タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
叔父
肝臓の手術をしてその後は順調だとメールが来た。本当に一安心だ。とはいえ、これからも癌と向き合いながらお店に出たりしなくてはならないし、大変なことも多いと思う。
とにかく日々笑いながら、平和に過ごして欲しいと願っている。

父は男兄弟が3人いるが、茨城の叔父が一番父に似ている。叔父の方が父より明るい部分があるが、強い考え方や、手先が器用な所、ヘンな所で涙もろいところなどそっくりだと思う。


叔父のメールの中には長生きをしたいとかいった類の言葉は一切無い。「なったものは仕方ない。いけるところまで行くさ」といった、吹っ切れた強さが感じられるものが多い。
そんな叔父のメールを見るのは大変楽しみで、時々父の姿が重なる。


やはり叔父にはまだまだ長生きをして欲しいと心から願う。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-31 23:40 |
面白い
ちまたで噂のルー語変換を試してみた。
文章はこちら。

「今日は大変寒かった。冬だから当たり前なんだけれど。
愛犬と一緒に散歩をしてみたが、やはりうちの愛犬は寒がりですぐに家に帰ってしまった。」

まず自分でルー語に挑戦してみた。結果はこうだ。
「トゥデイはベーリーコールドだ。ウインターだから当たり前なんだけど。
マイプリティードッグとウォークをツゥギャザーしてみたけどやはりうちのマイプリティードッグはコールドと感じてハウスしてしまった」


これを正式なルー語に変換するとこうなる。

「トゥデイはシーリアスコウルドだった。ウィンターだからユージュアルなんだけれど。
ペットドッグと一緒にウォークをしてみたが、やはりうちのペットドッグはコウルドフィールしですぐにハウスに帰ってしまった。」
さすがだ。自分でやってみると案外出来ないもので、ある意味これも一つの才能かもしれない、と感じたのである。

しかし、退屈な夜に挑戦するにはいい暇つぶしになるな。




とにかく、うちの2匹は寒がりでストーブの前が大好きだ。
朝は布団から出ないし、昼間もストーブの前かコタツの中が定位置で、時々私とストーブの前を奪い合う。
うちは床暖房がないが、冬の床は冷たいから床に限りなく近い所で生活している2匹にとっては寒さはこたえるのかもしれない。
そのくせ、ドライブするときには窓を空けろとせがむ。まさか、このクソ寒いのに風を浴びてドライブなないだろ?と一応窓を空けてみるが、なんと鼻水をたらしながらも寒い風を浴びながら気持ちよさそうにしている。一体、寒さに耐えられる限界はどこなんだ?
言っておくが、私はこの真冬に窓を空けてドライブするなど耐えられない。
しかし、ダウンコートを着込んでヒーター全開で窓を空けてしまう自分が情けない。。。。。。。

c0057041_2341578.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-30 23:41 | その他
身勝手と自己中心
よく聞く言葉で身勝手という言葉と、自己中心という言葉がある。
私は時々この違いをよく考えずに使う事がある。

辞書を引くと
身勝手=他人のことを考えず、自分の都合や利益だけを考えて行動すること。また、そのさまや、そのような態度。わがまま。

自己中心=乳幼児の思考様式の特徴で、事象を自分の立場あるいは一つの視点からしか分析・認識できないこと。

となっている。
案外、身勝手な行動を取る人が世間には多い気がする。そして、周りに迷惑をかける人はこの身勝手な態度がベースにある。当たり前のことではあるが。
さらにその上に、自己中心的な考えが加わるとひどい時には犯罪の心理になっていく。

犯罪と言うと聞こえが悪いが、逮捕をされるまでではなくても犯罪に近い小さな罪を日々犯しているのが人間でもある。
しかし、そういう出来事に巻き込まれる周りの人たちは大変で、苦労だけではなく心労も重なり、生活自体もリズムを狂わす。

一体、こういうときに人はどうしたらいいのだろうか。小さな事だったら付き合わない、という結論を出せば大体のことは解決するが、色々な人と絡み合い、かかわりあって生きている限りそう簡単に結論が出せない時もある。

