父は昨年の手術後、肝臓が3センチしか大きくなっていないと言う。一体どっちが正しいのか・・・・・どちらにしろ3センチという数値に狂いは無いので、何かが3センチ変化したのは間違いない。

明後日に主治医から手術や状況の説明があるらしいが、できることなら私も聞きたい。しかし、私がそこまででしゃばることは良いのか悪いのか・・・・
叔父は来なくていい、と言った。もちろんお見舞いにもわざわざ来なくていいと言った。


又、叔父の家で楽しい笑い声と共に会話できる日が来るはずだ。
今日は父の命日だった。
そして明日は祖母の命日でもある。
父も祖母も叔父が無事に退院できる事を望んでいるはずだと
勝手ながら解釈した。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-28 00:16 |
地球温暖化
昔、アラスカの氷河を見に行ってきた。グリーンかかった青いあの氷河は壮大で美しかった。時々崩れ落ちる氷河が湖に落ちる時のあの迫力もすごかった。
氷河の氷が解けると海に沈んでしまう国もあるという。確かに避けなければならない問題だが、あの美しい氷河が解けてしまうことももとても寂しい。

アルプス山脈で発見されたミイラが5000年ほど前の人であると判った。問題は氷河が解けたためにこのアイスマンが発見されたという所で、それだけ温暖化が進んでいる。
偶然出来た地球という星にわれわれ人類が出来て今がある。地球という星が偶然出来た物なら、私たちが今ここで生きているということも偶然、というような話を聞いた事がある。しかし、このアイスマンが5000年たった今発見されたことは偶然ではないのだろう。
それにアイスマンが5000年前の人だったということが重要ではなく、5000年経った今発見された事が大切なんだと言っているのかもしれない。

ふと、私のH・Pで偶然知り合った事が大切なのではなく、今こうして友達であることの方が大切なのかもしれない、友達だって知り合ったのは偶然かもしれないが、今友達であることの方が重要なのかと思った。

偶然今の時代に生きていて、偶然今の友達と知り合い、今の自分がある。問題はいかにそれらとより良い関係を持つかではないだろうか? このまま温暖化が進めば、氷河が溶けて地表面積が少なくなり、今まで仲の良かった友達と台地を取り合う事だって考えられる。資源を食いつくし取り合う事だってありえる。暑くて皆が涼しい場所に移動し、場所の取り合いになるかもしれない。私は暑さが苦手なので真っ先に移動して陣地を取るつもりだが、意地の悪いおばさんに乗っ取られるかもしれない。そう考えると少しでも良い人間関係を持ち、少しでも多くの経験をするには、地球の状態だって良くないといけないんだなぁ。。。。。。。
と、とめどなくそんなことを考えた一日だった。
以下、参照
氷河から甦ったアイスマンの真実


ついでに言うなら、恭平、ジュディー、さくらが私の愛犬となったことは偶然かもしれないが、そんな愛犬たちとより良い生活をする事の方が大切なんだろう。。。。。。と思ってみたりする。やはり白髪の出始めたジュディーを走るのが遅いと責めるのはやめよう。

c0057041_164471.jpg

c0057041_1642996.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-27 00:38 | コラム
最近、お茶をノンカフェインにしてみた。昼間に眠気が襲うのはこのお茶のせいだろうか?
私は眠りが浅いのか、夢を見ることが多い。非常につまらない夢から、楽しい夢、時に意味不明の夢もある。
最近は少なくなったが、父と恭平の夢も良く見る。
しかし、気になったのはやはりモーニング親父さんの夢だ。詳しくは省くが、会ったことのないモーニング親父さんがキムタクそっくりのイケメンだったという夢だった。私は声を掛けれずにいた。
意味不明の夢であるようだが、結構意味があるかもしれない。掲示板で会っても実際には想像でしかないが、とても身近に感じているし会えるのを楽しみにしている。日々の生活にいつの間にか浸透している存在だと思う。
しかし、現実には私が思っているより遠くの人なのかもしれない。それはニュートリノとか何とか言う私には到底理解の出来ないだろう言葉に関係した仕事をされていて、私などが友達感覚でで物申す立場ではないのかもしれないとふと思ったのだ。実際には雲の上の人だったなんてことだってありえる。
どちらにしろ、自分の作り上げたモーニング親父像の評価をもっと上げないと失礼であるのは間違いない。

