「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
New IBM
やっと手元に届いた。かなり画面がきれいで驚き。自分のホームページを見てみると、画像がかなり汚い。そのうち作り直さないと見苦しいなぁ、とぼやいてみる。。。。


データは復活できたのでなんとか安心だけれど、それにしても今まで自分がいかにパソコンを使った生活をしてるかを思い知らされた。写真を写せばパソコンで見るし、友達との連絡にもメールを使う。わからないことはすぐにパソコンに頼っていたし、古ぼけた地図しか持っていない私は、地図すらパソコンに頼る。
今、私の愛車には高度な技術を兼ね備えたカーナビなどという機械は搭載しておらず、レトロな仕様で満足している。自分で運転して遠出をすることなどほとんどないので、カーナビはほとんど出番がないが、極度の方向音痴の私にはあってもよい設備のひとつだと思っている。しかし、もし、カーナビを搭載した車に慣れてしまうとこれもカーナビなしでは運転が出来ないという、実に不自由な人間になりそうでそれも怖いといえばこわい。
でも、そうやって新しい技術に慣れていく事は「進歩」という言葉でまとめられるだろう。


父の車にはカーナビがあったのだが、父はカーナビと話をしながら運転するのが癖だった。
知っている道でカーナビを使うのはもちろん、初めての場所へ行くとき「お?こんなところで曲がらなくてもいいぞ。こっちの方が早道だ」などと文句をつけ、結局道に迷ったことがある。カーナビがあってもなくても道に迷っていたわけで、一体何の意味があってのカーナビか?と思うが、機械相手に闘争心を燃やし、自分がナビより近道を探したという一種意味のない喜びを感じて楽しむというのも、カーナビの利用方法かもしれないと、納得したものだ。それにこれも一種の進歩なんじゃないか?

そういえば母が携帯電話を持ったとき、それはそれなりに使いこなしていたが突然メールをすると言い出した。メールが出来るように契約を変更しいざ仕方を教える段階になったとき、「メールとは何だ?」と言い出した。「知らないのに使うのか?」と聞くと、母が言うには「メールをするとは言っていない。メールが何かを教えろと言っているんだ」と理解するには無理のある言い訳をしていた。もちろん犬のしつけ以上に丁寧に根気よく教えたが「私にはメールは必要ない」と私の悲しいまでの忍耐を踏みにじった。その後、母がメールという言葉を口にすると逃げることにしている。母の場合は進歩とは程遠いらしい。。。。


話はそれたが、新しいパソコンは快適だ。動作が速いし、キーは打ちやすいし、文句をつけるところがない。これから愛用していくのだから大切に使っていこう、と思う。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-30 23:20 | その他
水遊び
うちのジュディーとさくらは泳がないのに、水が好きらしい。
暑くなると特に体を冷やすために水の中に入っていき、体が冷えると水から上がり歩きに行く。何が自分にとって一番心地よいかを知っている犬はなかなか侮れない動物だ。

数日前に、雨上がりの晴れ間に公園へ出かけた。いつも行くところだけれど難点は噴水など水浴びができる所がないことである。
公園について車から降りるとなんだかあまり嬉しそうではない。少しの時間を走って後はトボトボと歩くだけ。なんだ、せっかくつれてきたのに、と思ったが水浴びができないからなのか?と思った。
一応、近くの公園で噴水のあるところへ連れて行ってみた。思ったおとり、一目散に噴水の中へ。嬉しそうだ・・・・・

水浴び、走る、を繰り返し存分に楽しんだようでご機嫌で帰宅。さ~水浴びもしたし、お風呂へ入れようと2匹を見ると爆睡状態。ん~お風呂は夜にしよう。

c0057041_23523593.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-26 23:59 | 愛犬
自分は
温暖化のニュースで「企業や、団体が皆に温暖化防止のための行動をお願いしている」というようなことを言っていた。

個人のレベルとはいえ、個の行動に気をつけることで大幅に温暖化は進行を食い止めることにつながるというのはとてもよくわかることである。言われなくても可能なことは地域での積極的な運動などは行われていると思う。

