タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
背中
何気ない瞬間に父の姿が浮かんでくる。
その姿の多くがなぜか背中ばかりだ。

よく親の背中を見て育ったなどと表現するが、最近になって気になる言葉の一つとなっている。なんとなく判ってはいてはいるし、そんなものだろうな、とさらっと流すことはあっても、実際にその意味を理解出来る人は多くはないんじゃないだろうか。
私もその一人で、実際に親の背中を見て何を学んだか、どんな影響を受けたのか言葉には言い表せない。

でも今からでも遅くは無い。親の背中を思い出し、追いかけて成長していきたいものだ。

そういえばうちのさくらも恭平とジュディーの真似をして大人になった。「お手」「お座り」などは教えたことが無い。ジーっと観察し「こうすればほめられるんだ」という所から覚えていった。一つだけ間違えて覚えたことがある。「フセ」と「ゴロン」で、さくらはフセをゴロンと寝転んでお腹を見せることがフセだと覚えた。
これはさすがに教えなおそうとしたが親から学んだ事は絶対曲げないようで、はっても黒豆、ゴロンをする。あきらめたのは私だ。

しかし、いい所もちゃんと受け継いでいる。叱られるとちゃんと反省するし、嫌いな物は吐き出して表現するし、寝るときは必ず大の字だし、雨の日は絶対に散歩へ行かないし、おやつが無いともらえるまでしつこいし、上げたらきりがない。
ったく、朝の牛乳も一日ぐらい忘れてもええじゃないか? 
悪い所じゃないかって? 確かにそうかもしれない・・・・・・・・
が!!!!! だから可愛いとも言えるんだ。




c0057041_0344829.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-30 00:36 |
喧嘩
うちの2匹は喧嘩をしたことなどいつか覚えが無いぐらいだ。
所が最近、かなりひどい喧嘩をした。びっくりして慌ててとめたぐらいなのでかなりのものだったと思う。

その喧嘩の原因がまたつまらないもので、あきれてしまう。
オヤツのジャーキーがカラになるとその袋の中に一つジャーキーを入れて遊び道具にして2匹に渡す。もちろん、各1セットだ。簡単に取り出せないように袋の一番奥にジャーキーをいれ、鼻が袋の中に簡単に入らないようにみっちり空気を抜いて密封状態に近くする。これが案外楽しいらしく、犬なりの頭脳をフルに回転させいかにしたらこのみっちりくっついた袋の口をこじ開けるか、又、袋の一番奥に張り付いたジャーキーまで口を持っていく方法を考える。時々お互いをけん制しあい「お、そんな方法を使ってるの?じゃ、私も」と言っているような表情で必死に袋と格闘する。この時、2匹は絶対に離れている。袋を取られたくないからだ。


しかし、ここで個人差が出る。さくらの方が袋の中のジャーキーを食べてしまうのが早い。圧倒的な差だ。時々古いタオルにジャーキーを結んで遊び道具にすることもあるが、これも又さくらが圧倒的な速さでタオルからジャーキーを食べる。それも結んだタオルをきちんとほどいてジャーキーだけ綺麗に食べるのだから立派なもんだ。ジュディーはタオルをボロボロにしてそこからジャーキーをほじり出すという感じで、方法にも差が出る。見ていて面白いものだ。

所が。。。。この時はジュディーがいち早く袋の奥にへばりついたジャーキーをゲッツした。そしてさくらの袋を横取りしようとしたのだ。するとさくらが怒った。当たり前だ。するとジュディーは何を思ったかさくらが怒るのを無視して袋を無理やり持ち去ろうとしたのだ。そこでかなり激しい喧嘩となった。
私の一喝で2匹は喧嘩を中止し、私に「ごめんね。ちょっとやりすぎちゃった。怒らないでね」という甘えたモードで反省。

必死になることは悪いことではない。ただ、喧嘩をするほど必死になるほどのものでもなかろうに。人間社会では欲しいものを人から奪うことを強奪、略奪、横奪、などと言ってバツを与えられることすらある。
私はこの2匹にバツを与えることにした。密着ファスナー付きのあのジップなんとかという袋を取り出し、ジャーキーを入れ口を密着して2匹に与えた。
「これでどうだ? 欲しくても取れないでしょ? いい、これからお互いのものを奪い合ったらこういう目にあうんだよ」と、わけのわからない事を口走りながら反応を見る。
すると、少し格闘した後さくらは袋を咥えて私の前に座る。。。。。。。口を開けろとな。尻尾フリフリで。。。。
そしてジュディー、あっという間に袋を破きジャーキーゲッツ。それにかなり楽しそうだ。
ジャーキーを購入した人ならわかると思うが、案外丈夫な袋が利用されている。キッチン用のジップ何とかというのは犬が咥えて破れないということは前提になっていないようだ。


人間の知恵は何事にも勝ると思うことは間違いだ。おかげでジップなんとかという袋を無駄にした。


今日の2枚。
どっちにピントを合わせるか? 散々悩んだ2枚。さしたる問題ではないが
c0057041_0153681.jpg
c0057041_0154412.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-20 00:16 | 愛犬
ここの所
体調が悪かったりで、憂鬱な日が続いた。
このブログも調子が悪かったようだが、雨の日が多いからか? って、関係ないよね。。。。。


ジュディーとさくらは私が体調が悪くても起きているとあれこれ要求するのはいつもと同じで「今日はしんどいからお散歩は行けないからね」と言っても「いいじゃん、行こうよ。外の空気を吸うと元気になるよ」とでも言っているような無邪気な表情で私をつつく。
いっそ布団に入って寝てしまうと一緒に布団に入り「お昼寝? じゃ私も一緒に寝るね」と大の字で寝言を言いながら寝る。しかし、おやつの時間だけはキッチリ守る。
全く一度でいいから2匹のいない布団で寝てみたいものだ・・・・・
と言っても私が一緒に寝るくせにしてしまったので自業自得なのだが。。。。。。。


