タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
風水渙(ふうすいかん)
渙は散る、散らす、解けるという意味がある。
風が水の上に吹いて水面にさざなみが立ちそれが散る様子を言う。
一般的にこの卦は吉である。

散るとか、解けるというものの中には悩みが解ける、という場合と集まっていたもの、例えば喜びなどが散っていく場合がある。良いものも悪いものも集まればいつか散る。
この場合の渙は一度散ったもの(喜びや今あるもの)を集め、さらには散ったものを再度結束させる事を心がけるなら願いは叶う、と言っている。
ただ、易はそういう時も正しい道を歩いて志が正しいのならという条件をつけている。



普通、悩みや苦しみなどは解決の道さえあれば解けて散っていくけれど、あるべきものを守って行くには今以上のパワーがいる。だからこそ、そのパワーを持ち前に進むのなら「願いは叶う」と言ってくれている気がする。
凡人の私は、解けて散っていく幸せを呆然と見ているだけなんじゃないかと思うが、そこで離散をさせない強い意志で踏ん張る事が必要なんだよなぁ。。。。弱いからなぁ、私は・・・・



今日、拉致被害者の家族の方がアメリカ大統領との面会をすることになったとニュースで言っておられた。そのコメントで「これでもう少し頑張ろうと言う気持ちになりました」とコメントされた。

長い年月を闘い続けるには私の想像を超える強い意志と忍耐が必要であったに違いない。私はずっとこの方は自分の家族のことだから頑張れるんだ、くじけるなんて無いんだろうなぁ、と勝手に想像していた。しかし、長い年月の間にはくじけそうになったり、あきらめかけたり、頑張ることをやめようと思う日があったに違いないと思った。
自分の中で「頑張っていく」気持ちが解けて散っていきそうになった時、再度結束させるには相当のパワーが必要だっただろう。しかし、結束させるそのパワーは今まで以上に強い力となり、活動の原動力にもなっていくのかもしれない。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-27 23:45 | 易経
ヘルニア
現在は完治と言っていいと思う。いつ再発するか判らないのがヘルニアの厄介な所だけれど、今は激しすぎない運動をしている。
ただ・・・・久し振りに運動をすると人間でもしんどいように犬でもしんどいのか、散歩の途中で直ぐに抱っこをして欲しいとせがむ。それとも甘え癖なのか抱っこ癖なのか? 今は走る事も出来るし痛がらないし、決してヘルニアの症状からの抱っこではないと思う。
しかし、念のために抱っこをして歩くのだが、重くて大変。途中で座って休憩したが、楽してるさくらはどんな顔してるか見てみたくなった。するとこんな顔↓
c0057041_2305242.jpg



寝てるのかよ!!!! と驚いたとうか呆れたとうか。。。。。。
ま、元気になったからヨシとしておこう。
ダイエットも300グラム減量。 ええじゃないの? 大体、痩せてもらわないと抱っこした時にダランと力を抜くさくらは重くて仕方が無い。

今日「さくらのデブ。おっきなおちりでみっともない。まだまだデブだからちゃんと痩せなさいよ」と説経をこいた。
すると母が「デブ、デブ言うな!!!!!!!」と私を叱った。なぜだ? 別に母に向かって言ったわけじゃない。しかし、心の中で「大きなお腹だ。順調に肥大をしている。母もダイエットをするべきだ」と思っているのは本当であり、母の怒りに反抗できなかった。

これからは、「デブ」という表現を慎もう。肥満でどうだ? これなら母の神経にもさわらないに違いない。
「さくらは肥満」中々響きもいい。うん、そうしよう。



そんな事を考えるより、痩せて元のスタイルの良いさくらに戻すのが一番だ。
そうだ。そうしよう。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-24 23:12 | 愛犬
”うちの子が一番”を疑う瞬間
近所にサブちゃんという柴犬がいる。前に話したかもしれないが、飼い主であるご主人が脳梗塞で入院される前は手のつけようがないやんちゃ坊主だったらしい。
所が、ご主人が退院されリハビリの成果が出て随分と歩けるようになった。そこでリハビリに散歩を追加したいが一人で歩くのは退屈なのでサブちゃんを連れていこうとした。が、家族はこのやんちゃなサブちゃんを連れて歩いたら転んだりして危ないと猛反対。しかし、ご主人はじっと見つめるサブちゃんを連れ出した。
すると、ご主人に歩調を合わせ、ご主人が止まると止まり、道ですれ違ったワンちゃんには目もくれずじっと横についている。見事にご主人のパートナーとなった。