心理として「自分は多分大丈夫」という気持ちがないと、戦争には行けないそうである。絶対に巻き込まれて命はないと思っていたら、命を粗末にする人以外は行かないだろう。
「自分は多分大丈夫」と思う気持ちはどんな時にもどんな状況にも起こりうるものであり、私などいつものことだ。
行かず後家と言われても、私は多分大丈夫。そのうち結婚するはず、とのんきに構えることは得意だし、これぐらい食べたって太りはしない。多分大丈夫、と言いながらシュークリームを食後に2ついただいたのは今日のことだし、走ったってこけはしない。多分大丈夫と思ってこけるという失敗も時々あるが、それは読みが甘かっただけのことだし。
ただ、問題はその先にある。その程度で事が終わるうちは、他人に迷惑をかけることはない。大体が、ドンクサイ、とか神経が鈍い、という評価を下されるだけで、私が結婚をしない、いやできないからといって「世間の皆様には多大なご迷惑を・・・」などと記者会見をする必要はない。それに、私がコケたからといって一人でこける分には他人には何の被害もない。「アホやな~」と同情を買うぐらいのことで終わる。

その問題とは、私が「結婚ができないのはあんたのせいだ」と近所の何も関係ないおばさんを非難したり、シュークリームを2つ食べて体重が増えたのはおかしい。あなたも食べて試してみてよ、と責任を転嫁したりしたときに起こる。

地球温暖化のそのニュースの言葉を聞きながら、この「自分は多分大丈夫」ということ感じた。個人だけにかかわらず、企業だってもちろん環境に多くの影響を与えている。だからこそ、「自分は大丈夫だけれど、個人個人で環境に気を配ってください」というのではなく、「私たちは・・・をしました。だからこそ、個人でも気を配るようにしてください」と言う方がよかったのじゃないかと思う。もちろん、企業だって気を配っているはずなのだから、表現を少し変えるだけで一体感が生まれ、取り組む姿勢も一人から家庭、家庭から企業、そして国、地球へと広がっていく。



そう言えば、「これは大丈夫」と思って使っていたパソコンが壊れた。見事な壊れっぷりであり、再起不能ということだ。修理? 買った方が・・・・らしい。愛用のマシーンは鉄くず状態に。今は借りたパソコンでなんとかなっている。
しかし、まだ大丈夫、このパソコンは大丈夫、そう思っていたからこそ5年も使っえたのだろう。ちなみに今までWindows Me という今じゃあまりお目にかかったことないのを使ってました。
現在、出窓にMy IBMの上に花を置いて飾ってあります。


<おまけ>
たまたま質問が重なったのでこちらで回答を。
恭平君はリビングにこんな風に一緒にいます。
c0057041_23445811.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-24 23:47 | その他
梅雨
今年の梅雨明けが大幅にくれるとの事。昨年の今頃は暑くてぐったりしていた記憶だしそろそろ8月だと思うと、季節のめぐりが狂ってきた印象派ぬぐえない。温暖化心配だね~


窓越しに外を見ると雨が止んだように見えていた。もちろん2匹は散歩へ行きたがる。窓を開けると小雨。絶対に散歩には行かないと思ってた。ところがどうしても行きたいとせがむので、雨の日のお散歩初挑戦となった。私も傘をさして散歩するのは初体験。

いつも玄関から門まではリードをせず門の外に出たときにリードをする習慣となっている。雨の日だって習慣は変わらない。変わるのは私が傘を持つことぐらいだ。
タオル、リード、私の傘など全てが整い、いざ出発。

傘をさして門まで行ったが、肝心の2匹がいない。振り返ると玄関の前でドアを開けろと待っている。

なにそれ? 行かないの? いくら呼んでも玄関から先に来る様子はない。いとも簡単に私の呼びかけを無視する2匹。。。。。
一人で門の前で「雨が降ってるのを気づかなくてごめんね、と反省したらどーだっつ!!!!」と叫んでみる。空しい叫びは雨音に消えた・・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-23 00:58 | 愛犬
水の被害
地方により、とても深刻で死者、行方不明者が多数出ている。地球温暖化により集中した雨が多くなり、このような被害を出してしまうということらしい。温暖化は露の時期も遅らせるようで今後は地震だけではなく水の被害に対しての防災も心得ておく必要がありそうだ。
我が家も川の近くにありそれを実感している。


