タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
火雷噬嗑(からいぜいこう)
噬嗑は亨る。獄を用うるによろし。
噬嗑(ぜいこう)は物を噬み嗑す(かみあわす)の意味。上下のあごを噛み合わせて物を噛み砕く事を意味し、人事をもって言えば良民の障害たる奸悪の人を法に照らして処刑除去し善人の和合亭通を得させる謂である。ゆえに噬嗑(ぜいこう)は亨る。獄を用いて悪人を裁くによろし。

難しいことは置いておいて、異物があるのなら噛み砕いて取り除くべきであるというのが大まかな意味である。異物というのは障害や妨害など進むに当たって邪魔となるものを言うが、これは相手から受けることだけではなく自分の心の中にある不安や疑問も当てはまるような気がする。疑心暗鬼という異物を持って進むより、異物を取り除いて力いっぱい進んだ方が効率がいいし、力も発揮できる。納得できないのに「ハイ。判りました」などと言えばその違和感は異物となり居座る。いつかなんとかなるだろう、と思っていても結局その異物は邪魔になり、早めに取り除いておけば進行も早かった、ということもある。
視界を明るくし進むこと、それには異物を見つけたときに早々に取り除くべきである。そうすれば物事は叶うとなっている。




そして、獄を用いて悪人を裁くによろし、というのはこの卦の形を説明するとわかりやすいが「雷と稲妻が合わさってその電光の明かり(明察)にのっとって刑罰を明らかにし、雷鳴の威嚇(行動力)にのっとって法令を整える」といった状態で、刑罰とは明察と行動力が必要条件であり、この卦にはその両方を兼ね備えているので刑罰を下す条件が整っている、という意味になる。
判りにくいようだが、よく被害者の家族の意見などに「どうしてこんな罪を犯したのか本当のことが知りたい」とか「事実を明らかにして」というような表現がされることがあるが、罪を明らかにし、その刑罰には慎重にかつ果断に実施されるというのが基本的かつ必要条件で、この卦はそれらの条件が整っているということだ。


ある男性が奥さんと子供を当時18歳の青年に殺害された、という事件の差し戻し控訴審に関するニュースが報道されていた。やはり基本はどうしてこんなことをしたのかという事件の中身を明らかにし、そして極刑をもって償って欲しいと願うのが当然であると思う。違う方向からこの裁判に関わる人もいるようだが、その人たちはもともと刑罰のためなのか私利私欲のためなのか疑問に思ってしまう。いや、その人たちも異物となってしまっている気がする。

この卦が言う明かり(明察)というのは決して太陽の明かりではない。雷鳴が照らす明かりは一瞬であっても辺り一面を照らすほどの力のあるものだ。是非戦い抜いてこれらの異物を取り除いて欲しいと思う。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-29 00:37 | 易経
よしっ!!!!
さくらのヘルニアが大分良くなった。これなら少しずつ慣らしの散歩へいけそうだ!!!!

しかし、あっという間にさくらの筋肉が落ちた。
そう、寝たきり老人の出来るまで、というのは病気などをして1週間寝たきりでいるとあっという間に筋肉が落ち、本当に寝たきりになってしまうらしい。そしてリハビリのために失った筋肉を元に戻そうとすると、寝たきりの期間×3倍かかる。年齢にもよるが、一度寝たきりになった場合、非常に根気強くリハビリをする必要があるし、リハビリ自体楽しくはないので、本人の意思も必要になってくる。



さくらは犬なのでそこまでの心配は無いが、それでも前にヘルニアの時、久しぶりに運動をしたらかなり疲れたようだった。それでも回復力は早く、症状が戻らないかという心配をよそにあっという間にいつもの元気なさくらに戻っていった。
今回もすぐに元気に走り回るようになるとは思うが、少し運動量を減らした方がいいかもしれないと思う。階段も以前はじゅうたんが敷いてあったがもう一度じゅうたんを敷いた方がいいかもしれない。もともと階段の上り下りの時には出来る限り抱っこをしているが、目を離すと自分で上ってきたりするので、出来る限りの対策はひつようかもしれない。


とてもヘルニアとは思えない寝相
c0057041_1192267.jpg




そして、「さくら、ほんとにヘルニア?」と爆睡中のさくらに聞いてみる。
さくらは「気持ちよく寝てるんだから起こさないでよ。ヘルニアなんだから」と答えているような気がしてきた。
c0057041_121460.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-26 01:31 | 愛犬
メロンっ!!!!
先日、Yさんからメロンが届いた。本当に嬉しい贈り物である。いつもありがとー!!!!

