タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
注意
先日のわんこのお話ですが、もう少し説明を足すと、私はそのわんこには会っていません。会いに行く予定ではいますが、お互いの予定が合わずですので、もう少し先になると思います。
それから、飼ってもらえるということでしたら今保護をされている方と直接お話をしていただくことになります。私が仲介に入るよりは面倒を見てくださっている方に直接話を聞き、引き取られた方がいいと思います。

写真は見せてもらったのですが、確かにとても優しい表情をしていて人間を恨んだり、疑ったりして警戒をしている表情ではありません。
なので、わんこをはじめて飼う方でも大きな心配はなく飼っていただける可能性が高いです。
それらも、だろう・・・ということなので一番いいのは直接わんこに会ってみて触れ合った感じで決めるのが一番です。

私は犬といえども縁というか出会いというものがあると信じています。人間社会でも出会いと別れを繰り返し、そのなかで重要な出会いは潜んでいます。
ただ、犬という動物は人間が面倒を見るというのが絶対条件です。犬は人間を癒し、励まし、愛情を与えてくれる生き物ですが、無償のものではありません。まずあなたが愛情を持つことです。
もっと大切なのはこのわんこの一生を私が見届けるという”継続”を必要とすることです。その上に愛情というエッセンスが必要なのです。犬の愛情が先で人間の愛情が後ではけっしてありません。
継続という柱のない人には愛情という壁は取り付けられないのです。

このわんこを捨てた人に欠けていたものは、その継続でした。しかし愛情だけが残っているので手紙を残して誰かに飼ってもらおうと考えたわけです。誰かが飼ってくれる、と信じることで継続を放棄し、身勝手な愛情に浸かっていると考えています。
今後、このことを教訓として二度と身勝手な愛情に浸からないことを願っています。

又、同じようにこのわんこを飼ってもいいと手を上げてくれた人にもしっかりと土台に柱を建て、そして頑丈な壁を取り付けて欲しいというのが希望です。





強い柱と分厚い壁はどんな雨風にも負けません。
その中でこそ愛情はすくすくと育っていくものです。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-29 00:45 | 愛犬
信じられない
知り合いの知り合いがスーパーの前で置き去りの犬を発見。もう飼えないので誰か、飼ってください、という手紙が一緒だったらしい。
本当にこういうことをする人がいるというのは信じがたい。ただ、どうにもならない事情があったとして、運よく優しい人に飼ってもらえたら、という希望を持った処置だったとは思う。しかし、身勝手な行動に変わりなく、こういう人が減ってくれることを願う。

見つけた人はかわいそうになり保護して警察へ届けた。すると警察で飼い主が1週間見つからないと保健所へ連れて行くと説明を受けた。
そんなことは出来ないと、ご自分で引き取り新しい飼い主さんを探すことにした。


大人になった犬を飼うと言ってくれる人はそう簡単には見つからない。私にも声がかかったのだが、うちの2匹が受け入れるのなら飼ってみようと思う。
しかし、この知り合いはうちの2匹を知っているのだが「ダメだな。彼女達は絶対に仲良くしないよ」とな。確かに・・・・・・


ということであきらめずに飼い主さんを探してみることにした。もし、飼ってもいいと思われる人がいたらご一報を。
犬種 キャバリア
女の子
推定1歳
性格 かなりいい
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-27 23:15 | 愛犬
連休
忙しくしていて結局気がついたら終っていた連休。

うちの2匹は連休だろうがなんだろうが、遊びにいければそれでいい。特に夏の間夜に散歩へ出かけることが多かったので、今でもさくらは夜になると散歩をせがむ。昼間行っても夜の散歩は絶対に行きたいらしく、もう行かないの、と説得しても全く無駄。
なんだかかんだで、夜の散歩に付き合わされてしまう。


そういえば、近所の和子さんというおばちゃんの事が大好きで、家の前を通ると必ず和子さんの家に立ち寄り、姿がないか探す。運良く見つけるとなぜてもらうまで帰らない。
そんなある日、母が2匹を連れて和子さんの家の前まで来たとき、急にトイレに行きたくなったらしい。そこで、2匹を和子さんに預け母は一人で自宅に戻りトイレへ。
さすがに2匹も置いていかれたと思ったらしく、キュンキュン言っていたらしい。翌日私が2匹を連れて和子さんの家の前に行くと立ち寄ろうともしない。和子さんの姿を見ても近寄りはするが以前ほどべったりしない。
きっと、あまり和子さんに甘えると又置いていかれると思ったのだろう。可愛いといえば可愛いが、なにせ可愛そうなのは和子さんだ。あれだけなつかれて可愛がっていたのに急に尻尾をむけれられるのだから。