ご主人もサブちゃんがいてくれたからここまで良くなった、ととても喜んで話された時、深い絆で結ばれた絆のオーラが出ているようだった。


うちのジュディーとさくらがサブちゃんに初めて会った時、怖いかったらしく近くにも寄らず、私に抱っこを迫る始末だった。
所が、何度も会っているうちにジュディーとさくらはサブちゃんを怖がなくなりじっとサブちゃんとご主人を見つめている。ご主人はいつも「この子達は可愛いね」と声をかけてくれ少し不自由そうに手を出してなぜようとまでしてくれる。所が、2匹はご主人に近寄らない。普通ならしっぽフリフリで可愛さをアピールするが、しっぽすら振らずじっとサブちゃんとご主人を見つめている。
どうやら、サブちゃんとご主人の深い絆を感じとっているようだ。いくら自分が愛嬌を振ったところでサブちゃんにはかなわないと思っているフシもある。


ある日、珍しくさくらがサブちゃんにそっと近づきサブちゃんの匂いを確認しようとした。その時サブちゃんは動じることなくじっとしていて、さくらはちらっとサブちゃんの顔を見上げた。「あなた、どうして動かないの? ほんとに犬なの? じゃ、もっと匂い嗅いでいい?」と確認をしているようだった。サブちゃんは誰に何をされてもご主人から離れず、その姿は勇敢でもある。

今日、サブちゃんとご主人に散歩の途中で出会った。少しご主人が疲れた様子で道の低いブロック塀に座っていた。サブちゃんはもちろんその横にじっと座っていた。
そして、いつものように「可愛いね」と声をかけてくれた。そして「元気だからいいね」といつも笑顔のご主人はさらに笑顔でつぶやいた。

サブちゃんとご主人と別れた後、そっと振り返るとご主人がサブちゃんに話しかけ、そのご主人の顔をサブちゃんが優しそうに見上げていた。
この1匹と1人にはかなわない。うちの子が一番と思っていたけれど「サブちゃんは最高のわんこだ」と感じた瞬間でもあった。


そういえば、ご主人が「この子は私の恩人だ」と言っていた。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-20 23:51 | 愛犬
行動編
私がキーを持つと玄関で待機
お化粧をすると玄関で待機
ペットボトルにお水を入れると散歩モード
リードを持つと頭を差し出して「つけてちょー」とする
私がキッチンに立つと上から落ちてくる食材を待つ
朝、私が牛乳を忘れると冷蔵庫の前で待機
おやつが欲しいとジャーキー置き場の前で待機
甘えたいとお腹をおっぴろげて手招き
   で、手を止めるとあの短い手で私の手をお腹に持っていきさすれと催促
「あれ?」というとテーブルの下に隠れる
でも怒られないと思うとお腹をおっぴろげてしっぽを振る
完全に叱られると観念したときは言われてもいないのにお手をする
母と二人で出かけるとき、私に「留守番」と言われると母にありったけの愛嬌をふり
  「留守番手言われたけど一緒に行きたいのいい?」と催促。
  事実、私が留守番と言っても母が「いいじゃないの、連れて行きなさい」と
  2匹を連れ出すのでそれを期待した行動
爪切りを出すと隠れる
足を拭く時ジュディーを先に拭くとさくらが邪魔をする。「私を先にしてよ」という意味
寒いとき「ひざ掛けをかけて」と手招き(さくらのみ)
おトイレに行きたいとドアをガタンガタンする(ジュディーのみ)
リードの入れてある所に手をかけると興奮
知っている言葉を聞くと首をかしげて聞いているフリをする(ジュディーのみ)
朝目覚しが鳴り私が止めないと止まるまで時計をかじる(さくらのみ)
「ボール持ってきて」と言うと探し回るが持って来るのはボール以外(ジュディーのみ)
散歩コースを覚えていて、コンビニコース、郵便局又は銀行コース
     等あるが最初に曲がった所で判断し私より先に歩いて案内
車で散歩へ出かけるときは判っていて車のドアの前で待機(ジュディーのみ。さくらはおおはしゃぎで、車に乗る前に走り回ってから乗る。乗った時にはゼーゼー言っている)
ご飯が欲しいとお茶碗をガチャンガチャン(ジュディーのみ)
お水が入っていないと器をつつく(お水を切らすなんて悪い飼い主だ)
カメラを出すと私から離れる
カメラを向けると横を向く
   (いずれもカメラ拒否の態度)


