「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
メール
叔父は絵文字も使うらしい。パソコンのメールから送ったので定かではないが、先ほど叔父からメールが返信され、絵文字らしき形跡が残っていた。叔父も進化しているなぁ。。。。。

文初めの「なんとか生きている」という文面に本当に頑張っているという感じが伝わってきた。叔父が「元気だから心配ない」と言ったら反対に心配になるかもしれない。
従兄弟達もマメに実家に帰っているらしく、うるさいと言っていたがうるさいぐらいでちょうどいい。確かに3人兄弟のうち、一人が異様にうるさい。にぎやかな性格と言い換えれるがとにかく歯切れが良く、話す声もでかい。
私が茨城に行った時もにぎやかさに圧倒されたぐらいだ。


とにもかくにも、元気そうでひとまず安心。
お店にも出ているというし、髪を切る叔父の姿もまだまだ見ていたい。


なんとなく必死な姿が愛らしいジュディー。もう直ぐ11歳だ。でも走れるほど元気でいてくれるのが嬉しい
c0057041_23561836.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-25 23:57 |
叔父の夢
久しぶりに叔父の夢を見た。
夢の中の叔父は元気な姿だったが、内容を覚えていない。
とりあえず、メールを送っておこうかな。。。。。

叔父は癌と4年向き合っている。
長いのか短いのか判らないが、父の闘病は1年で結果は残念なことになったことを考えると、随分頑張っていると思う。
もちろん、部位も違うし種類も違うので比較はできないが、今でも思うのは病であってもいいから生きていて欲しかった、ということだ。
そう思う人は多いのじゃないだろうか。

従兄弟や、叔母さんもきっと叔父さんが病に倒れたからこそ知ったことや、経験したことも多いと思う。叔父がメールで健康が第一、家族も第一、と送ってきた事があり、その短い文面に家族の支えを感じた。
とにかく一日も長く元気で過ごして欲しいと願うばかりである。


今日も元気な2匹。
散歩へ連れて行ってもらえるかこうしてじっと様子を伺っている。
c0057041_233144100.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-24 23:36 |
生涯かかるお金
犬を飼い、その犬の生涯にかかる費用は大型犬で300万円、とか聞いたことがある。
平均寿命を14年と仮定すると、一年で214,342円。一ヶ月17,862円。
少し高い気がするが、病気になると何十万かかるケースもあるし、平均すればそれぐらいかかってもおかしくないとも言える。
恭平が病気になったときも、かなり治療費がかかった。

300万円というと車一台は買えるが、高いと思うか安いと思うか個人の価値観にもよるだろう。
ただ、これから犬を飼おうと思っている人は参考にしてみるといい。
安く見積もって、毎月1万円貯金をしていたら溜まるお金と、ペットにかかる費用を比べてみると判断しやすい。

知り合いが、お金をかけたくないが犬を飼いたいと言っていた。私は無理だ、と答えたが健康であればお金はそんなにかからない、と断言していた。しかし、食べていかなくてはならないのは人間と同じだし、健康であればお金がかからないのも人間と同じだ。
あくまで家族の一員として生涯面倒をみれるかどうかを良く判断してから決断して欲しいと願うばかりである。



この幸せそうな顔を見て欲しい。
幸せを感じることも、人間と同じなのだ。
c0057041_23254558.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-18 23:25 | 愛犬
すっごい不思議
今乗っている車は会社名義になっている。
廃車にするにしろ売りに出すにしろ、名義変更が必要なので、印鑑証明を取りに行った。
ところが、窓口に行ったら印鑑カードが見当たらない。そんなバカな。

出かけるときにはちゃんと確認してバッグに入れたのに、どうしてない?
バッグの中も、車の中も、家の中もありとあらゆるところを探したが出てこない。
出てこないのなら印鑑カードを再発行するかしないと廃車手続きもできない。


先日父の仏壇に報告をした。
「あの車は、もう廃車にするからね。長い間お世話になったけど修理代がかかるらしいから、仕方ないよね。ゴメンね」って。
そうしたらこの紛失騒動。まさか、修理して乗れって伝えてるわけじゃないよな、と思ってしまった。ま、そんなことはありえないが。


忘れた頃に出てくるとは思うが、手続きが出来るまでしばらくあの車にお世話になることになった。
やっぱ車検に出した方がいいのかな、と迷いがでてしまったし、納得がいく結論が出るには焦らないようにしたほうがいいのかもしれない。


そんな事は全く関係のない2匹
c0057041_23471675.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-16 23:47 |
愛情
ダックスを飼っていたという犬好きの方との会話。


「ダックスはいいだろ? 頭のいい犬種だから余計にカワイイんだよ」
「そうですか? うちのバカちんたちはアホですよ」
「なんでだ」
「だって、最近忙しくてお出かけに連れて行かれない日が続いたら頭にきたらしく、スリッパの上にう○ちしてあったんですから」
「あははははははははは~    あはっつは~。それはすごい。たいしたもんだ。えらいなぁ」
「は? 踏んだらどうするんですか?」
「何言ってるんだ。それだけ自己主張をできるんだ。賢い証拠だよ。いや~、大したもんだ見上げたもんだ。いいね~。素晴らしいね」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「いいか、うちの子はドアを空けて一歩目のところにしてあるんだぞ。必ず踏むんだからな。大したもんだよ。必ず踏む所に出来るなんてすごいじゃないか。立派なもんだ。賢い犬だったぞ~」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


こういう考え方をする人もいると初めて知った。
あたくしにはー無理でござる。

今日の一枚
c0057041_23344498.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-15 23:34 | 愛犬
ダイハツ コペンのお値段。1.5729.000円なり。
高くないか? 軽四輪は乗ったことがないけれど大体100万円程度と聞く。
スマート フォーツー カブリオってのも可愛いと思ったけどこちらもお値段2,050,000円なり。
高くないか?カブリオじゃなくても1,760,000円だと。