一番早い解決方法は、その張本人に心を入れ替えてもらう事だろうが・・・・・
しかし、本人がそうならない時、一体どうすればいいのだろうか。私にもその解決方法は判らない。
ただ、自分が悩んでも苦しんでも身勝手な行動を取る本人が抱える問題を変わりに解決することは出来ない。というか、そういう人は問題を他人に押し付ける傾向があるともいえる。
そういう人は、心配をしてもらうと更に問題を遠くに押しやり、自分の殻にこもる傾向がある。というのも、心配をしてもらうことと、問題の種を人のせいにすることと混同する場合が多いからだと思う。

だからこそ、心配をかけられたといって、自分を責めたりしないで欲しいし、問題を変わりに解決しようと焦ったりしないで欲しいと思う。
優しい気持ちは問題を自分で解決してみてやっとわかることはあっても、身勝手な行動をしている最中には受け入れてもらえない場合があると思う。




とにかく、ゆっくり眠って下さい。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-30 00:05 | コラム
父が昔言っていた。。。。。
あることで悩んでいたとする。
その時、周りからも心無いことを言われると、苦しみも深くなってしまう。

人間は言葉を持った唯一の生き物だと言われているが、その言葉は人を苦しめる事もあるし、反対に救う事もある。
それに、一度吐き出すと消せないのが言葉であるのに、簡単に吐き出せるから扱いも難しい。
相手があることだから、どのように受け取られるかでその相手の反応も違ってくる。

父の生前、母が「そんなことをすると近所に何を言われるか判らない」という類のことをよく言っていた。そんな時父は決まって「近所が援けてくれるわけではない。他人は他人、自分は自分だ」と言い返していた。
つまり、自分がしっかりしていれば、他人に何を言われようとも何もおそれることはない、と父は言いたかったのだが、それは母にとっては理解の出来ないことだった。
人に何かを言われるから、と自分の行動を抑えてもその抑えた行動を見て、他人は噂する。それが常である。

以前、私が車を修理に出していた時代車に乗っていただけで、「どうやら彼らしい。そろそろ婚約か?」という噂をした近所の人がいたぐらいだ。それにしても、そこまで飛躍するとは重症である。
その噂はあっという間に消えたが。。。。
そして、そういうことは日本だけではなく、英語にもこういう言い回しがあるらしい。

People have short memories, and gossip is short-lived.

案外面白い表現だ。。。


とにかく、人は自分を理解してくれる人、自分の境遇を理解してくれる人が数人いてくれる、というのが一番幸せである。
父はそのことを時々「回りは気にするな。目の前を見ろ」と表現していた。つまり、周りを気にしすぎて、本当に自分を理解してくれる人が目の前に居ることを信じろ、ということなんだうと思う。


そんな父の言葉は、辛い時こそ思い出してみたくなるものとなった。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-24 23:43 |
カメラが無くても心に映った光景
今日は用を済ませるために市役所等へ出かけた。もちろん途中の公園で遊ばせるため2匹を連れていった。前に言ったとおりカメラは持っていかなかった。


すると、その公園でダックスを発見。どうやら男の子らしい。活発なダックスを連れて歩くには大丈夫か?というおばさんとおばあちゃんの中間といった感じの女性が連れていた。
ところが、その女性とダックスは我が愛犬に近づいてくる。この男の子が暴れたらどうするんだ?
しかし、「可愛いですね。うちの子はワンちゃんが平気なんですが、その子達は大丈夫かしら?」と声をかけてきた。「残念ですが、苦手な方なんでお友達にはなれないかもしれません」と答えると「あら? うちの子にそっくりの子ね? 今まで何匹もダックスを見てきたけどこんなにそっくりな子に会ったのは初めてよ」とさくらを見て言う。
良く見ると、さくらに似ていると言うより恭平にそっくりだった。毛の色は少し黒いが、表情や首の角度、背中のラインまで似ている。

