タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ダイエット
さくらのダイエットがマイナス400グラムのところで停滞。
でも、人間に換算するとかなり落ちている。
目標を意識しすぎると何事も急ぎすぎたり、細かい事をおろそかにしがちになる。しかし、大切なのは目標を達成することだけではなく、その道順、過程も大切だと思う。

人間はわがままなもので、目標を決めても中々たどり着けない時にストレスが溜まる。それは本当は目標達成の過程を見直すチャンスなのかもしれないが、ただたどり着けないという事実には敏感になる。「こんなに頑張ってもダメなら止めてやる!!!!」と思う瞬間だ。
途中で挫折しそうになった時、目標達成できない理由を探す技術も持ち合わせている。他にいい方法があるに違いない。とりあえずその方法が見つかるまではこの能率の低い方法は中止しよう、と言いながら新しい方法は見つけない。今までもの方法もついでにやめてしまうのが常である。完全な挫折と言っていいだろう。
こういうのは私だけだろうか?

まあ、とにかく急がず、慌てず、地道に目標へ歩いていこう


ふとした事が挫折を食い止める力になる事がある。
この一枚は、その力となった。

c0057041_234864.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-29 23:46 | 愛犬
撮影技術
雑草なのに、とても美しいグリーンで、空に向かって生える姿に感動し、力強く伸びる雑草らしさをカメラに収めたかった・・・・そして構図と言い、焦点といい、素晴らしくいい写真に仕上がった・・・と喜んでいる訳ではない。

何故か雑草に焦点が合い、綺麗な雑草の写真が出来上がったのだ。早い話がカメラ技術がナイ。ヘタくそ。情けない。。。。
c0057041_23431634.jpg



話は変り
親友のかっぱさんとランチ。その時、私のこのページの日記の中の写真の話になった。
「カメラ買ったんだよね? で、あれ?」と私の作品に評価を頂いた。実は、GWに新しいカメラを購入し最近の写真はその新しいカメラで撮りまくった写真を掲載している。その事をしっているかっぱさんはもう少し期待していたのだろう。
しかし、さすがカッパさんと名乗るだけあり「古いカメラと大して変わらない」とか「撮影技術がない」という露骨な表現はしなかった。


ダウジングというのをご存知だろうか? よく水脈とかを探すあれだ。棒のタイプとか水晶のタイプとかあるが、たまたま私は水晶のタイプを持っていたのでどんなものか二人でやってみることにした。もちろんランチをしながら水脈を探してもあまり意味はないので、迷っていることを振り子の回り方で答えを導き出すというのをしてみた。
そこで私にはカメラのセンスがないのか?と聞いてみることに。かっぱさんは親切で有名な人なので聞くのはかっぱさんが買って出た。色々な事を聞いてもあまり反応しなかったのにその答えには明らかにNoの反応が。それも今までにないほどの思い切りのいいNoだ。

一言私が「カメラなんて買うんじゃなかった」と肩を落とし言うと「ま、買っっちゃったんだから」と励ましてくれた。その励ましで気力がわき、改めてかっぱさんの脅威なるパワーを感じ取ったのである。素晴らしき親友!!!! ただ、髪型がかっぱじゃ無くなったのが残念でならない。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-26 00:04 | 愛犬
判っているのかいないのか
最近見つけた公園へランチを兼ねて行って来た時のこと。。。。

ランチをしているとさくらが見当たらない。
探すと、なんと噴水で1人でいや1匹で気持ちよさそうに水浴びをしていた。
まさか水に入るとは思っていなかったので、予備のタオルなどは持っていない。
「さ~くら~!!! 何やってるの? え? どうするのよ、それ。全くもー!!!!タオル持ってないから乾くまで車に乗れないよ。いいの?」と言うとさくらは
「やべ、怒られちゃうよ」と思ったかどうか判らないが急に岩の上に登り水には入っていないフリをする。



一体、私が言っていることが判るのか判らないのか定かではないが、この後水に入ることはなかった。
仕方ないので車のシートにかけてあるタオルでさくらをふいていると、そのスキにジュディーが水の中で遊んでいた。
ええ加減にせー!!!!!




