タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
山火賁(さんかひ)
賁(ひ)は飾りを意味する。象形としては山が夕日に映し出されている様子。「文飾彬彬を得れたれば必ず亨るべきであるが文飾は度をこせば不可であるから、少しいくところによろしい」としていて、この卦は大事は願いが叶わないが、小さなことならかなう、という意味になっている。

なにやら難しいが、人が集まればそこには礼儀という飾りが必要だし、物が集まればそこには秩序が飾りとして必要になってくる。しかし、あくまで飾りは飾りであって物事の本質を変えるまでの力はない。たとえば、いくらお化粧をして飾ったとしても本質的なお肌のシミやしわは消せないといえばわかりやすい。
そして、飾りの落とし穴は飾った姿を本当の姿として追い求め実態を忘れてしまうことや、飾ってだましたつもりが、実は自分自身がだまされてしまった、などということで、本質や実態を忘れたり、見失うことが一番怖い。
たとえば、お化粧をして綺麗になった自分を本当の自分と思い込んでしまい、お化粧を取った顔で鏡を見たとき「誰これ?」と驚くといえばわかりやすい。

それに、山をどこから見るかで評価は変化する。それは飾った姿を見ているからで本質が見えていないだけである。自分の評価が人によって違うのもどこから見られていたかによる違いなのかもしれない。
本質を見抜くことは難しく、人間関係で言うなら相手の本質を見抜こうと思っても同じように自分が飾った姿で相手と接している限りは相手も本質をさらけ出してくれることは望むのも難しい。誰でも見栄えを良くしようと飾りをするし、その飾りにだまされる事だって不思議ではない。飾りと無縁に生きてきた、などという人はいないだろう。
 



「自然の文様、人間の文様、これらを観察して天下の人々を教化育成すべきである」とある。これは自然には剛と柔が混ざりわって飾りあう、人間は秩序によって飾りあう。それらの飾りを観察することが大切だ、という事。
飾りは飾りにすぎないが、その飾りを観察することで得られる事はある。


物事の本質を語るのは難しい。人間はそうして飾ることが当たり前であるし、アクセサリーをつけたがるのが本質なのだ。ただ、アクセサリーをつけたところで所詮飾りにすぎず、それ以上でも以下でもない。
そして、相手がアクセサリーを外し飾りを取ってしまった姿を追求したがる傾向もあるがそれは想像するだけのことで得られるものは少ない。どちらかというと相手の飾りのペースに巻き込まれているのかもしれない。
むしろ、アクセサリーが何か、どんな飾りをしているのかを観察することの方が必要なのかもしれない。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-25 00:20 | 易経
水が好き
いくら暖冬とはいえ、まさか川の中に入るとは。。。。

私が子供の頃、父が沢蟹を取りに連れていってくれた所へ出かけた。
小川を見て「この辺りなのかな?」などと子供の頃の記憶をたどっていると
バシャバシャ・・・・なんじゃ?
おいっ!!!! 2月だぞ!!!! 冬だぞ!!!!

寒いと外に出るのも嫌がるのに、犬という動物はこういう想像が出来ない行動を取る。
いや、待てよ。ひょっとしたら人間の方が「冬だから。」という先入観があって川に入ろうとしないだけで、遊んでみると案外気持ちいいのかもしれない。
ちなみに川の中へ手を突っ込んでみる。
冷たいじゃないか!!!!!
ったくもー。

c0057041_23531111.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-20 23:58 | 愛犬
結果
結果、って何の結果?って気がしないでもないが。。。。

とにかく旅先では雨が降らずに助かりました。私は晴れ女、母は雨女なんで調度いい感じで帰りがけに雨が降ってきました。
それにしても、ああいうバスツアーってのは初体験でしたがスケジュールがびっちしなんですな。あっち行って、こっち行って、んで試食してお土産買って、なんだか忙しかったです。
お土産で美味しいカステラが売っているというので、観光をしてからゲッツしようと思ったらあえなく時間切れ。カステラを見ることもなく次の場所へ移動しちゃって残念!!!!

幾つか試食程度のお土産をもらったのですが、中でもイチゴのドラ焼きが美味しくてもらったついでに母の分も合わせて2つも食べてしまったのであります。ちょうど口にドラ焼きを咥えると、添乗員さんがよりにもよってマイクで「あの~、お客さん。。。。。今からイチゴ狩りなんでドラ焼きは後ほど食べられた方がよろしいかと。満腹でイチゴがたれられないといけませんから」と言うではないか。もちろん私を見て。
食べちゃってから言われてもなぁ。事前に言えっつーんだい。
それにマイクを使うなってんだ!!! 周りの人が笑っただろ!!!! こっそり言うのが礼儀ってもんだ。

イチゴ狩りはしこたま食べさせていただきました。
ドラ焼き? 私にとってはランチ、おやつ、フルーツは別腹だと知ったのであります。それに気づいただけでも収穫のある旅でありました。
もともと、メロンなら一個、いちごなら1パック、板チョコなら一枚は一気に平らげるので大したことではないのですが。

んで、大変な忘れ物をしてしまってとても残念。そ、カメラを忘れたんです。雲が多い一日だったので景色は綺麗に写せなかったかもしれませんが、ドラ焼きを撮影しておきたかった!!!!