意外なことにうちの2匹もあまり嫌がらず臭いをかいだり、一緒に歩いたりしていた。
「うちの子が性格がいいから、遊べると思ったのかしら?」と言って私を驚かせたが、
その女性はこの子にひたすら愛情をかけているようで、それが伝わってきた。
そして、美男子だとか、賢いだとか、さらに他の人たちにも性格がいい、無駄吼えしなくていい子だとか、ほめられるらしい。
確かにこの子は全く吼えない。ちなみにうちの子も吼えない。
すると、「この子は老人ホームに連れて行ったらセラピー犬として皆を癒してあげれると思うのよ」とまで言い出す。余程可愛いのだろう。
他の犬とも絶対に喧嘩をしないし、とても友好的な性格らしく、お友達犬も多いらしい。数匹のわんこが通りすがったが、うちの2匹は私に抱っこをせがみ隠れようとしているが、この子はちゃんと挨拶に行き、少し遊んでさっさとこの女性の所に戻ってくる。
確かにいい子だ・・・・

すると、「正確には私の犬ではないんですが、ここには毎日散歩へ連れてくるんです」と言った。待てよ。この子の名前はチャッピーだ。そして、恭平とジュディーの子供、つまりさくらの弟も確かチャッピーだ。おまけに日中は仕事があるので、家の隣に済む身内に面倒を見てもらっている、と言っていた。自宅もこの辺りのはずだ。。。。。。

思い切って自宅の場所を聞いてみた。
やはり恭平とジュディーの息子であると判明。
お互いに相当驚いた。

さくらにそっくりとはじめに言われなかったら素通りしていただろう。この女性に声をかけられなかったらこのダックスを避けていただろう。いや、本当に出会えてよかった。
早速、いつもどおり撮影、と思ったらカメラが無い。。。。。。
マジか? すごい悔しい!!!! カメラを持たないと決めた途端にこれだもの・・・・・
やはりカメラは常時携帯することにしようと思う。


それにしても、恭平の若い頃を見ているようだった。セラピー犬になれるほどか?という疑問以外は、この女性が言う事と私が恭平のことのと言うのとほとんど同じと言っていい。
恭平もこうして散歩で出会ったわんこと友達になり、気が済むまで散歩を楽しみ幸せそうに走り回っていた。
もう一度恭平に会いたいとすら思っていた私にとっては、チャッピーに恭平の姿を見た喜びはとても大きかった。


それにしてもチャッピーがこんなに可愛がられて、そして元気でいてくれる姿はなんとも言えず幸せだった。そして次に会えるかどうかは別にしてもこの子を大事にしたくなった。ずっと元気で長生きして欲しいし、この女性にもチャッピーと共に幸せであって欲しいと願った。
ふと、今ある命が幸せであるように、と願う事が大切なのかも、と思えてきた。



実は、私は今でも恭平の遺骨を持っている。そろそろペット慰霊碑に納骨すべきか、と悩んでいる所だった。しかし、どうしてもそんな気にはなれない。
それは、いつまでも生きている恭平の姿を追っていただけなのかもしれない。
記憶を頼りに、側にいると思い込ませる事で”戻ってはこない”現実から逃げていたのかもしれない。

きっと私は大切にする方法を間違えていたのだと思った。
恭平の姿を投影させ、追ってみたところでそれは私の未練にすぎない。
いくらさくらに恭平の姿を見ても、さくらの幸せを願う事にはならない。



恭平は旅立ち、空から私達の幸せを見届ける役目をもらった。
私はジュディーとさくらが今まで以上に幸せに過ごし、
チャッピーもずっと幸せで、
私も、ジュディーとさくらと共に幸せである事・・・・・

それを、空から見ている恭平に伝えようと思う。。。。。。。

c0057041_23551093.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-22 00:04 | 愛犬
年明け
愛犬2匹には全く関係ない。
というより、散歩にいけるかいけないか、おやつは沢山もらえるか、否かが大切であり、お正月がどうの、などを考える暇などないようだ。

