タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
しかし
ジュディーは食欲はある。食べてばっかりでいいのか?
今日はほとんどいつもと変わらない状態になっていて、きっと遊びすぎたからヘルニアっぽい感じになったのかもしれない。
病院へ連れて行くほどでもないし、病気だと怖いので連れて行ったほうがいいかもしれないし、迷っていたけれど、回復の兆しが見えたので安静を心がけて様子を見ることにした。

もう老犬の域なので油断はいけないが、気持ちとしては病気知らず、怪我知らずでボケ老人になるまで長生きして欲しい。



あ、ちょっと待った!!!!!
部屋にコウロギらしき生き物を発見。
なんでや?
あーーーーーーー、いやー!!!!
どこ行くんだよ!!!!
あんた何者なんだよ? 
うわ。寝ているときに襲われてもいけないので今から退治に挑戦。
結果は後日
失敬
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-30 00:46 | 愛犬
おかしい
なにやらジュディーが元気が無い。食欲はあるのに元気がないというのはヘルニアか? お盆休みの登山が原因か?
段差を嫌がるのでヘルニアの可能性は高いが我慢強いジュディーのことだから本当に痛くなるまで我慢したのだろうか。
と、心配は尽きないが明日もこの調子なら病院へ行ってこよう。


しかし、もうじき11歳のジュディーは人間で言うと60歳らしい。さくらは56歳だ。犬という動物は不思議な生き物で、”大人なんだから”という認識は全く無い。
さくらなどジュディーをかばっていたら、「私もかまって」と私とジュディーの間に入り込んでくる。ヤキモチなんだろうが、56歳の大人がさくらと同じ行動をしたら病院へ送られるか、アホやんけ、と相手にされないだろうが、幸せな生き物だ。

おまけに56歳と60歳のおばんが一人で散歩できないの、ついてきてと甘えてきたら「いくつだと思ってるんだ!!!」と罵倒されるか蹴倒されるかだろう。

と思ってはみるものの、だから犬は可愛い。反対に「もう大人だからさ」とタダ飯だけ食べて寝たいときに昼寝してそのくせ大きな態度で居座ったら「いつまで昼寝してるんだ働いて来い」と怒鳴っているだろう。
素直で純粋で愛情深い犬たちから受け取るものは沢山ある。そんな2匹のためにも出来る限り快適な老後を送れるようにしたいし、楽しい時間を過ごしていきたい。

c0057041_2353765.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-27 23:53 | 愛犬
早いもので
もう8月も終わりに近づいてきた。

時々近所の人や友人たちを自宅に招きバーベキューをしたていた。父は招かれるより招くことが好きなタイプで、家に人が集まることは嫌いでなかった。
父がいなくなってからはそういう機会が減ってきたが、時々あのバーベキューをした日を思い出す。

父の友人達を自宅に招きバーベキューをしたあの日だ。
あの時、とても嬉しそうに過ごしていた。恭平もいた。

癌と知った後、どうしてあの時病院に連れて行かなかったのだろう、もっと早ければ・・・・という後悔に苦しんだ。
そんな気持ちも今では「楽しい時間を過ごした日」という一つの思い出になりつつある。
時間が過ぎたからだろうか?
それとも、いやな思い出をいつまでも残したくないからだろうか?

いや、どの時点であってもその時に感じた気持ちは嘘ではないし、事実なのだ。
ならば、今の自分の気持ちを大切にしてあの夏の日のバーベキューを楽しい思い出として大切にしていこうと思う。


夏の一ページ・・・・
c0057041_23532031.jpg

c0057041_23533616.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-23 23:53 |
どっひゃ~
又一つ年を食ったぞ。この年齢増加をいい加減止めないと、とんでもないことになるぞ。やばいぞ。



と、自分の誕生日に思ったのであります。
そして、そこのあなた、次はあなたの番ですよ。確実に数字は増えますよぉ~。
と、他人をやっかんだりして誕生日には確実に意地クソが悪くなるのであります。


でも、Sさん、メッセージありがとー!!!!最高に嬉しかったよ。
それから、Aさん、Mさんいやみなメッセージをありがとー。次は君の番だ。あははは~
最後に、我が親友へ。昨年はメッセージもくれなかったので悪友に格下げしようかと思ったけど、やっぱこれからも私の親友でいていいぞ~



最後に、ばばぁとは他人事と思っておりましたが確実にばばぁ、一直線でございます。
こんな私ですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-20 23:10 | その他
暑い
今年は本当に暑い。去年も暑かったと思うのだが毎年暑さがイヤな感じのものになって行く気がするのは気のせいだろうか?

地球温暖化が叫ばれてから一度でも温度が下がったというニュースは流れていない。どれほどの努力をしたら地球は温暖化をとめてくれるのだろうか?
いや、人間が考えるほど簡単には止まらないだろう。

氷河も溶けているというが、アラスカで見てきた氷河の美しさ、壮大さは今もしっかりと覚えている。人間の寿命など高々知れている。しかし、あの氷河にはその短い寿命などヘとも思わぬ力強さがあった。人間の力など高々知れているとすら思えてしまう。
というより、人間は生かされているに過ぎない。地球の生命、自然の壮大さの中で少しの間だけ生を与えられ自然を使わせてもらっているということだと思う。

そして、自然を守ると表現するが、これもまた人間の傲慢から来ている表現だと感じる。コンクリートだけの世界になれば人は生きていかれないかもしれないし、樹木が無くなればもっとひどいことになる。
樹木に、自然に、美しい地球に感謝して人間を生かしてもらえるような、そんな環境になればいいな、と考えながら布団に入る事にしよう。