c0057041_2324408.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-24 23:34 | 愛犬
お風呂屋さん
私が行ったお風呂屋さんは父の生前に二人でよく出かけた。母はあまりお風呂で長湯が好きではないので、結局父と行くのだ。
出る時間を二人で決めて、父が先に出ると食事をして私を待っている。普段はウィスキーしか飲まない父がビールを飲み「お前も飲むか?」と聞く。全く飲めない私は一口もらい「後はお父さんが飲んで」とたわいもない会話をする。
そんなあの頃がなつかしい。

最期に一緒にお風呂屋さんへ行ったのがつい最近のようで、鮮明に思い出す父の顔はおだやかだ。

父が発病をした時、余命宣告を受けたのは私だった。泣く場所がなく、どうしても流れてくる涙を誤魔化すため、そのお風呂屋さんのシャワーを浴びながら泣いた。どれだけシャワーを浴びても涙が止まらなかった。2時間ほどはお風呂屋さんにいるので、2時間あれば涙も止まると思っていたのに、止まることはなかった。
あの時の自分もなつかしい。

辛い気持ちを抱えながらも懸命だった自分、辛い体調ながらも懸命に生きた父。そんな事を思うといつも頭に浮かんでくるのは「お父さんは本当に頑張った。だから自分も頑張れた」と言うことだけだ。

又、父の夢を見た。内容はほとんど記憶にないが、あのお風呂屋さんで見た父のおだやかな表情と同じ父だったのは印象的だった。一言「トロイな、お前は」と言われたのも記憶にある。
夢の中でも父はまだ私をトロイと思っているようで悲しくもあるが、しかしあの時と何も変わっていないと思えば、夢の中の父の言葉も微笑ましく思える。
正直言うと夢の中でいいから「お前はよく頑張ってくれた」ぐらい言ってもらいたいのだが、無理だろうなぁ。。。。。。私はどこかヌケているからなぁ。。。。。

それにしても最近はよく父の夢を見るなぁ。



<おまけ>
2匹が幸せそうだと、やはり私は幸せだ。。。。
もう老年期に入った2匹だけれど、いつまでも元気に走れますように
c0057041_23584843.jpg
 
[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-22 23:58 |
血圧
私は柄にもなく血圧が低い。大体100~110ぐらいで110を記録したことは今までに一度しかない。ただ、普段の生活では大きな支障はないのだが、2度ほど心配になったことがある。一度は事故で入院した時に理学療法士の先生が血圧が低いので倒れるからと、リハビリを中止した時。もう一度は苦手な献血を思い切ってしようと勢いをつけて献血バスに乗ったら看護師さんが2度血圧を測り「取れません」と追い返されたとき。このときにもらったヤクルトは飲めずに空を見つめ「私の血圧は人並みじゃないのか」とつぶやいた。

私は事故の後遺症でいまだに古傷が痛む時があるのでそんなときはお風呂屋さんへ行く。お風呂屋さんと言っても温泉もある優れもので、遠くの温泉より近くのお風呂屋さん!!!と鼻歌交じりに湯船につかるのが大好きだ。このとき大体1時間半ほどお湯を楽しむ。
さて、体調が悪くなったあの夜。何故か体がだるく後遺症の痛みもあったのでこんな時はお風呂屋さん!!!と夜に出かけた。
1時間程入浴して湯船から出た時フラッとなり危うく顔面から倒れる所だった。コンクリートじゃないとはいえ、せっかく治った顔面に再度新たな傷を作る所だ。ヤバイ。直ぐにお風呂から上がったけれど、ふらつきが中々治らずとにかく体がだるくて歩くのもやっとだ。
直ぐに治ればあわてることもないが、嫌な胸騒ぎがあり夜間病院へ。

診察前に血圧、体温を測った。あ・・・血圧が84だ。。。。もう直ぐ倒れるよこれ。
あ・・・・熱が37.4℃ある。普段は36.2程が平熱だ。やばい、倒れるよこれ。。。。

そして診察をすると
先生「で、お風呂はどれぐらい?」
私「1時間程」
先生「よく倒れなかったね」
私「はあ・・・・」
先生「これからは熱のある時は長湯をしないように。いいですか? 元々血圧が低いんですから特に気をつけてください。」
私「はあ・・・・」

