タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
勢い
勢いのついたとき、というか全ての流れが自分に向いているときに、前に進むことは非常に簡単だ。どちらかというと流れが自分に向いているときは前に進むように流れていく。
しかし、流れが変わって反対の方へ行き始めたとき、どんな対応をするかによって、真価が問われる。
すごすごと退散するか、それとも誰かのせいにして逃げるか、流れを変えようと頑張るか。人によって対応は様々だと思うが一番厄介なのはこのまま終りたくない、という未練を持つ事だと思う。
未練というのと、流れに対抗するのでは全く違う。今までの倍以上の力を必要とするが覚悟の上で進むこと、つまりその覚悟と、流れに対抗するまでの力を備えていないのにいつまでも流れを追い、それは結局流されているのだと知らない事、そういう違いじゃないかな、と思う。

本当は潮の流れを読み取ることが出来るのなら、それが一番いいのだが、流れが変わるまでじっと耐える忍耐が必要となる。
これは、流れを変えようとがむしゃらに進むこととは違って押すでもなし、引くでもなし、忍耐というのは中途半端な強さではもてないものだ。

孔子だったか、兵法に勝つことより負けないことを知るのが勝つ方法だ、というのがあって、それは敵が身近に来るまでじっと隠れて待つ。それも手の内に入るまでじっと待つのだ。そしてそこでやっと刀を向ける。それが負けない方法らしい。ただ、その耐えることが一番難しいらしい。

選挙が終って誰を支持するとか、そういうのは全く無いが、結果を見据えて「辞めない」と言った阿部総理の言葉が妙に印象に残った。
退散するか、逃げるか、頑張るか、未練か、忍耐か、その辺りは私では判断できないが、これからに期待したい気持ちで眺めていた・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-31 00:03 | コラム
懲りずに
前と同じ池へ連れて行った。今度は先客がいないことを願って・・・・


池まで到達するとやったー、誰もいない。しかし、池のほとりで花火をしている家族がいた。さー、わんこはいないから気にせず池に入れーっ、と思ったところが、花火が怖かったらしい。
私のヒザから離れず、水に入るどころか早く帰ろうよ、とせがむ2匹。
ったくどこまでしょーもない犬たちなんだ!!!!!

ということで、寂しく池を後にしたのであります。



犬のサマーカットのことだけれど、ゲストブックにも書いたとおり私はカットしない。しかし、暑い時は必ず濡れたタオルを持参し、あまりにしんどい様子だと体を湿らす。公園で遊ぶときは体中を水で濡らしたりもする。で、ペットボトルを持参して体についた水が暑くなってくるとお水をかけて冷やす、など暑さ対策をしている。車のシートなどは熱を持つと中々冷えない。なので、体をしめらして車にのせ、エアコンの噴出し口を2匹の方に向ける。するとゼーゼー、ハーハーが治まるので体を冷やすには手っ取り早い方法だ。ところが、あるときジュディーがブルブル震っている。
どうやら、エアコンの風が冷たすぎて寒くなってしまったようだ。ジュディー!!!大丈夫か?風邪ひかないか?・・・と焦ったのは言うまでも無い。


しかし、クソ暑い真夏に震う程冷やしてしまう飼い主の気が知れない。


c0057041_2352673.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-27 23:53 | 愛犬
情けない犬
井戸の水を利用して人口の池と川が作ってある公園がある。とても綺麗で冷たい井戸の水は犬達にとっても気持ちがいいようで、ワンコたちの遊び場となっている。

昼間は子供達が遊ぶため、犬はその川に入れない。なので夜に遊びに連れて行った。すると、同じ事を考えている先客が池でバシャバシャボール遊びをしていた。2匹は嬉しそうに池のほとりに到達するも、先客を見て呆然。
ジーっト立ち止まり「あの子が遊んでるから池に入れないもん」と私に訴えている。すると、飼い主さんが「一緒にどうぞ」と言ってくれた。
しかし、2匹は立ちすくんだままその犬の激しいボール遊びを眺めている。時々私を見上げるので「ほら、一緒に遊ぼうよ。イヤなら隅っこにお邪魔して入っていったら?」と先導してみる。
やはりイヤらしい。水しぶきが飛んでくると露骨にイヤな表情をする。あたかも迷惑と訴えている。
情けないなぁ。一緒に遊んだらいいじゃない? イヤなの? 

それに気づいたびしょぬれのワンコが誘いに来てくれた。濡れた顔が近づいた途端私にしがみついて抱っこしろとな。全く情けない。

仕方なく少し歩くことに。戻ってみるとまだ遊んでいる。2匹はしばらくそのワンコを眺め恨めしそうに家路についたのである。。。。。。


今日の一枚
ワンコがどこにもいないのでご機嫌のさくら
c0057041_2317969.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-23 23:17 | 愛犬
河合隼雄氏
河合隼雄氏の著書は数冊読んだ。とっつきにくい心理学もこの方の著書を読むとなじみやすく感じられる。
ふと迷ったとき、ふと悩んだとき、本は助けにもなるし、見えなかったことが見えてくることもある。特に心理学の本などは専門的なもの意外なら、助けになることが多い。曽野綾子氏の本の中にも(多分”誰がために愛するか”だったと思う)迷ったときには心理学の本を読んでみるといい、という事が書かれていた。
そんな中で河合隼雄氏の著書は判りやすく好きだった。

残念なことに19日に死去された。本当に残念に思う。
なによりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-22 00:57 | その他
叔父
しばらく連絡を取っていない間に、叔父は手術をしたということだった。
今は、少しずつお店に出られるし、なんとか元気にしているという知らせで、嬉しい半分、心配半分。。。。。。