しかし、そういう行動をとってもなぜか”可愛い”と言われるのだからなんとなく憎くなってしまうのは私だけだろうか。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-24 22:56 | その他
水地比
比とは親比、親輔、人々互いに親しみあい助け合うの意味。人々が一人の君を仰ぎなついている形である。人と援け合うのはもとより吉であるが、その相手を失してはならぬ。それ故に親しみ合う相手はよくよく推し、自分にとって善き永久的な正しい徳がある人を選び得てこそ、咎なきを得る。このようにすれば今まで不安を抱いて親しむことの無かったものまでやがて慕いよるであろう。そうなってもぐずぐずして遅れて親しんでくるような人は凶である。

訳;
この卦の形は、地に水がしみこむ様子を表していて、いかにも自然に溶け込む様子を表している。人と人が親しみ援け合うと不思議な力が生まれ、陽気を生じる。そして今までは不安に思っていた人たちも自然に集まり結束し陽の輪は広がる。
しかし、ただ一人懐疑的でぐずぐずして遅れてくる人は凶である。つまり折角の輪を乱す元となってしまう。





基本的に自分が相手を慕っていくというのではなく、人に慕われる、という方向のことを言っているのだが慕われたからと言って必ずしも吉とはならず、よく見極め親しみ援け合える相手なら問題はない。それどころか、不思議な力に引き寄せられるように人は集まってくる。その力は簡単には崩せないと思い、何でも出来る、乗り越えられる、強い、など傲慢になったときには凶の波が押し寄せている、という教訓でもある。
問題はその凶の元となるのは案外、外部の事情や、敵陣ではなく見方の中から発生することで、それに気づかないことの方が多い。

もともと、人に慕ってもらおうと考えても簡単には人は集まってくれない。集まってくれたとしても自分の魅力だと思い込みやすいし、集まった人がそう簡単には離れていかないと信じるのが普通だ。
しかし、人が離れていくときのスピード、一旦乱れた時のモロさなどは、気づいたときには手遅れであることがほとんどじゃないだろうか。吉の力が強いのと同じぐらいに凶の力は強いと思えば不思議ではないが、それでもまだ戻ってきてくれる、とか助け合ったあの頃に戻れるはず、と信じて疑わない。その時にはすでに抵抗勢力は威力を増している。
そして、崩れてしまった後には二度と同じ力は産まれな事を知る。。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-14 00:59 | 易経
涼しい
うちの2匹が今朝も2階で走り回った。
毎日暑い日が続いていたので、走るどころか涼しい所を探して何もせずただひたすら暑さをしのいでいたが、走りたかったのだろう。

ジャーキーを咥えて2階へあがり、走るだけ走ったら降りてきた。
それより、ジャーキーを咥えるとなぜ走る? 
いや、人間だってジョギングをするときに「おっし、走ってくるぞ」という意思を持たない限り絶対にジョギングなんてしやしない。そのきっかけは「ダイエット」「運動不足」色々あるがとにかく動機が必要だ。
そう考えると2匹も何もきっかけがないのに走れない。だから、ジャーキーを咥えたら走る動機が出来るわけだ。え? 私は何を言っているんだ? ジャーキーと走る、という行為の間に関連はない。じゃ、なぜだ?
判らない。。。。。。


とにかく2匹のことを判ったつもりでいるが、案外わからないことが多い。どうしてこのジャーキーは嫌いなのに、こっちのジャーキーは好きなのか? どうして寝るときにさくらは私の右でジュディーは足元なのか? どうして散歩へいくとうんちはしなくて家に帰るまで我慢するのか? 
などなど・・・・
と、言いつつも私は2匹の最高の理解者だと自負している。たとえジャーキーを咥えて意味不明に走ろうと、家に帰るまでうんちを我慢しようと、君達の行動は全て大好きだ!!!!
やっぱ、犬バカだな・・・・・・・



今日の一枚
山へ行った時暑かったので一休みをした。すると、植物の日陰になっていてなおかつ湿って冷たくなった岩にひっつくと涼しい。だから岩にくっついて涼をとっている。
その2匹の姿を見た人が「冷たい所が判るなんてなんてお利巧なわんちゃん達でしょう」と写真を撮っていった。言っておくがお利巧なんかではない。犬の知恵だ。
案外犬の知恵というのはバカに出来ないものなのだ。
c0057041_23402683.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-11 23:40 | 愛犬
味噌
うちで作っている手打ち味噌と、うどんを茨城の叔父に送った。そのうち茨城に遊びに行きたいというメッセージも送った。
携帯のメールを始めたようで、こんな返事が・・・