と熱を下げるお薬だけもらって帰宅。。。。
結局、熱があるのに長湯をして、おまけに血圧が急激に下がったためにフラッとしたらしい。頭がぼーっとしていたので詳しい説明は聞いたけれど頭には残っておりません。。。。


発熱は、後遺症が続く時に時々出るが発熱を気付かなかったなんておたんちんだ。
熱は今日下がったので明日からは行動全開だ!!!!!
しかし、ヤバイ病ではなかったので安心したものの人並みの血圧が欲しい今日この頃である。。。。


こんなおたんちんでも心配をしてくれた方には御礼を申し上げます。
ありがとです!!!! こんな私だけど見放すなよぉ~、とお願いもしておこっと。。。


<おまけ>
被写体が思い切りずれている。そんなときは画像の加工で誤魔化そう。
少しはいい写真に見えるじゃないか・・・・・
c0057041_22344762.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-21 22:35 | その他
心は雨
昨日は急な体調不良で夜中に病院へ。
病院へ出かける前に2匹が必死な形相で「え?今からお出かけなの?私も一緒に行っていいよね?」とついて回る。
「ダメ。留守番して」と言うと、さくらは私のひざに無理やり乗ってきて「いや、私も行く!!!」と猛烈アピール。「じゃかーしー!!!! 病院へ行くんじゃい。一緒には行けないっつーの」とひざから降ろし、病院へ。
帰ってきたら2匹で顔中なめ回す、抱っこもしろとひざに無理やり乗る、抱っこが嬉しくて走り回る、おやつよこせとねだる、夜中だから早く布団で寝ようよ、と要求する、で一騒ぎ。
布団に入ったら今まで以上にべったりくっついて寝るので、私は身動きできず苦しい。。。。

病気になるのも大変だ。明日も布団の中だろうと思う。こんな時こそ伸び伸びと大の字になって寝てみたいと思うが叶わぬ夢か。入院の方が楽だな、・・・・と天井を見上げながらとつぶやく。

朝になったら私は元気だった。
「病気などして寝ていても大の字で寝れないのなら、早く元気になったほうが身のためだ」と朝食のパンをよこせというジュディーを横目につぶやいてみる。。。。。。



<おまけ>
セピアが似合うジュディー
c0057041_11231868.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-19 11:23 | 愛犬
雨が多くて散歩へ中々行けない。
2匹も雨の日は外へ出ないのだけれど、外に出ないのに雨だと判るのがいつも不思議だ。
晴れた日はデッキでじっと外を眺め
「天気がええがな。お出かけしたいなぁ。そうだ!!!!連れていってもらおう!!!!」と
家の中に入ってきて私にしっぽをフリフリ。
自分で天気を選ぶところなんて憎いじゃないか。


時々お友達のつっちーの家の近くの川原へ行く。その時はつっちーとわんこ君を呼び出し、川原を一緒に歩いている。付き合わされるつっちーは面倒かもしれないがとても気軽に会いに来てくれる。
私にとっては話し相手のいない散歩が楽しい散歩になる。いつもありがとう!!!!
そして、ジュディーとさくらもつっちーとわんこ君を覚えて、完全に自分の友達と錯覚をしている。そのため川原へ着くと二人を探す。見つけたときは思い切り嬉しそうに二人を歓迎する。おい、おい、私の友達だぞ!!!!!


c0057041_2342015.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-17 23:47 | 愛犬
久し振りに
父の夢を見た。

先月の父の月命日を母が忘れていて遊びに出かけたまま帰ってこなかったので、私は1人で出かけた。正確には1人と2匹。
春は花も綺麗だが、雑草も元気がいい。綺麗に雑草を抜き、花を供えお線香とろうそくを立て、いつものように父に話しかける。私は父に「本当に頑張ったのだから、ゆっくり休んで下さい」と言う。見守っていて欲しいとか、辛い時に助けて欲しいとか、そういう事はあまり思ったことがない。皆は「天国から見守っていてくれる」と言ってくれるが、私には仕事を頑張った父、闘病も力の限り頑張った姿を思うと「ゆっくりして欲しい」という思いのほうが強くなる。
「ゆっくり休んだよ」と父が言ってくれたら「じゃ、これからは私の事を見守っていてね」とお願いしたいとは思っているが、しかし、言ってくれるはずもなくいつもそのような事をお願いするタイミングはなかった。
元々父はそういう人で、見ていない顔をしていながら何か困ったことがあると、いかにもと言う感じで助けを出す人だった。私が何も言わなくても父は見守っていてくれる、助けてくれる、そう信じたいというのも正直な所で、結局はいまだに父を頼りにしているのかもしれない。