ということで無事に帰宅。
弟がジュディーとさくらの世話をしてくれたので寂しくはなかっただろう?と思って玄関のドアを開けると、2匹は狂ったように暴れました。
次は必ず一緒に行こうね、と約束したのであります。



そして、日曜日のこと。
「家族で沖縄へ行こうか?」とガメラが言い出した。
「犬を連れて行けないから行けないよ」と断ったんだけれど
その後は前回同様。。。。。怖かったです。


疲れた~!!!!!
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-19 23:16 | その他
日本平の続き
事もあろうか、母はあきらめずに今日も「で、どこへ行く?」と聞く。
さらに「にほんらいだはどうだろうね?」だと。
ここで突っ込むと母はいきなりガメラに変身し、猛烈な勢いで私にパンチを食らわす。
もうパンチはゴメンだ。
素直に「前に言っていたイチゴ狩りでも行こうか?」と言ってみると、
「今から電話(旅行会社に)しなさい」と言われてしまった。
「満員です」と言われる事を期待し恐る恐る電話をすると「定員に余裕がありますから大丈夫ですよ」と言うではないか。なんという悲劇だ。

すると、週間天気予報で雨となっている。ラッキーだ。早速母に「雨だから止めておこうか?夜遅くなるみたいだからジュディーとさくらも可愛そうだしね」と言ってみたが
「そんなこと言っていたらどこへもいけない。2匹だってたまには留守番の練習をさせないといけないのに、甘やかしてばかりで、だからあなたはダメなんだ。それに雨だってイチゴ狩りは出来る。雨だからイヤだなんて言ってたら何も出来ない。大体行かないならどうして電話をしたんだ」などなど、出る出るパンチの嵐。
こんな不幸な思いをするなんて泣いてやる!!! と思ったら最後の一撃が「で、寒いかもしれないからあなたは、あのロングのダウンジャケットを持って行きなさい」だった。



ということで土曜日は日帰りのイチゴ狩りへ行くことになってしまいました。
あ、黒髪のロン毛でロングのダウンジャケットを着てイチゴを狩っているのがいたら、私です。
どうか肩を叩いて「ご苦労様」と声をかけてください。
ちなみに長野方面らしいです
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-14 23:01 | その他
日本平
母が旅行へ行くらしいが・・・・
毎度のことなので気にはしていないのだが、さすがに私と愛犬たちが留守番をするのが続いて悪いと思ったのか、一緒に旅行へ行くか?と言い出した。
私は丁寧にお断り申し上げたが、カタログを見ながら信州はどうだ?イチゴ狩りがいい、などと言っている。

すると「にほんらいだでもいいね」と母が言う。以下私と母の会話
私「日本平の事だよね」
母「そうよ。にほんらいだっていいところよ」
私「だから”にほんだいら”だってば」
母「何が悪いの?」
私「悪くないけど、よそでそんなこと言ってボケが来たと思われたらいけないでしょ」
母「何がボケだ!!!! 私はボケてはいない。大体あなたが何を言ってるのか判らない。さっきから”にほんらいだ”って言ってるのに知らないのか? 知らないあなたがボケだ」
私「そうだね。ボケてないよね。ただ、ボケがくるといけないから気をつけてって言おうと思って」
母「で、どうするの? え? 行くの? 行かないの?」
私「どこへ?」
母「にほんらいだ」
私「他の場所にしようか・・・・・」

旅先でずっと「にほんだいら」と言わ続けたらかなわない。
そういえば松平健のことも「まつらいだけん」とおおせになる。。。。参るな


今日の一句
まつらいだ、仰せ給わふなりはボケとなり




ついでに今日の一枚
c0057041_0393361.jpg



夕日背に眺める景色は散歩道
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-13 00:40 | その他
2匹の後ろ
私はいつも2匹の先にいると思っていたが、ひょっとしたらいつも後ろにいるのかもしれない、と感じた一枚。

何か辛いことがあったとき、つい立ち止まる。しかし、私の後ろに2匹がいるのなら私と一緒に2匹も立ち止まる。
しかし、辛いことがあっても2匹が先にいてくれるので導かれるように前に進む。。。。

c0057041_23545792.jpg
それでもいいかと、思ったりする。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-09 23:55 | 愛犬
カメラ
撮影の仕方を色々試しているが、思ったような写真は中々写せない。
シャッタースピードを早くして静止したような写真を写したくなって練習。
ま、こんなもんでしょ。
c0057041_23152495.jpg



しかし、ジュディーはなんだか元気だ。今年で11歳になるが、走ることを楽しみ、食べることも楽しんでいる。
このまま元気で長生きをして欲しいな、と思う。

さくらのヘルニアは良くなったようで、散歩へも行きたがるほどになった。とにかくよかった。体重も増えずになんとかキープしているし、もう少し運動量が増えたら食事も元に戻して行こう。
スーパーで牛肉の塊が半額セールだったから買い込んでおいたし!!!!

お風呂もそろそろいいかな?