「食べ物を送ってくれて有難う、お母さんにも伝えてほしい。サスケは相変わらず吠えぬいている、茨城に来るのはいつでも良い、暑からず寒からずの時期が良いかと思う、お客様扱いはしないからその心つもりで来る事。飯ぐらいは食べさせるから安心して欲しい 叔父さんより」

前に叔父の家に行った時も「メシぐらいは食える」とファックスが来た。叔父らしい。

サスケといのは叔父のところで飼っている雑種のワンコで、とにかくなつかない。私の顔を見ると吼えるし、そのくせおやつを見せると大人しくなる。食べるだけ食べたら又吼える、というあつかましい性格だ。
あまりうるさく吼えるので「サスケ!!!! やかましいー!!! 静かにせんか」と叱ったら小屋に隠れた。気の小さいヤツだ。
そんなサスケでもこの間の台風の時に、サスケはどうしていたかと心配になったがどうやら相変らずのようだ。


とにかく、もう少し涼しくならないと遠出する気力になりませんな。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-09 00:56 |
なんと!!!!
近くに住む叔父が先月茨城の叔父に会いに行ってきたそうだ。
手術をしてから5ヶ月ほど経過するが、手術後の検査で癌が消えてなくなったということらしい。手術で癌が全部摘出できたから癌が消えたのか、取りきれなかった癌があったのに消えて無くなったのか定かではない。いや、癌が再発していないことを言っているのかもしれない。どちらにしても癌が消えた、という表現をするのだから順調だと言うことだ。
体調もいいのかお酒は飲むしタバコは吸うし元気な頃と何一つ変わりない姿で安心をして帰ってきたそうだ。


茨城の叔父ははっきりとした性格で、「なってしまったものは仕方ない。ケセラセラの気持ちでやっている」とファックスが来たことがあるが、決して強がりではなく本当にそう思うタイプだ。もちろんそんな叔父といえども落ち込むときはあるが、立ち直りも案外早い。
タバコもやめた、お酒も止めた、という闘病中の父に「ばかやろー。癌になったぐらいで止めるやつがあるか? そんな風だと癌に負けるんだぞ。どんどん吸え、飲め」と言っていた。
他人事だからではなく、自分で実践してしまうのだから驚く。

きっと、どんな結果になろうとも自分で決めた道を進んでいくだろうし、人の意見などに耳を傾けるようになったら「俺は終わりだ」と表現し、回りも心配をしてしまうだろう。
今も心配する周りをよそに「今更やめたって大して変わりはないぞ。ならば、飲めるときに飲んだらいいんだ。他人にどうこう言われなくても飲めないときは飲めない。そのときは飲まないだけだ」とはらはらさせているだろう。しかし、立派なのか判りきったことなのか表現しようのない叔父の言葉は時に人を納得させるから恐ろしい。

とにかくそんな叔父だからこれからもマイペースで自分の人生を進んでいくだろう。私の父の年齢までは生きたい、と行っていた叔父だがもうすぐ父の年を越せる。
これから先は父の分まで元気で長生きをして欲しい。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-03 01:52 |
変な虫
部屋にいたヘンな虫を退治しようとティッシュとゴミ袋を用意した。
すると、戻ったときにはムシはいなかった。
どこへ行ったのか定かではない。



それから、ジュディーは急に元気になった。
一体何がいけなかったのか判らない。
ヘルニアの様子もないし、食欲も依然旺盛だし問題は無いようだ。えがった、えがった。


今日、パソコンを立ち上げるとマウスが動かない。IBMのノートを使っているのでトラッキングポイントというのがあるがそれも作動しない。新種のウィルスか? そうに違いない。そうなるとwindowsの再インストールをしなくてはならいだろう。待て、バックアップを取っていない。
全部消えるのか? そんな悲しいことがあっていいのか・・・・・
かなり落ち込む。。。。

その前に何とか対策を練れば救いの道はあるはずだ。誰かにインターネットで調べてもらおう。が、時間は遅い。この時間でも対応できるのは弟しかいない。
早速携帯に電話。
「そんなウィルス聞いたこと無いぞ。マウスが壊れたんじゃないのか?」
という回答にマウスを一旦パソコンから外してみる。トラッキングポイントが作動した。



ということで、長年愛用したマウスと別れを告げる日がやってきたのだ。
明日、パソコンショップへ行ってみよう。


夏の一ページ
私を一人残し、水遊びを楽しむ2匹 
c0057041_2352427.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-09-01 23:52 | その他