ちょっと待った。
上げていたらキリがないのでこの辺りでやめよう。


毎日一緒に生活をしていると犬も知恵がついていく。それらは大体が自分に都合の良いことばかりであり、いかに自分の要求を飼い主に伝えて快適な生活を送ろうとする動物かが判る。
そこで何でも言う事を聞いていると要求はわがままに変わっていく。
ただ、うちの2匹の場合は飼い主がどこかヌケているので、犬の方が賢くなっていった。何でも完璧にこなす飼い主さんの元で生活しているワンちゃんと比べると不自由もあるだろうが、そこは運命だと思ってあきらめて欲しい。
その代わり2匹が楽しいと思ってくれるなら散歩中にこけたって、川で転んでずぶぬれになったって私はめげない。顔のあざももう一度こけても大丈夫なほど綺麗に治ってきたのだし、まだまだ一緒に走ってあげられる。
欲を言うなら・・・・カメラを向けたときはカメラ目線でにっこりしてもらえるなら最高だ。



今年で10歳になるジュディーも、益々恭平に似てきたさくらも元気でいてくれる。
これからも2匹と共に、共に幸せだと思えるように過ごしていきたい。
今はいない恭平、さくらが大好きだった父の分も楽しく過ごしていきたい。



ダイエット。300グラム減量成功。やったー。でもまだまだだ

<おまけ>
ほとんど同じ体重なのにヘルニアにならないジュディー
c0057041_0144813.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-19 00:15 | 愛犬
理解している言語リスト
2匹が理解している言葉は多いのか少ないのか判らない。ただ、犬という動物は自分が上手く立ち回るために自然と言葉を理解していくのは確かだ。

好きなことを理解する能力は人間の想像を超えている。もちろん飼い主である私が2匹に向かって話しかけているためだが、言葉がなくても飼い主の行動を観察していてそこから次に何をするか、と状況判断する能力も持ち合わせている。


ジュディー・さくらが理解している言語リスト

散歩      留守番      一緒に行く     ご飯     ジャーキー
さ○(あるメーカーのおやつの品名)       牛乳      チーズ
お水      お風呂    寝る(布団に入ること)      おやすみ(目を閉じる)
ボール(ジュディーのみ。さくらはボールに興味なし)
抱っこ     ダメ      いい子だね~      可愛い      おうちへ帰るよ
こっちおいで         待て        お○っこ         こらっ
足拭き(手を上げる)
乗って(車に乗る事)
紐(母がいつも散歩へ行く時に「紐つけて」というのでリードの事を紐と覚え頭を差し出す)
よし(オッケーの意味。場面に限らずダメと言われると行動を止め、よしと言うと行動を再開)
ねんね(私が抱っこしている時に言うと抱っこされたまま甘えたポーズ。さくらのみ)
来た(玄関に来客と思い玄関に突進する)
行け(獲物を追いかけさせるときの合図。獲物はすずめ、猫、状況に応じて変化する)
誰?(怪しいヤツが来たと警戒する)
シー(吠えるのを止める。ただしさくらに限る)

以上、思いついた言葉だけでこんな感じ
<注>お手、待て、お座りは除外

後日、行動編



風邪の強い春の日。黄砂でどんよりした空だった
おまけに機嫌が悪い表情。「又、カメラ? 早く終わってよ」
c0057041_0251227.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-15 00:28 | 愛犬
200グラム
c0057041_072988.jpg
さくらの体重は100グラムしか減っていないと思っていたら、200グラム減っていた。嬉しい。。。。とは言ってもまだまだ目標体重には程遠い。

病院の処方食である、カロリー調整フードを購入。市販の商品が二つかえるじゃん。もー、早く痩せてよねっ!!!!!頼むよしゃくらしゃん!!!!!