コペンやカブリオに目が行く理由はただ一つ。2匹が風を浴びて車に乗るのが好きだからだ。
わんこの好きそうな車を選ぼうというのだから、アホちゃうか? と非難を浴びそうだけれどこういうコンパクトでエコな車なら今の車より余程経済的だ。

とはいえ、割高だな。。。。。と車体価格が気になる。


それから、長年親しんだ車を手放すのは寂しい。消耗品だからいつかは手放すことになるのだけれど、恭平も乗った車だ。想いでも沢山ある。
手放すことが決まったら、ぴっかぴっかに磨いてあげようと思う。


ん~、ジュディーとさくらが乗るからなぁ。ヨダレはたらすし、鼻水は飛ばすし、今の車を乗り潰すのも選択肢かなぁ。。。。迷うなぁ
c0057041_22534316.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-13 22:53 | その他
なんと言えばいいのか・・・・
ここのところ忙しく、2匹の相手がおそろかになっていたのは確かだ。。。。
時間がとれそうだと思うと雨で散歩へいけないし、ストレスも溜まってるだろうな、とも思っている。
悪いと思ってる。




し、し、しかし・・・・・
なにもスリッパの上でうんこすることないだろ?


それも私のスリッパの上だぞ。
おまけにかかと部分のど真ん中に一つときた。
わざとか?
それとも、偶然か?
で、どっちだ? ジュディーか? さくらか?




ったく、バカたれが!!!!!


とはいえ、案外犬のお尻は器用なんだな、と感心してみる・・・・・・・・
c0057041_22442559.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-08 22:46 | 愛犬
子供
2匹と一緒に外出すると、子供連れの人たちに声をかけられることが多い。
この時、2匹は私を見失った。そして、そんな2匹を見つけた子供が近づき何かを話しかけている。きっと「迷子になったの?」と心配しているんじゃないか。。。。


その様子を離れた所からじっと見ていた。この子供達は2匹の頭をなぜ、犬の目線になりまるで見守っているかのようだった。なんともほほえましい様子にしばらく隠れて見ていた。


c0057041_238015.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-06 23:18 | 愛犬
母が旅行から帰ってきた。


父がその旅行に参加したのは、発病してからだった。皆で父を囲み和を作り、励ましあい、そして歌の苦手な父が歌を披露した。そして、その時の一生懸命な姿はいつまでも皆の心に残っていた。

その旅行で一人が、父が最後に歌った歌を皆で歌おう、と言った。そして、一人が歌い始めた瞬間、仲間の男性達全員が泣いたという。
あの時のあの父の姿を思い出し、そして、最後まで頑張ったホスピスでの姿を思い出し、泣かずにはいられなかったと。

しばらくその旅行の幹事をしていて、病に倒れる前の旅行まで行き先など全て父が決めていた。皆が楽しめるようにとカタログを集め、一人で下見にも行った父に感謝をしていると言っていたそうだ。



その旅行は今年で20年目になる。最初の頃は男性だけの集まりだったらしいが、いつの間にか夫婦で行く旅行になり、そして一人の方がご主人を亡くされた。しかし、奥様は皆に誘われその旅行に参加し続けている。母も、何度も止めようと思ったが心の和む人たちとの旅行は何より楽しいと言っている。母は来年もその旅行に参加するだろう。そして、20年が30年と続く集まりになっていくんだろう。



父がいなくなって12月で4年になる。
この日記、guest bookも5年以上になるだろうか。
ここまで続いたのも、いい出会いがあったからだ。
そんな人たちとの出会いと、父の仲間達が重なる。

悲しみを共に共有してくれる、忘れずにいてくれる、
そういう仲間が悲しみを薄めてくれるんじゃないだろうか。
忘れられなくてもいい。
消し去ることができなくてもいい。
時々、薄めてくれる仲間がいればそれでいい・・・・のかもしれない。


最後に、父の姿に涙してくれた方達に感謝したいと思う。
ありがとう。



それから、恭平のことをいつも思い出させてくれるほど恭平にそっくりのさくらにも
感謝しよう。
アホみたいな寝相でも愛してるぞ~
c0057041_23204310.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-05 23:21 |
母が旅行
父の生前からずっと続いていた、仲間達との旅行。
父がいなくなっても母を誘ってくれるとてもいい仲間達だ。

先ほどそのメンバーの一人からメールがきて、父の話で盛り上がったという。
とても嬉しいことだ。



法事というものがあるが、親戚が集まり故人の話を肴にお酒を飲むのが一般的のようだ。これは、意味があって、親戚中が元気でいるかを知るためでもあるらしいが一番は故人を思い出すことが大切ということだ。
というのは、人は忘れやすい生き物で故人のことだって縁の遠い人ほど忘れていくのも早い。
ある人のブログで余命がわずかと言われたが、何が怖いかというと自分のことが忘れ去られるのが一番怖い。だからブログに自分がどんな人間だったか、どんな風に癌と闘ったかを記録として残している、というのを読んだ事がある。

確かに、癌との闘病中に側にいてくれると思えるだけで、生きていたいと思う。そして、忘れられないだろう、と信じることが出来るからこそ、今を頑張れる気がする。
私は父のことも恭平のことも決して忘れない。密かにO氏のことも忘れない、と誓って言える。
そして、私もそんな風に思ってもらえるような生き方がしたいと、ふと思ったのである。


ジュディーは恭平のことを忘れていないだろうか?
この表情を見ていると、「忘れちまっただろーな」と微笑みがちに思ってみる。。。。。
c0057041_23504780.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2007-11-03 23:50 |