と、毎日2匹のことを考えて生活する。
私を励ましてくれる2匹はやはりなくてはならない存在だと改めて思う。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-06 23:26 | 愛犬
ちょっと反省。。。。
最近、2匹のご飯の中に入れる野菜の量が増えてきて、お肉類が少なくなってきた。それはさくらがヘルニアっぽくなってから運動量が減ってきたのでカロリーを食事で減らそうと思ったからだ。

しかし、ジュディーが食べても食べてもすぐにご飯を頂戴とせがむ。母が「野菜ばっかりで満腹感がないんだ。可愛そうに」と言った。それも毎日言う。おまけに「ジュディー、そんなご飯じゃつまらないよねぇ。あなたの飼い主はひどい人だねぇ。私だってそんなご飯じゃ文句言うわよ」と言っている。

あまり母が私を責めるので、思い切ってお肉の塊を買ってきてそのままドカンと茹でて、かなり大きめに切ったものを2匹のお茶碗に入れた。「これでいいだろ? え? たまにはお肉の塊が食べたいものね~。沢山食べてよ~」といいながら。

すると、2匹はすぐにお肉にかぶりつき、目をランランと輝かせて食べている。
「美味しいの? 良かったね~。こんなに沢山お肉を食べるのは久しぶりだね~」とかなんとか話しかけながら2匹が食べるのを見ていた。
すると、さくらがもう一つお肉を咥えるとお茶碗から離れテーブルの下へ行き、隠れて食べている。私が気が変わって「ダイエット中はお野菜中心だからね」というのではないかと思ったかどうか定かではないが、明らかに自分のお肉だ!!!と主張している。

なんだかその姿を見て反省してしまった。やっぱお肉が大好きなのに我慢してたんだなぁ。。。。そう思うと言葉を発しない2匹の気持ちも少しは考えてあげないといけないな~、などと思う。
ダイエットを考慮してこれからは、週に4日はお肉の塊デイを作ろうと決めた。


母の友人がかなりのデブで歩けないほどのダックス、マイケル君を飼っている。すると「マイケル君はデブでもちゃんと生きている。そんなにおいしそうにするなら沢山食べて少しぐらいデブでもいいんだ」と言い出した。
生きているって・・・・・当たり前だ。そのたとえはないだろぉ?え?
やはり、お肉の塊は週に1日にしよう。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-03 00:06 | 愛犬
祖母のこと
父の母は33歳の時に夫が亡くなった。当時「後家」という表現で世間の風当たりは厳しかったらしい。父を長男に5人の子供を抱え大変な苦労があったという。

私はお饅頭の粒あんが嫌いでお饅頭をもらうとまず半分に割って中身がこしあんだと食べる、という好き嫌いの激しい我侭な子供だった。ある日、祖母がお饅頭をくれたのでいつものように半分に割ると祖母が私をきつく叱った。手にしたものはたとえ嫌いでも食べなさい、と当たり前のことを言われたのだが、祖母がちょっと怖かった記憶がある。
そしてとても几帳面で恭平が我が家にやってきたときに、犬を座敷で飼うという行為を気に入らなかった。



いつも、父は「お前はだらしない。自分がそんなことをしたらおばあちゃんから茶碗が飛んできた」とか「肘を突いて飯を食うな!!!! なんという態度だ。自分がそんなことをしたらおばあちゃんから茶碗が飛んできた」と必ず祖母のしつけのことを口にしていた。お箸の持ち方も教えてもらったことはないが、見て覚えろ、と父のお箸の持ち方を真似させられたり、字が下手くそだと叱られもした。
確かに父はきちんとしていて反論が出来なかったし、父にかなうことは何一つない。

祖母は母一人で5人の子供を育てるのに「父親がいないからだらしない」と世間に言われないよう、どこへ行っても恥ずかしくない子供に育てようという思いが強く、かなり厳しくしたのだという。特に食事のときは目線をお茶碗から外しただけで叱るほどだというからかなり厳しい。
今はそういう事はあまり気にする人も多くないが、時代という背景が大きかったのだろう。
父はそんな祖母のしつけを忠実に守り、生涯崩すことはなかった。

祖母は84歳で亡くなった。生前、私に抹茶茶碗を遺品として渡してくれた。「ずっと前に買ったものだが自分も年を取ってきたので今のうちに直接渡したい」と言い私に手渡してくれた。
不思議なことに父には何も残さなかった。


今もその抹茶茶碗は私の部屋のキャビネットに飾ってある。時々眺めると祖母の厳しさにもう少し触れたかったと思う。もう少し祖母の若い頃の話を聞きたとも思う。祖母のしつけも詳しく知りたかった。
それから、父には何も残さなかったのがどうしてか聞いてみたかった気がする。


ただ、父が私に何も残さなかった理由は祖母の抹茶茶碗から見えてくる気がする。

父は祖母の写真をずっと持っていた。おじいちゃんの残した懐中時計もそっと持っていた。

私も、父の写真をキャビネットに静かに飾ってある。おじいちゃんの懐中時計も私がこっそり持っている。

一つだけ、に祖母のしつけは父で終ってしまったのが残念だ。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-02-01 23:32 |