易経では何事も過ぎると良くないとしているが、特に水が重なると「陥没」を表す卦になる。易の4大難卦とされていていかにも凶である。
水の過多は洪水、氾濫、山を削りすべて飲み込むなど失う時は一瞬であるという特性がある。もう一つの特性は水は高いところから低いところに流れるというもの。くぼみがあればそれを満たし、障害物があろうとどこまでも低いところへ向かって流れるという特性は決して外れることもないし、間違って高いほうへ流れるなどと今までと違った動きをして困らせることはない。そのため律儀の象徴とされている。
もう一つ易経で教えてくれるのは、自然の力に対して人間の力など建ち落ちできないものであるということ。


やはり地球温暖化を軽く見ることなく、真剣に取り組む姿勢は何より必要なんじゃないかと不安になってしまう今日この頃です。
被害にあわれた方々のお見舞いを申し上げます・・・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-21 00:43 | その他
退屈
最近は天気が不安定で中々思うように散歩に行けない。昼間に天気がいいと暑くて散歩には適さない。すなわち、雨の降っていない夜に散歩へ出かけるしかない。

暑いと外に出ない2匹は昼間の退屈な時間をいかにつぶそうかと色々なことに挑戦するが、やはりエアコンの元での昼寝が一番と判断した。飼い主そっくりだ。

いつも外で撮影をしていたがたまには家の中にいる暇そうな2匹を撮影するのもいいかと思い、カメラを向ける。いかにも退屈そうに寝ているさくらは私が何枚撮影しようがフラッシュをたこうが一向に気にせず獏睡。ところがどういうわけか寝ているジュディーにカメラを向けると目を覚ます。
なぜだ? どうしてだ? なぜ判るのだ? 狸寝入りか?

ちょっと意地悪な私は「さ~、散歩行こうかな?」とつぶやいてみる。
飛び起きた2匹は早速玄関へ。その間に私が狸寝入りをする。
なんだ、とがっかりする2匹の反応が面白くてたまにする私の悪戯なのだ。いつもひっかかる2匹に遊んでもらうのがなんとも楽しい。

つまり、一番暇なのは私であり、2匹に相手にされないのがつまらないため意地悪をしてしまう。なんとも情けない飼い主だと思う。。。。。


c0057041_0444854.jpg


c0057041_045121.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-17 00:45 | 愛犬
叔父
今日は電話で話しをした。
やはり抗がん剤の副作用が出ているようで、嫌になると言う。でも、手術をしないと決めたのも叔父自身であり、抗がん剤を選択したことには後悔はない様子だった。
こんな思いをするなら手術をしよう、と叔父が言ったときには弱気になったということかもしれない。

それにしては、思ったより元気な様子で、電話で1時間あまり話をした。声は徐々に明るくなり、どことなく弱気になりかけていたのが、「まだまだいける」と頑張る気持ちがよみがえって来たようだった。その調子で現状を維持していって欲しい。叔父に「癌が大きくなっていなければそれでいいんだよ。癌と共存していくつもりで、ゆっくり焦らずいるのが一番いい」と言うと「そうだな。癌が小さくなったら儲けものと思うぐらいでちょうどいいな。そういえば時々ビールを飲むんだ」と言った。
飲めるならそれでいい。飲みたくもなくなった時の叔父の落胆が一番怖い。

いつまでも叔父のままであって欲しい。
いつまでも私に「いつでも遊びに来い。メシぐらいは食える」と言って欲しい。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-16 01:14 |
7月
父が再入院をしたのが7月だった。雨の多い夏だったのを覚えている。
元気だった頃は毎週のように釣りへ行っていたが、その元気な頃の父と病院で過ごす父の顔がダブって見える。