しかし、すぐ目の前で見たロン毛のキムタクはかっこよかった。



おまけ
夕方散歩へ行ったら、さくらが急にいなくなった。探していると溝の中を歩いてるさくらを発見。一体何を考えているのか? ま、楽しそうだからいいが・・・・・
c0057041_15571354.jpg



そして疲れて帰ってくるとさっさと寝る。羨ましい動物だ。ジュディーも撮影しようと思いカメラを構えると目を開ける。どうして判るのだろう?

c0057041_15573732.jpg


臆病なジュディーは私から離れないように歩いていた。どこかおどおどしい表情がいかにもジュディーらしい。

c0057041_15575920.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-25 00:37 | その他
心遣い
今日はあ~や、つっちー、やねっちと4人でランチ。

やねっちには最近辛い事があり、数日後つっちー、あ~やとお見舞いに出かけた。やねっちはとても心遣いのできる人で感心させられる事が多い。
そのお見舞いに出掛けたときに、気持ちだけの手土産を持って出掛けたが、今日元気になったからと私たち3人にお返しを渡してくれたのだ。

困ったときに助けたいと思うのは友達なら当然の気持ちだが、それを友達に向ける時のタイミングや大きさは結構難しい。私はデキの悪い人間なのでいつもこれで迷う。何処までしたらいいのだろうか?何をしたらいいのだろうか?と。 

誰かを支える、助けになるという事ほど難しい事は無い。父の闘病を支える中で何度もその難しさを経験し、何度も悩んだ。しかし、明るい笑顔や「元気になれた」という言葉は唯一救いになる。今日のランチで明るい笑顔を見せてくれて、「元気になれた」と言ってくれた時、やねっちに救われた気持ちになった。
やねっちありがとう。

そのランチでの事・・・・・
近所の人がテレビの取材に応じて番組に出るためその番組を録画するように母に頼まれていた。ところが録画をすっかり忘れてランチを楽しんでいた。そろそろ帰るというときそれを思い出し、騒いだ。鬼のように怒るだろう母の顔を想像し避難先にあ~やとつっちーとやねっちの家に泊めてもらう約束もした。これで3日は避難できる。
母になんと言い訳をしようかと考えたが、とにかくその出演する近所の人にビデオが無いか泣きついた。すると、国会中継で番組は延期だと言う。は?早く教えてよ。
あれだけ騒いで皆に迷惑をかけた上、ドタバタと言い訳探しに奔走し、要らぬ体力も使った。

全く虎の尾を踏んだが襲われなかったとはこのことだ。
情けない・・・・・



耳が上
c0057041_15484792.jpg

耳が下
c0057041_15491056.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-23 00:02 | その他
お花が手に入り、早速お墓参りへ行ってきた。相変わらず、父が眠る場所とは認めがたい。

父ともよくお墓参りには来ていた。最後に行ったのは平成14年12月1日だった。お稲荷さんへ一緒に出かけその帰り道に寄ったのだが、今でもあの時の光景は覚えている。もちろん愛犬3匹も一緒だった。時々この時の事を思い出しながらお墓を掃除している。

お墓に着いて掃除をしていたら、下のほうから父にとてもよく似たタイプの人が花を片手にやってきた。白髪交じりで肩幅のがっちりした人で元気な頃の父を思い出させる。
しかし、それで終わらなかったのは2匹の愛犬だった。その人を見た途端、パタッと動きを止め、じっとその人を見ている。驚いているという感じだ。すると、さくらは尻尾を降り始め猛ダッシュでその人の所へ走って行ってしまった。ジュディーも「ワンワン」と吠えながらその人の下へ走っていく。

その男性は犬が好きだったようで「可愛いですね。それに始めてみる私にこれだけ喜んでくれるなんてなつっこい性格なんですね」と声をかけてきた。足元で必死にその人の匂いを嗅いでいたが、声が聞こえた途端動きが止まり尻尾は下がった。

「すいません。ここに父とよく来ていたのですが、多分父と間違えたのだと思います。今日はその父の元へ来たのですが、この子達にとってはまだ戻ってくる存在みたいです」
と言った。
「そうでしたか。私は犬が好きなので全然構いませんよ。しかしお父様は喜ばれますね。こんな可愛い子達が会いに来てくれるんですから」と言った。