そんな事を思いながら、1人お花を供えていた。


「父は夢の中でも病気だった。家族で外出するのだが母と弟は自分のペースで歩いて行ってしまい、父が疲れて道に座り込んだことを気付かない。私は父を抱え布団に寝かせた。ゆっくり休めたのか父は「もう大丈夫だ。心配ない」と私に言った。母と弟は別の部屋で自分の事をするのに夢中な様子だった。何をしているのかは夢の中では判らなかったが、私は父が「大丈夫」と言ったその言葉に安堵し、元気そうな様子の父を布団の横でじっと見て喜んでいる」

そんな夢だった。

夢の中でも「大丈夫だ。心配ない」という父の言葉を聞けただけでどこか嬉しく、そして何故か父に「見守っていて下さい。困った時はそっと助けてください」と言いたくなった。理由は判らないが、ただ、そんな気持ちになった。



<おまけ>
2匹が取り立てて手伝ってくれたり役にたつ等と言うことはないが
いつもお墓参りにつきあってくれる2匹に感謝しちゃいます


c0057041_0212998.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-15 01:06 |
犬は笑う
犬は絶対に笑う。間違いない。
走るだけでこれだけ嬉しい表情をする犬が羨ましい。

いや、人間だってそれでいいのだ。
走るだけで喜ぶ
花を見るだけで幸せになる
おやつを食べただけで平和を感じる
それでいいのだ。

年を取って走るのが遅くなり、がっくりする
花を見るとやがて散るのさ、と悲しくなる
おやつを食べると、太っちまう、と自己嫌悪に陥る
それでは笑顔はやってこない。

明日は思い切りの笑顔を作ってみよう。
笑うかどには福来る

皆さんにとっても笑顔の多い一日になりますように

c0057041_2347180.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-11 23:56 | 愛犬
遺伝子
恭平とさくらの写真。2枚並べるとそっくりなのがよく判る。
さくらの写真は最近写したもので、出来上がったときにどこかで見たなぁ。。。と思ったけれどそれがまさか恭平の写真だとは思わなかった。それほど2匹は似ている。
そう思うと遺伝子は恐ろしい。。。。。

ジュディーはどちらかと言うと恭平とさくらに比べると足が異様に短い。私の人差し指の長さほどしかないのだ。そういったダックスフンドらしい体型がジュディーの特徴なのだが、その辺りはさくらに遺伝しなかったようだ。
しかし、ジュディーは穴掘りは恭平やさくらと比べ物にならないほど上手い。庭の土の中に潜んでいる虫を発見しひたすら掘って虫を探し当てたり、門の外へ出るために庭の中から穴を掘り、家の外まで貫通させ脱走した時には、ただただ感動をした。足が短くともこれらの立派な特技に涙したいぐらいだ。
ただ、残念なことにあまり意味のない特技なのだ。できることならその短い足を存分に使い、役に立つような事を見つけて欲しいとひそかに願っている。

話はそれたが、写真ではお見せできないけれどさくらはあくびをするとき「あが~」と言うのも恭平とさくらはそっくりだ。
いい所は似ない、と昔から言うが本当にそうだ。この仕草が遺伝子の仕業だとしても似なくてもいい所だ。いや、似て欲しくなかった。

ジュディーとさくらの似ているところ? 案外少ないのだ。ジュディーの場合は穴掘り以外は強烈でもなく、とっぴだともいえない個性をしている。やはり遺伝子は強烈なほど受け継ぎやすいのかもしれない。

c0057041_2348930.jpg



c0057041_23245112.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-05-09 23:48 | 愛犬