元気だった頃なら毎週のように釣りへ出かける季節で、鮎を釣って帰ってくる父の表情は今ではとても懐かしい。
「あ~、元気だったら今頃父は鮎を焼いて食べていたな」そう思うと時間の過ぎるスピードもとても早く感じる。もう戻らない時間だけれど、いい思い出を残すことは沢山しておくべきなのかもしれない。
辛くて悲しくて仕方ない時もあるけれど、思い出を懐かしく感じ微笑むこともできるんだなぁ、なんてふと思った。


多くの人は、父の事を忘れていく。思い出したとしてもほんのたまにで、思い出にふけることも少なくなっていく。
でも、一番近い人は沢山ある思い出を引き出しの中にしまってあるようなもので、いつでも引き出して、いつでもその思い出に微笑むことができる。引き出しを引いて涙を流すこともあるかもしれない。それでも引き出しは沢山あるほうがいい。
悲しいだけ、と思っていても探せば笑顔を伴った想い出は必ずあるものだから。


私の'03 7の引き出しは父の入院と言う辛い中身だった。でもその前は嬉しそうに鮎を食べる父の顔が入っている。その前も、父は鮎つりへ元気に出かけた嬉しそうな父の背中が入っている。
今年も父の代わりに川へ行ってこよう。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-12 23:51 |
記憶と要求
とても暑い日があり、夜に散歩へ行った。

翌日は、暑かったがそれでも夕方になら散歩できそうで近所を散歩した。
私は夕食を終えてソファに座り一息。すると、さくらがなにやら要求する。夕飯の後にジャーキーは食べないし、お水もあるし、ご飯が足りなかったのか。と思い少しだけフードをお茶碗に。が、見向きもしない。それより他に要求があるらしい。
でも、何だ? 一日の日課は全て終わり後は布団に入るだけのはずなのに。。。。。

ま、ま、待てよ。まさか散歩? 昨日の夜は私が夕食を終えて一息ついてから出かけた。まさか? とりあえずさくらに聞くのが一番早い。
「さくらちゃん、何? 散歩?」
さくらはしっぽフリフリ、玄関へ直行。冗談じゃない。夕方行ったじゃないの? 無視をしていたら又私の所へ戻ってきて、おねだりポーズ。
「うるさいってば。今日は散歩へ行ったでしょ? だから今日は終わりなの」
しかし、あきらめないのがさくらなのだ。
「ね、昨日は夕方行ったでしょ? だから今日も行きたいの。外は涼しいよ。暑いときに行くより夜の方が楽しいの。だから行こうよ」解説するならこんな感じだろう。
こういうときは無視に限る。ところが横から声が・・・・
「昨日行ったから日課になったんだし、連れて行きなさい。可愛そうでしょ」と聞こえた。
母はさくらには甘い。非常に甘い。なら、自分がつれて行ったらどーよ? と思うのだが。正直にってしまうと「何で私が連れて行くの? あなたの犬でしょ?」と訳のわからない突っ込みをされるのは間違いないので大人しく従うことに。
しかし、日課って・・・・・

翌日、夕飯を食べてソファーに座ってみた。もちろんさくらは私の元へ走ってきてしっぽフリフリ「もう判ってるよね? さ・ん・ぽ。ね?」とニタっと笑っているさくらの顔が私の横に・・・・・
「はい。判りました。さくらお嬢様。行きましょう。っていうか仕方ないのでお供します・・・・・」と言い立ち上がる。母に突っ込まれる前に出かけるのが賢い選択だ。
もちろん、今日も夜の散歩へ。
立ち上がると母が「何? 夜の散歩が日課になったの?」とな。ボケがきたのかふざけているのか? 


さくらちゃん、お願いを聞くから私のお願いも聞いて。カメラを向けたときに機嫌の悪そうな顔しないで、そのおねだりの可愛~い顔してよっ!!!!

c0057041_094761.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-11 00:11 | 愛犬
お金に関する能力
サッカーの中田選手がこの先生涯困らない程度のお金を持っているといっていたとか。なんとも羨ましいかぎりで。。。。。。

お金に対する能力は
1.稼ぐ能力
2.使う能力
3.貯める能力
と3つあると他の掲示板でちらっと言ったのですが詳しい事を何も書いていなかったので「あったりめーだ!!!」と思われていることでしょう。が、一応追加説明を。