んで、2~3日経過してお尻の部分を触って柔らかくなったら食べごろと、言うことだが待つ間の長いこと。。。。。朝、メロンのお尻に挨拶をし「硬いな。頑張れよ~」と声をかけ、夜に「もーええか?」とお尻を触り「まだかいな~。頑張れよ~」と挨拶をする。これだけ声をかければメロンも仕方なく早く食べごろになってくれるだろう。
心配なのが触りすぎて柔らかくならないか?ということ、待ちきれずに半分に切ってみたら食べごろは先だった、という事態になることであるが、忍耐をしようと決意をした。
そういえば2匹もメロンがかなり好きだ。
というか、私が美味しそうに食べるから2匹も欲しがるのか、メロンが本当に好きなのか判らない部分ではあるが。。。。


さくらの様態は大分よくなり、今日も散歩に連れて行けとせがむ。が・・・・やはり抱っこをして連れて行けと言うではないか? そんなさくらを抱っこして散歩する私も私だが。
ただ、ここで無理をしてさらに悪化してはいけないのでもう少し我慢をしておとなしくすることにしようと思う。



数日前に、知り合いからお店に仕入れた「飲むヨーグルト」が賞味期限切れになってしまったので半値で買ってくれないか、と頼まれ少し多めに購入した。これがとても美味しくて食べるヨーグルトの固形のものと、一般的なメーカーの飲むタイプの中間ほどの濃度があり甘さも程々で飲み切れないんじゃないかという心配をよそに、ほとんど飲んでしまった。
おいしそうな匂いがするのか、ジュディーとさくらが欲しがるので、ちょっと上げてみた。余程美味しかったのかさらに欲しいと要求。次の日には冷蔵庫の前で待機するほどだった。大量に上げたり継続してあげたり、特にお腹を壊さなければ大丈夫でしょ?と思ったが・・・・・・
ななななんと、今日の朝、2匹のおトイレに大量の物が。。。これには驚いた。
人間も宿○が溜まったりすると良くないと言うが、2匹にも大量のものが溜まっていたのか? ヨーグルトが犬にいいのか判らないが、この現象を見る限りは体にはよさそうだ。


いや、こんな話で申し訳ないっ!!!!
[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-23 23:45 | その他
ヘルニア
この時期はなぜかさくらはヘルニアになるようだ。
なんだか様子がおかしいと思ってはいたが、まさか又ヘルニアになるとはという感じでショックでもあった。

一日、すごくひどい日があって食事を運んであげたり、おやつもベッドまで持っていってあげたりと、至れりつくせりの看護をした。翌日にはその甲斐あってか大分良くなっていたのだが、やはり「ここまでオヤツをもってきて」と目で訴えるし、ゴハンも「ここまで運んで~」と訴える。で、場所を移動したいときには抱っこをせがむし、甘えているのがミエミエだ。なんというか甘えるにも程があるっていうもんだ。
しかし、治ったわけではないしバタバタ動いて痛みが出てもいけないと、せっせとさくらのお手伝いをしてしまう。甘やかしすぎか? 飼い主バカだからか?
いやでも、甘えているんじゃないかもしれないし、本当に痛いから「オヤツを運べ、エサもってこい」と訴えているのかもしれないじゃないか? そう考えるとさくらの背中に手を当てて「痛くないからね。すぐ治るからね」などと励ましたり、体が冷えないように毛布をかけてあげたり、さらにはどこへ移動するときも抱っこをしてあげたりする。
一日でも早く良くなって欲しいから、これぐらいのことなんでもないんだ!!!! いや、足りないぐらいだ。



今日、わんこゴハンを作ろうとお肉を準備していたら、バタバタと走る音が。「ジュディーは本当に食いしん坊だから。ったく」と振り返るとさくらだった。
おいっ!!!!! 元気やんけ? 


そして食事が出来上がり、お皿にわんこゴハンを盛り付けていると「私歩けないの。ここまで持ってきて」だそうだ。なわけないだろうが!!!!