ただ、手術を嫌がっていた叔父が決心をしたことを考えるとこれからも何とか元気で頑張って欲しいと願うばかりだ。
叔父が入院をすると毎回東京まで出向いていたが、わざわざ足を運ばせたくないと思う人なので、又茨城へ遊びに行くという口実で顔だけでも見に行きたいと思う。
今日はしんどくて早く布団に入ったというし、もう少し体調が整ってからにしよう。

パソコンが壊れてメールのやり取りが出来なくなっていたが、携帯に連絡をくれ、と言っていたのだが、携帯メールが出来るようになったのかな? どちらにしろ、一度携帯へ連絡をしてみよう。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-18 23:13 | 愛犬
なんでかな~
2匹に同じものを与えていても相手の物が良くなる。
さっきまで興味がなかったのに相手がいじりだすと、欲しくなる。
ま、人間でも似たような事はあるがうちの2匹を見ているとそういう事が多い。

さっきも、その辺においてあった犬のガムをジュディーがカジカジしはじめたら、さくらがそのガム場欲しくなったらしい。しかし、一旦口に入れたものは絶対に離さないというジュディーの執念はさくらに奪われるスキすら与えない。

そこで、かしこいさくらは私に甘えた声で訴える。「ジュディーの噛んでるのを奪ってよ」と。一応形だけさくらの要求に答え「ほら、ジュディーは離さないからあきらめて」と言う。しかし、どうしても欲しいらしい。
仕方なく、新しいガムをさくらに与えるが、新品はイヤらしい。結局ジュディーが新品につられて今まで噛んでいたガムを落とし新しいガムをゲット。そして古いのはさくらが奪う。

ところが「どうしてジュディーだけ新品なの? 私も頂戴よ」とさくらが新品を要求。

結果、さくらが欲しがっていた古いガムはその辺に置き去りだ。
あんたら、これどうするつもりよ?



いつもこの調子で古いガムは廃棄処分となる。

<古いガムを必死で守るさくら
そして飽きてしまって二度と見向きをしなくなる。哀れなガムよ>
c0057041_2339175.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-09 23:38 | 愛犬
命日は過ぎたが
父の誕生日は5月18日。
毎年何をプレゼントしようかと考え、父の日とまとめて一つ送ればいいか、などと勝手な事を考えていたが、今となっては誕生日も父の日も関係ないのが少々寂しかったりする。

振り返ると、大したプレゼントなどはしなかった。それでも父の部屋に私が送ったブランディーのボトルが飾ってあるのを「これはいいぞ」と言った父の言葉が耳に響いてきて、どうして父は・・・・などと思う事が多かった。
今は花を飾り、遠くの父に挨拶をする、という事が徐々に当たり前のことになってきている。

なぜ、どうして、
と考えても答えの出ないことは多い。目の前の出来事になぜ、どうして、と悩み、先行きを考えるまでもいかず、途方に暮れるという事もある。
そして先行きを考え悩み迷う事もある。

ただ答えの出ない、なぜ、どうして、という問題を考え続ける事と、進む道を考えるということを混同してしてしまうことがある。そういうときは延々と考え、落ち込み中々目の前の苦難から抜け出せず苦しい気持ちだけを抱えてしまう。

私も恭平を亡くし、父を亡くしたときなぜ、どうして、と苦しい気持ちになったことがある。そこから抜け出す方法もしらないまま、今に至っているが、一つ言えることは答えのでないなぜ、どうして、という問題もこの世の中にはあるとあきらめることだ。
あきらめるというと響きが悪いので、ありのままを受け入れるというほうがいいかもしれない。
そこで初めて違う道が見えてくるのだと思う。
反対に答えの出ないことを考え続けるというのは、現実から逃げるためにそうしている事もあるのだ。
受け入れてしまったら、全てが終る、という錯覚とか違う道を見つけられなかったらという不安というか、色々な心理が働くのだと思う。



私の知人がとあることで悩んでいた。よくよく聞くと悩みではなく、そのなぜ、どうしてという問題を延々と考えその気持ちを聞いてもらい楽になりたいと思っていると気づいた。
私も同じような経験をしたし、だからこそ、違う道を見つけれたらと願う。決して乗り越えるとか、克服するとか、パワーを目一杯必要とする心理状態ではないのだが、自分を認めるという力は必要だと思う。
是非、自分を大切にするためにも頑張って欲しい。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-09 00:01 |
焦るガメラ
母が携帯を変えてカメラの使い方を教えろとうるさい。
仕方なく教えたが・・・・・
夕食後、ガメラが弟に「この写真をなんとかしろ」と必死になっている。すると、3枚撮影した写真が保存されていて2枚は天井。もう一枚は自分の写真だった。

2枚は景色を写したら天井が写ったらしい。で、何かが違うと悟ったため、取り方を変えたら今度は自分が写ってしまった。それがとんでもないヘンな顔をしている。
そのため、その自分の写真を消したいがにっちもさっちもならず頼んだわけだ。

そして、弟が説明のために一枚写したら「どうして写すの。一枚無くなった」とごねる。弟は「アホか。消せば又写せるからいいんだ」と言うと納得したと思われたが、さらにもう一枚写したときは「あんまり写すと枚数が減る」と言い出す始末だ。
”一枚無くなる”、という意味と”枚数が減る”という意味の違いは母にしか判らないが、完全にカメラを使いこなせるには時間を必要とするらしい。

しばらくうるさいぞ~
[PR]
by kyouhei414 | 2007-07-02 23:49 | その他