花を変えながら父に「ジュディーやさくらに挨拶もなしに行ってしまうから、探してるじゃないの」と涙がこぼれそうになった。そんな私に気がついたジュディーは私を一生懸命になめた。
「ごめん。ジュディー。とーちゃんは戻ってこないからね。許してね」としか言えなかった。

ジュディーとさくらは今父が何気なく戻ってきても、いつもの明るさで出迎えるだろう。もちろん恭平が戻ってきても、きっと恭平のお尻を枕にお昼寝をするだろう。
父が最後に家を出てから今までの間、父は戻ってくると思っているからこそ、父と恭平を探さないのだろうか? そんな気がした。
父と一緒に入っていった父の部屋には、2匹は入って行かない。それは一緒に入っていく父がいないからだろうと思う。これもやはり2匹は父がいつか戻って来ると疑っていないということなのかもしれない。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-21 23:00 |
性格
たかが犬と言ってもとても色々な性格があり、又犬ほど色々なタイプのある動物もいないかもしれない。ジャパンケンネルクラブによると、世界の犬は10に分類されるということだ。ダックスフンドは第4グループに属している。例えば第3グループのテリアは31犬種。第7グループのポインティング・ドッグは11犬種ある。しかし、第4グループのダックスフンドだけは1犬種のみだ。しかしその1つの犬種が6つに分類される。普通は一つの犬種だとしても色が違うとか大きさが違うなどはある。ダックスは大きいのから小さいの、毛が長いか短いか、縮れているか、色が一色か数色か、と豊富な種類があり性格も色々あるようだ。スタンダードのダックスの方が性格が温厚であり、カニンヘンは神経質だと聞いた事がある。
しかし、これだけ様々なタイプのダックスフンドがいるのだから色々な性格があって当たり前かもしれない。

先週、親友のあ~やが家に来た。さくらは異様にあ~やが好きだ。恭平が生きていた頃はあ~やは恭平の親友だった。あ、違う。恭平があ~やはボクの親友だと勝手に思っていた。その態度を見ると判るのか、あ~やと恭平の間にさくらとジュディーは決して割り込まず恭平があ~やに甘えるのを離れた所からじっと眺めていた。所が恭平がいなくなったとたんに、さくらはあ~やは自分の親友と錯覚し始めた。
このとき、玄関先で話をいていただが、2匹が会話に入ってこようとするため邪魔になり「ハウス」と言った。自慢じゃないが私が「ハウス」と言うと必ず大人しく部屋に入っていく。所があ~やがいると絶対に私の言う事を聞かない。私が「ハウス」と言うと私をチラッと見て私の足に思い切り頬擦りをして「ね、そんなこと言わないで。あ~やは私の友達なの。一緒に仲間に入れて」と態度に出す。私があきらめて「判ったからいい子しててよ」と言うと思い切りあ~やに甘えに行く。あ~やもさくらを可愛がってくれるので、調子に乗ったさくらは何時までもあ~やから離れない。その時ふと気がついた。ジュディーがいじけて玄関の隣にある和室にポツンと座っていたのだ。自己表現の下手なジュディーはいつもこれで損をする。
もちろんジュディーを呼んで、中心に入れてナデナデしてあげた。一気にご機嫌が直った。

2匹だけでもこれだけ性格に違いがある。
ひょっとしたらダックスは強烈に個性を持っていて、他に仲間に入れる犬種が無いためグループ分けしても仲間がいないのかもしれない。
人間で言うなら、変わり者という事になる。孤独でもある。
まるで私そっくりだ。。。。。。。
c0057041_15461935.jpg

ジュディーは走るのが遅い。しかしカメラに収めれる程度に走って欲しい・・・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-20 00:26 | 愛犬
山風蠱
叔父の癌が再発をした。あれだけ綺麗に取り去ったはずの物が又動き始めたと知ると、非情に気持ちは落ち込む。特に体力も戻りつつあった所で、まさか再発をするなんてと、不意をくらったようで、叔父も相当落ち込んでいる。
癌が再発をしたということより、大丈夫と思っていた矢先の事だった。7合目まで上っていった山を引きずりおろされ一番下から山の頂を恨めしく思うようなものだ。おまけに、引きずりおろされたときに足を擦りむいて痛みがひどい状態だ。その擦りむいた足は心の痛みを表している。