待てよ、確か前にも同じような出来事があった気がする。
そう、こうしていつもさくらにコロリとだまされるのが私のいいところでもある。


今日の一枚
オヤツを目の前にすると、ヘルニアは完治する。食べ終わるとヘルニアが再発する。
c0057041_23471879.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-18 23:47 | 愛犬
簡単料理その1
前に、細木○子氏の番組で和風ポトフっていうのをやっていた。
うちもポトフはよく作るけど、和風のダシで作ったことはないので、挑戦してみようかな。。。


で、この料理は切って煮込むだけという非常に簡単で、そのくせお野菜沢山で栄養も取れてお勧め料理。

レシピなんて
切る、煮る、ぐらいだよね。材料とベースのダシが何になるかでバリエーションがかなり広がる。お味噌をベースにすじ肉と野菜、っていうのもポトフとは言わないかもしれないけれど、いける。

とにもかくにも
ベーコン、ウインナー、鶏肉、などと好みの野菜を入れて煮ればいい。アクを取ることと弱火でコトコトというのが注意ぐらいか?


他にも注意点、お勧めポトフなどがあったら教えてください。




そそ、うちのワンコごはんもベースを鶏がらにして野菜を入れて煮込んでますが味見をするとめっちゃ美味しい。で、こっそりと料理に使ったりしてるんですが家族は誰もワンコゴハンとは知らない。。。。。。ぶふっつ
[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-11 00:10 | その他
げっ
一生懸命書いたのに、ボタン間違えて押したら全部消えたじゃないか!!!! 時々やらかすこの失敗なんだけれど、全部消えなくてもええじゃないか!!!!ったくもー。
気を取り直して・・・・


最近ずっとバタバタしていて2匹は外出が少なかった。出かけてもいつも車の中だったり、公園で走ったり、森を散策するなんて時間が無かったからストレスが溜まっているとは判っていた。
そこでGWの一日を愛犬サービスデーにした。特にさくらなどはストレスが溜まっていると一箇所だけで遊んでも物足りず、帰りの車の中で「次はどこへ行く?」とこれでは帰らないぞと意欲を見せる。そんなさくらに負けるのが私の弱さであり、ついつい「じゃ、あの公園へも立ち寄ってみようか?」となってしまうのだ。

この日は時々行く森へ出かけた。斜面を駆け上りこちらを笑顔で見下ろしてみたり、ダーっと走って「早く来てよ~」とアホ面して振り返ってこちらを見てみたり、沢の中には私の許可無く入り水浴びをし、帰ろうか?といえばあっかんべー面してはしゃいだり、とにかくしばらく走れなかった恨みを晴らすかのごとく遊びまくった。楽しくてよかったね~、と同じくアホ面して2匹に話しかける私も私だが・・・・

ところが翌日、さくらがダウン。ヘルニアの再発か?と心配したのだがヘルニア特有の痛みではないようで、やはり前日にはしゃぎすぎたんだ。全く世話のかかる犬だね。
大体、年齢を考えなきゃだめだよ。もう9歳なんだだからね。判った? などとさくらに話しているとふと気づいたことがある。
私は走れるか? いや、無理だ。全力疾走などしようものなら足がもつれてこけるのは間違いない。2匹みたいにテンション高くいられるか?いや、無理だ。家の階段ですら一往復したら息が切れる。それにこの間少し走っただけで翌日筋肉痛だった。
2匹のことをとやかく言っている場合ではない。っていうか、あれだけ走り回れるって事は2匹はすごいね。ジュディーなんて10歳だよ。鍛えれば老年犬でも走り回れるって事だ。鍛える必要があるのは私かもしれない。。。。。


c0057041_0215543.jpg

c0057041_022821.jpg

c0057041_022288.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-07 00:22 | 愛犬
父の友達
毎年、この季節になると父の友達のO氏のお宅から竹の子を掘ったので取りに来てください、という連絡がある。
O氏も生前はこの季節に届けに来てくれていた。

そして、父とO氏の会話も思い出す。
一緒に竹の子を掘りに行こう、と約束をしていて、約束を果たす前に父が病に倒れてしまったが、それでもO氏は体調の良いときに行けばいいから、と父を励ましてくれていた。

記憶というか思い出って、時に遠かったり、時に近かったり、不思議なものだと思う。竹の子を受け取るためにO氏の自宅の前に着いたとき、つい最近O氏に会ったような気がしてきた。
記憶というのは時に近く、時に遠く感じるのが不思議だと思う。

良い思い出というものはいつでも思い出せるところにおいてある。でもずっと思い出さないと徐々に遠くへ行ってしまう。しかし、何かのきっかけがあるとすぐ手に届くところまで来てくれる、そんなものなのかもしれない。

炊き上がった竹の子をO氏の思い出とともに頂くとしよう。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-05-01 23:34 |