ジュディーはどうもチーズアレルギーなので、チーズは上げないようにしていた。弟が数日前にグラタンが食べたいといい、チーズを買ってきた。作るのは私なのだが・・・・
で、グラタンが出来上がりチーズを乗せて焼こうと思ったその時、うっかりチーズを床に落とした。そこにはさくらが・・・・・どうも匂ったらしく足元に来て落下してくるのを待ち伏せしていたようだ。
私がキッチンに立つと2匹は必ず落下物を待ち伏せする。2匹は私が料理をすると何か落とすと知っているのだ。落とす私が悪いのは知っているが、落ちるものは仕方ない。

で、そのチーズの残りは冷蔵庫に保存。さくらはそれを見てもうチーズが落下してこないと判断。足元から離れていった。

今朝のこと。
いつものように牛乳を要求するため冷蔵庫の前に。もちろん上げた。所が又冷蔵庫の前に座る。 なに? 私には判らない。
しかし、さくらの目は強烈に訴えている。ん~、なんだろう?

こういうときは会話が一番だ。 
私「さくら、なにが欲しいの? 牛乳?」
さくら「・・・・・・・」
私「ジャーキー?」
さくら「・・・・・・・・」
私「お腹空いたの? ご飯?」
さくら「・・・・・・」
私「なにが欲しいか知らないけど沢山食べると太るからダメ。判った」
さくら「ク~ン・・・・クン(かなり小さい声)」
私「一体何なの? まさか・・・・チーズ?」
さくら「しっぽはお尻と共にフリフリ・・・・・」
負けた。私が忘れていたチーズをさくらは覚えていた。

その時ジュディーはデッキで曇り空を眺め「今日は雨が降るのかなぁ。つまんないなぁ」
と大あくび。

犬もさくらのようになってくると、恐ろしい。
ジュディーのように抜けたところがあるぐらいで丁度いい。


今日の一枚。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-14 00:29 | 愛犬
削り節
だしをとった後の削り節の活用方法としてふりかけはいかが?

1.削り節を細かく刻んで水気を絞る
2.じゃこ、梅干、明太子などお好みの具を細かくして削り節と混ぜる
3.お皿にキッチンペーパーを敷いてその上に1の削り節を広げる。
4.レンジに入れて30秒加熱。
5.水気が飛んでしまったらふりかけの完成。

保存もきくし残り物を活用できるのでとってもお勧め。

ここで愛犬たちは削り節が好きであることを発見。
試しに、削り節+じゃこという組み合わせでふりかけを作った。
そしてドッグフードにかけてみた。
平らげた。。。。。。。え?もっと欲しいって?
あなた達は猫か?

試しに一口分のご飯にふりかけをかけてあげたら、ご飯だけ残した。やっぱ犬だ。。。。。


でもお肉や野菜を煮るより手間がかからないし、いけるかも。
これで野菜バージョンを作ったらダイエットにもなりそうだけどどうかな?

ただ、塩分は抜けているので心配ないと思うけれど、削り節が体にいいのかどうか調べてみる必要がありそうだ。




そしてダイエット・・・・
一向に体重は落ちず。
昨日のこと、ダイエットダイエットとうるさく言う私に母もダイエットを始めようと思い立ったらしい。まずご飯の量を減らすため、お茶碗を小さくした。
しかし、おかわりしただろ? それじゃ意味ないと思うが、そう言ったら反撃を食らいそうなので見ないふりをした。



参考写真
ヘルニアかもしれないと思ったきっかけはこの一枚。
背中を丸くして歩いているし、しっぽを下げている。まさかヘルニアになるか? と思った。この頃、痛みは無かったけれど注意することにした。案の定、10日ほどして痛みが出た。
一応参考までに
c0057041_2339302.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-11 23:41 | 愛犬
Happy Birthday to Sakura!!!!!!!
c0057041_2334334.gif



さくらちゃんへお祝いの言葉を送ります。

「さくら、8歳おめでとう。
いつもしっぽを振るときに、お尻まで振りまくる所は幾つになっても可愛いです。
ただ、あんまり振りすぎるとヘルニアが悪化するので愛想良くするのも程々にしてください。

「抱っこして~」と甘える所も幾つになっても可愛いです。
でも、あなたは太ってきたので抱っこする私は大変です。甘えるのも程々、おやつも程々、ダイエットは思いっきりお願いします。

寝る時に大の字で寝る姿は幾つになっても可愛いです。
お父さんの恭平も大の字で寝ていましたね。でも、お父さんは布団の中で横向きに寝て私を布団から追い出すことはしませんでした。どうしても横向きがいいのなら仕方がないけれど、後ろ足を私の顔にぶつけないよう気をつけて下さい。