そして・・・・
久しぶりにカメラを持たずに散歩へ出かけた。妙にさくらが元気なのが気になる。
ひたすら元気に走り、笑顔を振りまいているように見える。
いつもなら、マテをさせられて撮影の時間があるし、私は一緒に歩くことを楽しむより撮影のチャンスを伺っている。
この日はとにかく私より先に走り、時々私が来るか見るため振り返る。そして、一緒に来ていると判ると、それは嬉しそうに走り出す。いつもならさくらが振り返った時には私がカメラを構えていて、歩くより撮影状態だ。。。。。
ちょっと反省した。
自分の楽しみを2匹に押し付けていただけなのかもしれない。


さくらは特に父と恭平がいなくなってから、一緒に何かをするというのが嬉しくて仕方ないというようになった。
その本当の理由は判らないが、一緒にいられるということや、一緒に楽しむことが幸せであることは間違いない。
私もジュディーとさくらが居てくれることが何より嬉しい。そして、一緒に遊びに行ったり、散歩をしたり、何をするにも一緒にいてくれる事が幸せである。
それが、いつしか自分の楽しみのために2匹と歩くようになってしまっていて、一緒に過ごす時間を楽しむ事を忘れていた気がする。
少し撮影の時間を減らし、2匹と歩く時間を楽しむ事にしよう。



と、言いつつ今日の一枚は
ジャンプするジュディー
c0057041_2331045.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-14 23:31 | 愛犬
欲望と絶望
ジュディーは食い意地だけは人一倍。

数日前も、豚耳を2匹に与えたが、さくらの分を横取り。
c0057041_22534426.jpg



しっかり咥えて離さない。
横取りしたから叱られるとわかっているので、私と目が合うとこうして私を見ないフリ。
c0057041_22553536.jpg



で、知らん顔をしてみると一人で必死にカジカジ。
c0057041_22561295.jpg


カジカジに疲れても、とられるのはイヤなので口に咥えて豚耳を守る。
c0057041_22572915.jpg


こういう時はさくらも相手をしない。
取り返そうと思っても、しっかり口に咥えて離さないのを知っているからだ。
しかし、誰かが玄関に来たりして吼えた時に口から落とした豚耳を
瞬間芸で奪い去っていく。
そして、絶対に離さないと何時間も粘っていたジュディーはあっけにとられて呆然。
最初から、自分の分だけで満足していれば、奪い去られて泣く羽目にはならない。
もともと欲張りは損の始まりである。




絶対に誰にもあげないぞと、冷蔵庫の奥に隠しておいたプリンをすっかり忘れていた。
そして、気がついたときには賞味期限切れ。
くっそ。
最初からみんなの分も買って一緒に食べていれば、美味しく頂けたのに
欲張りは損だと実感。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-08 23:04 | 愛犬
あけましておめでとうございます
相変らずですが、本年もよろしくお願い申し上げます。



今日は、親戚がなぜかうちの家に集まってました。。。。
私はこういうのが嫌いなので、逃げるようにデパートへ。
本年初買い物!!!!
バーゲンで2匹のコートをゲッツ。
最近では、愛犬グッズもバーゲンするので嬉しい限りですな。

で、帰ってみたら、まだいる。
くっそ。
しかし、待ちきれない私は早速袋からわんこコートを取り出す。
私「買っちゃったぁ」
叔母「いい買い物が出来た?」
私「もちろん。バーゲンだって判ってたからどうしても欲しくて」
と、コートを取り出す。
叔父「何だそれは?」
叔母「小さくないか?」
私  無言でジュディーに当ててみる
叔父「まさか犬の服か?」
私「もちろんだよ」
叔母「よくそんなもの買ったわね。高いでしょ。それに1枚じゃダメじゃない」
私 無言でさくらの洋服を取り出しさくらに当ててみる。
叔父「2枚も買ったのか? あほらしい。全く話にならんな。あきれた」
叔母「でも案外可愛いわよ」
叔父「そうだな。うちのエディにも買ってやるか? 売ってるか?」
私「・・・・・・・・・・・・・・」


勝手にしろってんだ!!!!!
ちなみにこのご夫婦はゴールデンの女の子を飼っている。


本年最初の一枚
c0057041_0213424.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-01-04 00:21 | その他