おやすみ
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-17 00:11 | その他
恐怖のお盆
なぜかうちに母の兄弟が集まるお盆。従兄弟まで来るのだがこれが又恐怖。
孫という言葉が必ず出るので私は逃げるところが無くて逃げ場を探す。

大体、このクソ暑いのに庭で焼肉するなんて正気の沙汰か?
今日は東京でも夜10時を過ぎて気温30度という熱帯夜だし、涼しいところでゴロンとするのが正常な神経っていうもんだ。

おまけにお風呂まで入って帰る親戚もいるからあきれる。真夏に墨など燃すから汗もかくってば。悪いことは言わない。やめとけ。
ついでに言うと、叔母の買っているこりないチワワのミッキーも連れてくる。うちの2匹がこのミッキーが嫌いなのは判ってるだろうが?

なんとか夜遅くまで逃げて、家に戻るとこのミッキー一家が残っていた。
すると叔母が
「見て、ここから見てもミッキーは可愛いでしょ」と叔母が突然言い出した。
以下その会話
私「そうでもないよ」
叔母「どうして? 可愛いじゃない」
私「だから、たいして可愛くないって。言っておくけどうちの2匹の方が可愛いよ」
叔母「あなた失礼ね。2匹よりはうちの子の方が絶対に可愛いにきまってるって」
私「だ~か~らぁー。言うほど可愛くないってば」
叔母「イヤ、絶対に可愛い」
私「叔母さんも親ばかだね。私と一緒で」
叔母「そうなのよ。私はホントに親ばかで、困っちゃうわ」
私「・・・・・・」


叔母さん、長生きするよ、絶対に。
それより、夜は深けた。ミッキー連れてはよ帰りんしゃい
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-11 23:41 | その他
悲しい知らせを受けて
メール交換していた私の友人のお父様が旅立たれた。
一生懸命にお父様を支える姿が伝わってきて、心から応援をしていた。

支えると一言で言うが、簡単なことではない。様々な葛藤や苦しみの中何が正しいのか判らなくなることすらある。しかし、愛情があるからこそ葛藤が生まれ、苦しみも大きくなる。
そんな中、懸命に支えてこられたこの友人に、ご苦労様、と声をかけたい。



ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-08 23:38 | その他
腰が引ける
腰が引けると表現するが、このさくらの様子を見てびびると本当に腰が引けるんだな、と感じた。それも情けない表情のおまけつきだ。


さくらは一応私の方へ行こうとするが、あまりにも高いので腰は引けて、固まってしまった。しかしジュディーはさっさとあきらめ段差を見なかったかのごとく背を向けた。
2匹にはかなりの性格の差があるが、どちらかというとさくらの方が強い性格をしていると思う場面が多い。しかし、芯の部分ではジュディーの方が強いのかもしれない。


人間でも普段の行動からすると気の弱い性格と判断されている人が、何かの拍子に想像以上の強さを見せることがある。もともと人の性格など判ったような気がしているだけで芯の部分では判らないことが多い。つまりは判らない部分の方が多いと思っておけば間違いない。

私も2匹の性格すら満足に理解していないと思うことがある。この写真でもまさかジュディーが知らん顔をするとは思わなかったし、さくらが腰が引けるほど怖がるとも思わなかった。ただ、こういう出来事を積み上げていきやっと本当の性格に近づくのかもしれない。
c0057041_23533688.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-07 23:54 | 愛犬
好きなことを好きなだけ
天気の関係やらなにやらで中々公園で思い切り遊ばせられなかった。
この日は買い物のついでに少し公園に立ち寄った。母(ガメラ)も一緒だったので、ランチを公園で食べて、その間に2匹は遊び、ランチが終ったら買える予定で。。。。

一応うちの2匹は「おうちへ帰る」という言葉を理解する。なので、遊んでいても「おうちえ帰りますよー」と叫ぶと、ほいさー、と来た道を戻り車に戻っていく。なんと賢い犬たちだろう。

ランチが終わり「おうちへ帰るよ」と言うと、なんとさくらが聞こえないフリをする。まさか?と思い後ろから絶対に聞こえる声で「さーくらっ、おうちへ帰りますよー」と叫んでみた。しかし、同じように聞こえないフリをしてあさっての方へ行ってしまう。
「久しぶりだしもう少し遊ばせよう」とガメラが言うので、くそ暑いのに我慢して2匹につきあった。もーええだろ? と「おうちへ帰るよ」と言ってみるが一瞬立ち止まって考えるもののやはり帰るどころか遊びに熱中。
ったくしょーもないな。と文句タラタラでしばし付き合う。

しかし、元気な2匹に飽き飽きしてきて「いい加減おうちに帰ろうよ。ね、暑いでしょ。だからさ、おうちへ帰ってお昼寝しようよ。ね、おやつもあげるからさ。なんなら帰りにおやつを買って帰ろうか? ね、さくら、聞いてる? ジュディーはいい子だから素直に帰るよね? さくらはね、おたんちんだからおやつも減らしちゃうよ。」と言い、頭を抱えて座り込む。
振り返ると2匹は離れたところで私を待っている。それも車の方向だ。は?帰るの?
早く言ってよ。

どうやら気が済むまで遊んだらしい。
しかし、私を置いて先に帰ろうとするなんておかしくないか? 何考えてるんだ?

こうやって自分の好きなことに熱中し、それに対して素直に行動する純粋さが羨ましい。
存分に楽しんだ2匹は家に帰ると直ぐに昼寝。やはりどこまで行っても素直で純粋だ。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-08-04 00:14 | その他