とにかく、元気に走り回るさくらが私は大好きです。
幸せそうな顔で日向ぼっこをするさくらが大好きです。
これからも、ずっとさくらのことが大好きです。

最期に、お母さんのジュディーとずっと仲良く一緒にいられますように・・・・
         いつまでも愛嬌があって元気でいられますように・・・・・・

             幸せな夢を見ながら眠るさくらへ

                             さくらが大好きなさくらママより
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-10 23:28 | 愛犬
かっぱさんのひざの上
今日は親友のかっぱさんに渡すものがあったので渡しに出かけた。軽い散歩をしようと思いジュディーとさくらも一緒に連れて行った。
かっぱさんは時間があるからお茶でもしようかと言ったが、2匹がいるので結局私の車の中でオチャを飲んで少し話をした。
かっぱさんの顔を見るなり喜んだのだが、ちょっと不満らしい。本当はかっぱさんも一緒に散歩へ行けるのだと思ったようで、かっぱさんのひざの上にジュディーが座りさくらは肘掛に座り車が走り出すのを待っていたようだ。ところがいつものように二人は話し込み、一向に出かける様子はない。徐々に2匹は不機嫌に。

途中でしっぽを振って「散歩は?」と言いたそうしてみるが私に軽くあしらわれ不機嫌さはさらに増す。こうなったら話が終わるのを待つしかないと思ったのだろう、バックシートで丸くなって昼寝を始めた。こういうときの昼寝はほとんど寝ておらず、私が後ろを確認すると見ていたかのように目を開ける。その視線には「不満」が・・・・・・怖い

「全くこの二人が一緒だといつもお話ばかり。早く散歩へ行こうよ。私は待ってるのよ」と人間だったら言っていただろう。一向に散歩へ行かない私たちに愛想をつかしたのか、さくらが私の座っている運転席の足元で寝始めた。今までにその位置で座ったこともないし、ましてや眠ったことなど一度もない。いやみな態度だ。
ジュディーはかっぱさんのお尻を押しのけ、自分の低位置を確保。「も~、散歩へ行かないならそこをどいてよ」と人間なら言っていただろう。失礼な態度だ。

そういう2匹に「ごめんね。散歩行くの待ってるよね。じゃ、私帰るから行ってきて」と言う。人間を譲歩させる技術を持っている2匹は非常に徳だ。私がかっぱさんに「ねぇ、私散歩行きたいのよ。早くお話止めてよ」などと言ったら友情が壊れるどころか、パンチを食らわされて失神だ。

お互い予定があったので話を切り上げて別れたが、2匹はほくそえんでいるように見える。
そして、さくらの花の下少しだけ散歩。帰りの車の中では上機嫌だった。
後はかっぱさんにお茶でもおごれば全てが丸く収まるだろう。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-08 00:32 | 愛犬
ちょっと重い話
ある医師が人工呼吸器を外したということでニュースになっていた。それも一人の患者ではなく複数の患者さんに対して行われたということらしい。
私は個人的にその事を批判したり肯定したりはできない。
ただ、一人の人が人生を終えようとするとき、それはそれは大変であり見ている方も辛い事実は知っている。
尊厳死という言葉もとても深くデリケートな問題で、一言で言い表せるような事ではなくひょっとしたら長年考えても結果は中々出せない問題か知れないと思う。
ただそれは、自分の身内や大切な人に対して考える時、より深くデリケートな問題になっていくのではないかと思う。

本当は大切な人が人生の終わりに近づいた時、辛い、苦しいという事実を見なくてはならない。その辛さ、苦しさを「見て知る」事から本当の意味で、命の大切さ、尊さを知るのかもしれない。そして、その辛さ、苦しさを見て知っているのなら簡単に人の命を消してしまう事など出来ないはずだと思う。
ひょっとしたら死があって生があるのかもしれない。
その死から目をそむけない事は勇気がいるけれど、もし自分が最期を迎えるとしたらどんな形がいいのか、それを考えておくことは無駄ではない気がする。

自分以外の問題に自分が代わって決断を下すことは難しい。自分の事は決めておこう、そう感じた。無論、弱い私には答えが簡単に出るはずはないけれど・・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2006-04-07 01:00 |