恭平がいた頃、熱を出して寝ていたときも私が布団にいる間はずっと布団で寝ている。しかし、おやつの時間と、ゴハンの時間だけはきっちり守り、病気で寝ている私を差し置いてさっさと自分だけゴハンを食べにリビングへ。。。。。そして父が散歩へ連れて行こうとするとさっさと私を布団に残し散歩へ出かける。ただ、恭平だけは私から離れなかった。なんと素晴らしい子だろう。
ジュディーとさくらが屁たれと認めたくはないが、この時だけは恭平を抱きしめ「愛ちてるぞ~」と赤ちゃん言葉を使ったものだ。

そういえば最近、父の夢も恭平の夢も全く見なくなった。ある人に言わせると夢に出てくるのは心配で天国へ行けないからだ、ということらしいが私の夢に出てくる父と恭平は決して私を心配している様子ではない。
懐かしい姿であることがほとんどで、元気な頃、病気の頃、どちらの姿も私にとっては父は父、恭平は恭平であり、大切な家族として夢に登場する。

犬も夢を見るらしいが、とくにさくらはとても寝言が多い。一体どんな夢を見ているのだろうか。吼えてみたりうなってみたり、草原を走り回るかのように足を動かしてみたりかなり鮮明な夢のようだ。
きっと、時々恭平と父も一緒に大草原を走っている夢に違いない。



c0057041_230155.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-18 23:00 | その他
このブログ表示エラーが起きるらしい
見難かったりするかもしれません。ごめんね~。


いつも表示されないわけでもないらしいのですが
復旧のめどは立っていないらしい・・・・・

報告です
[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-13 00:17 | その他
情けないなぁ
昨日、うちの近所の子供達が外でボール遊びをしていた。子供と言っても中学生だ。なので小学生がちょろっとボールを転がす程度ではなく、あっちこっちへ飛ばしているようだ。
前も、駐車場で野球を始めて私の車はもちろん近所の車にもぶつけまくっていた。ま、迷惑行為ってやつだ。

んで、昨日のことだがこっそり門を空けて誰かが入ってくるのが見えた。するとジュディーがそれを見つけ吼えまくった。どうやら庭の中にボールを入れてしまったようでこっそり取ろうと想ったらしい。所がジュディーに吼えられ慌てて走った。
もちろん、ジュディーは追いかけるはずだ。所が。。。。。尻尾丸めてただ遠巻きに吼えるだけ。おい、追いかけろよ!!!!!!!!
ちなみに前にもこの少年達が家の前の道路で遊んでいたが、なぜか我が愛犬にバッドを持って向かってきた。恭平は「こんにゃろー、何すんだよぉー」と勇敢に立ち向かい少年達はあのちっこいダックスの恭平にびびったのである。その時2匹は玄関の前に非難していた。逃げ足は速いようだ。

ま、その経験からしてもジュディーが勇敢に立ち向かうとは考えにくいがドロボーよけとしては期待できそうにない。私が強姦にやられたとしてもさっさと逃げるだろう。
明日からオヤツを減らそう。。。。。。
c0057041_015942.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-07 00:02 | 愛犬
ひどいね~
世の中色々ひどいことも多いけれど、社会保険のことはかなりひどい事だ。
未支給も年金受給者が悪いわけではないが「救済」という言葉を使う所もどうかと思う。
さらに税金を使うとかなんとからしいが、正気か?


老後は年金が。。。。というのが当然の事であると同じように、払っているからもらえるはず、という当たり前と信じてきたことが裏切られてしまえば、これから年金制度そのものを信頼していいのか、という疑問が生じる。
しかし、考えてみれば年金制度がなかったとして老後の資金を全部自分で溜められるかというと出来る人は少ない。
すぐに引き落しが出来る銀行などに預けていたりしたら何か不意なことでお金が必要になりついつい老後の資金を拝借するかもしれない。次の給料で穴埋めすればいいから、などと理由をつけてついつい使う、ということを繰り返すというのはありがちなことだ。

年金を自分で作ることになり、銀行が「絶対に老後まで引き落しが出来ない口座作りました」と宣伝を始めた。さて、自分はその口座を利用するだろうか? 
さらに、年金制度が崩壊し今まで自分が納めた年金額は全額返納されることになった。さて、その資金を自分で運用しなくてはならなくなったが、出来るだろうか?
運用して増やすどころか、損をぶっこいて年金額が半分んいなった、じゃしゃれにならない。


もともと長い年月をかけて大きな資金を扱うことに慣れている人は少ない。「給与」という区切られた期間で区切られた期間を生活する、というのが本性というか・・・・
狩猟民族である私達は区切られた期間を生きるために狩猟するという能力を与えられていても、65歳以降のために狩猟をして保存をする能力は持ち合わせていない気がする。
だからといって、このままでいいわけではなく、せめて自分が収めた年金を把握するぐらいの改革は必要かもしれない。それにやはり年金制度というものは必要なものであると思う。ただそこには自分で管理という項目を作ってもらいたい。いくら収めていますよ、老後はこれぐらいもらえますよ、という自分で管理できる部分は絶対に必要だと思う。


とにかく、自分達もいくら払ったかは自分で把握するから、そちらもいくらもらえるかは報告しろ、とお互いが改革をする時期なのだろうか。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-06-05 00:30 | その他