易経の中に「山風蠱」というのがある。蠱は虫を表し食べ物に虫がわいて食べ物が腐った状態のことだ。誰もが忌み嫌う状況でもある。しかし、この状態は喜びに浮かれていて気がついたときには物事が腐敗していたという事で、つまりは誰の身にも襲い掛かる可能性のある状態なのかもしれない。
不思議なことにこれだけ悪い表現をしていながら「大川を渡るによろし(大きな川を渡るような事もO.Kで願いは叶う)」という。つまり、壊乱し腐敗した状態は、又治まっていくというのだ。それには条件がある。心を新たにし事を丁寧に運ぶと言うことで一気に元に戻そうと思わなければ願いは叶う。

叔父の再発を聞いたとき、この虫を思い出した。叔父に大してではなく私に対してなのだが、私は手術が成功し癌がとりきれたと聞いたとき、浮かれた。心のどこかに再発という事はあったが、叔父が日に日に元気になっていくことに浮かれていた。転院したことも本当に良かったと思い、おまけにいい先生に恵まれた幸運を喜んだ。しかし、足元では虫がわき始め数も増えていく。私はそれに気がつかず、叔父に会いに行くのはいつにしようかと浮かれ調子は続いていた。しかし、その虫に気がついた時に心が沈んだ。最悪の場合も想像してしまい励ます言葉も見つからない。自分の心が対応できずにわいた虫を呆然と眺めている。まさに虫がわき腐った状態は私の心の中を表している。

しかし、心を新たにし丁寧に事を運べ、という言葉が励みになる。今まで以上に心の持ち方を丁寧に、これからの対応を間違えないようにするべきだろう。
いや、そうしなくてはならない。
とにかく叔父の手術が成功する事を願っている。
それに叔父は私の強い父の弟だ。間違いなくこの苦難を乗り越えることが出来ると信じている
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-18 00:20 | 易経
幸せ
Yさんからメロンが届いた。この上なく幸せだ!!!!!
一日に1個は食べてしまうほど大好物だ。

美味しいものを食べると、恋愛、まずいものを食べると、失恋したときの脳波動になるらしい。
それほど美味しいものを食べるということは、心の健康にもいいのだ。

そして、久し振りにYさんの声を聞き、やはり幸せな気分になった。
Yさんの暖かい声と、笑い声はいつ聞いてもいい。


Yさん、ほんとにありがとー!!!!!
あ、ウォーキング中お邪魔してごめんねぇ。



☆☆★2匹が並んで走ることは少ない。
たまたま並んだ姿をGetした★☆☆

c0057041_17234284.jpg

@拡大画像はアルバムへ移動
[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-14 23:47 | その他
いつまでも若く健康で
ジュディーに白髪が増えてきた。悲しくもあるが、老いは誰のみにもやってくる。最近沢山の写真を写しているが、気がついたことがある。ジュディーがあまり走らなくなったということだ。さくらのように走り回って喜ぶというより、のんびりと歩いて嬉しいようで、ここでもジュディーの年齢を感じる。しかし、老いを防ぐには適度な運動と食事に気をつけるのが一番いいと私は思っている。


この誰の身にも襲ってくる老いを少しでも遅らせるためか、健康に対する番組が流行っているようだ。以前、にがりがテレビで放送されたとき、母がその番組の情報を信じ買いに出かけた。所が残りが1つだけだったらしい。母の友人が体に良いなら欲しいと、母の後から買いに行った。が、なんと入荷まで1ヶ月待ちと言われたらしい。今では有り余る程店頭に並んでいる。母も最初に購入をしたきり、今では目もくれない。そういえば、足を機械に乗せると左右に動き、全身がプルプルするあの機械もうちの倉庫に眠っている。
そして、ダイエットに良いと放送された寒天を購入する気らしい。少し前はアミノ酸を購入した。もちろん今はアミノ酸のアの言葉も出てこない。やせなかったかららしいが。。。。。
楽してやせたい。健康になりたいと思うのは誰でもかもしれないが、ある3つの症状に対しての薬を発見したらノーベル賞ものだと言う。それを知ってはいても「なんとかして」と切実になるほど情報に流されるのかもしれない。
経済の活性化に一役買っていると思えば害毒ではないかもしれないが、我が家にある健康に良いもの、ダイエットに良いもの商品はどこまで増えるのだろう?
今日はアガリクス入りドッグフードなるものジュディーとさくらに買ってきた母だが・・・・・・


そして、母が私に言った。「やせていると貧乏臭いと細木数子が言っていた」と。



c0057041_17162288.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2005-06-14 00:36 | 愛犬