まず、稼ぐ能力というのは働いて賃金を得ること。が、働いて賃金を稼ぐにもいくつかの種類があり、ま、これも当たり前ですが。。。。。この場合の「稼ぐ能力とは」いかに自分に適した稼ぐ方法を見つけて、自分が生きていくための費用を得ることが出来るかという事がポイントになります。例えば中田選手の場合、この能力が非常に優れていたわけで一生涯分の稼ぎを稼いでしまった。それも、自分が好きなサッカーで収入を得たのですからごっついですわ。

2の使う能力とは、これまた当たり前でですが自分が持っているお金をちゃんと把握して何にいくら使うかという目的を持ち計画を立て、なおかつ計画通りに使うという事です。これも当たり前ですが。しかし、案外出来るようで出来ない事で欲しいものがあるとついつい買ってしまうというのが普通の人間です。例えばコンビニでパンを買う予定だったのに、ちらっと目についた新商品のガムを買ってしまった、これは使う能力に疑問を持ったほうがいい。たかがガムじゃないか? と思うけれど・・・・パソコンを買う予定でヤマダ電機へ行き、隣に並んでいた最新型のテレビもついでに買ってしまった。だって、どうしても欲しくなったんだもん。ところが家に帰りレシートを見て腰が抜けた、なんてことになったら大変です。計画以上のお金を使わない能力は身を守ります。

貯める能力。だれもが一度は定期預金などに挑戦されたことがあると思います。何年間の間に定額の金額を銀行に預ける行為は、とても簡単で口座から勝手に引き落とされるという方法を利用すれば、難なく定期は期日を迎えます。そして、銀行の窓口で「満期になったので同じ条件で続けてもらえません?」などとセールスされ同じ金額で同じ年数ならま、いいか?と定期預金に再挑戦です。問題は、先に満期になった定期預金です。これをどうするかでその能力の程度が判断されます。
満期になったからパソコンが欲しいし、バッグも欲しいし、ワンコたちのベッドも買い換えたいし、ちょうど買えるなーと思うのが私などで、満期になったから全部積み立てておこうなどというセコイ考えにはなりません。しかし、貯める能力を持った人は「満期の金額の半分を使おう。そして残りの半分は積み立てておこう」と考えるものです。
例えば
「定期預金で期日一杯預金して100万円貯まりました。次に、又同じ条件で定期預金を積み立てます。でも、100万円貯まったのでこれは使います。ただ、次にも同じ条件で100万円満期の定期をします。なので100万円が数年後に貯まる予定です」とすると、100万円-100万円=0 0+100万円=100万円で同じ事を繰り返せば永遠に手元には100万円です。しかし、能力を持っている人は、自分の継続にご褒美を与えそして更に継続するパワーとしていく事ができます。3年間頑張ってこのシャネルが買えた。次にもう少し金額を上にすればエルメスが変えるんだぞー、と思うと頑張れるものです。そして手元には100万円以上は当たり前のように残っています。
ですから、満期の金額に全く手をつけずにいる人より上手に継続していく事ができます。
3つの能力の中で一番難しいのは貯める能力です。毎月決まった金額を貯蓄していくだけのことなのに・・・・です。それは自分のコントロールが必要である事と、預金を挫折しそうになったときに思ったより強い忍耐を強いられるからです。反対にこれらを乗り越える事が出来るほどの精神力を持っているのなら、反対に必要以上に使うのを我慢する事も出来ると言えます。


あなたが、一生涯分のお金を既に稼いでしまったとします。稼ぐ能力はズバ抜けていたわけです。ほんとにすごい。で、その後の人生は全く安泰でしょうか?
使う能力が欠如していた場合、安泰は崩れます。貯める能力が欠如していたのならやはり安泰は崩れます。
一生涯分のお金を持っているからこそ、使う能力、貯める能力が必要とされるものなのです。
これらは案外ややこしい関係にあります。
私にはそれら目立った能力はありませんので、ややこしい関係に悩むこともなく非常に安心できます。


以上、「判ってるよ、そんなこと」と言われそうなお金に関する能力についてでした。
[PR]
by kyouhei414 | 2006-07-10 00:46 | その他