タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
二匹の幸せ
私が歩くと一緒に歩く。
私が止まると2匹も止まる。

同じ景色を眺め、一緒にいることを喜び
そして幸せを感じる。

c0057041_23302630.jpg







でもな、
何やってるの?
歩きなさいよ。
せっかく公園までつれてきてあげたのにさー!!!
[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-30 23:31 | 愛犬
珍しく
犬といえども相性ってあるんだろうな、とさくらの行動を見ていてしみじみ思った。

公園で散歩中、一匹のダックスが私達、あ、いや、ジュディーとさくらを見つけてこちらに走ってきた。
c0057041_023982.jpg



ジュディーはすぐさま私の足元に隠れていたが、さくらが尻尾をたてて何やら戦闘体制か?
しかし、さくらの元に走ってきたこのブラックタンの男の子はなんだか友好的な感じがする。
で、どうするか様子を見ていると、お互いわん挨拶を交わしている。
あれ? 普通ならお尻の臭いを嗅ごうとされただけで嫌がるさくらがどうした?

この男の子はとてもおっとりしているようで、さくらが心を開くのを待っているかのように、尻尾フリフリ、愛想フリまくり、友好モード全開だ。
さすがのさくらもその様子に満足したのか、この子が気に入ったのか仲良さそうにしはじめた。
ええでないか?
c0057041_033483.jpg






さくらもご機嫌でよかった。で、その男の子が私のところに挨拶に来た。
ねね、一緒に遊ばない?って感じでちょー可愛い。
するとその瞬間、ジュディーが襲い掛かった。
逃げ足は速いようで、絶対に追いつかないだろう距離まで逃げてしまった。
でも、名残惜しそうにこっちを見ている。。。。。


ご・・・・ごめんね。。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-30 00:09 | 愛犬
電話はかけるな
今日は叔父の携帯に電話した。しかし出なかったのであきらめると、夜かかってきた。
いきなり「店の休みの日には電話をしてくるな。出ないからな」
といわれた。休みの日はパチンコへ必ず行くとの事で、電話が聞こえないからかけてくるな、というのだが・・・・・
といいつつ、電話をしてくるところが可愛かったりする。


病院で腫瘍マーカーが上昇したと言われたらしく、心配をしているようだった。「あくまで目安だから気にしたらダメだよ。それより、食べて体力をつけることの方が大切なんだからね」と答えた。
抗がん剤が始まると中々食べれないらしく、一応無理をしてでも食べるようにはするものの、限界があるらしい。そんな叔父に一応エンシュア リキッドやカロリーメイトのゼリータイプを薦めておいた。
無理にパンなどを食べるより、ある程度の栄養が取れるそれらのものを口にした方がいいのではないか、と思ったからだ。
とにかく抗がん剤の副作用に負けない体力をつけて欲しい。



お店のお客さんで糖尿病の人がいるらしい。その人に「病人と思えないあっけらかんとした明るさがあるな」と言われるらしい。叔父は「悩んでも治らないからな。悩むだけ損だぞ」と答え「お互いどちらが早くこの世から去るか競争だな」と付け加えたというから恐ろしい。
叔父らしいといえば叔父らしいが。。。。


話をするといつも思う。私は叔父が好きだ・・・・って。
今日も叔父は「声は前と変わらず張りが合って元気そうだろ?」と私の答えを確認する。
実は少し元気の無い声をしていた。私はそれでも「本当に病気なの? って声だよ」と答える。
一時間半ほど話したが、途中から本当にいつもの叔父の元気な声に戻っていった。



それから、今の主治医がなんと私の家の近くの総合病院に勤めていた経緯があるらしい。出身が我が家の隣の県でその近くで叔父は若い頃床屋の修行をしていた。
もしこちらに戻る事があるならその病院の先生を紹介する、と言っていたらしい。
叔父もその偶然に驚き、そんなこともあるもんだな、と喜んでいた。


偶然という言葉は時に不思議で、大して影響はないのに喜びを感じたり安心感を覚えたりするものだ。
叔父の身内は近くには一人もいないし、きっとそういう偶然から親近感を抱き、信頼をよせ、そして治療によい影響を与える、と、そんな期待をしている。


どんな状況でも叔父の永遠の応援団長だと、伝え電話を切った。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-23 00:44 |
叔父の孫
叔父から「抗がん剤をするとイライラするので、孫が自宅に戻っている間は抗がん剤を中止した。来月から抗がん剤を始める」とメールがあった。
今日は叔父から携帯に電話があったのだが、出れなかったので家に電話をすると叔母が出て少し話をした。
どうやら孫が家にいる間いつもの調子で「うるさくて仕方ない」と文句を言っていたらしいが、泣き始めると真っ先に飛んで行き「どうしたぁ?何を泣いているんだぁ?」と世話を焼くとの事。その叔父の姿が見れなかったことが全く残念だ!!!!!!
どんな顔をしてあやしたのだろう? デレデレと叔母は言っていたが私の想像を超えているのは間違いない。


叔父は「孫の顔が見れるとは思わなかった」と言い、ここまで来れたことを嬉しく思っている。そして反対に「夏を越せるだろうか」と弱気になるときもあるらしい。
心中複雑であるのは間違いないが、それでも少しでも長生きをして少しでも元気でいれたらそれでいい、という叔父の言葉が本音だろう。


それから叔母も大変だと思う。私が電話をすると必ず抗がん剤の事を話す。というのも見ている叔母にしてみたら副作用の事や、治療の方法など不安があっても叔父にはぶつけられないし、話す相手もいないようだ。
なので、困ったことや不安なことは私に話すことである意味のストレス発散をしているようだ。
そして「一日でも長生きして欲しいですからね」と言った。
忘れてはならないのは、叔父がどんな無茶をしても叔父に対してヒステリーを起こさず、じっと耐えてきた人だ。そんな叔母の支えがあったからこそ、叔父もここまで来れたと思う。そんな思いも中々言葉には出来ない。
電話を切るとき「叔母さんも無理しちゃダメだよ」と言うのが精一杯だった。



今日の一枚
のんびりしたジュディーももう直ぐ12歳だ
c0057041_23281121.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-21 23:28 |
叔父
お盆になると茨城の叔父は必ず花代を送ってくれる。
そして、手紙も添えてある。
先週メールをしたのに返事が無いので気にしていたところだった。


その手紙には驚く事が書いてあった。なんとおじいちゃんになったとのこと。
前のやり取りのメールにはそのことは触れていなかったので本当に驚いた。

早速電話をしてみた。
叔父はもう寝ていたので叔母からしか話を聞けなかったが、テレながらもおじいちゃんぶりを発揮しているようで、にぎやかな毎日を送っていたそうだ。
そして、治療は副作用の関係で少し休んでいたらしいが、来週から再開するとのこと。
そして、毎日ビールを飲み、タバコを吸い、いつもながら周りをハラハラさせているらしい。

叔父さん、言っておくが大腸がんの肝臓と、肺の転移ありだぞ。
普通じゃ考えられんだろ? 周りが心配するのも当たり前だし。。。。。



でも、やはり叔父は
「飲める時に飲む。吸えるときに吸う。自分の人生だ」という姿勢らしい。
ここまで来るとお見事!!!としか言いようがない。
でも、考えてみればその生きる姿勢があったから、孫の顔が見れるまで治療を頑張ってこられたのかもしれない。
それに、自分の人生を自分の生き方で回りに振り回されず、出来ることをして、なっちまったものはしょうがない、といい意味の前向きさを持ち続ける姿を見れることは本当に嬉しいことだと思う。



尊敬する人は、と聞かれると「父」と答えるが
もう一人その存在が増えそうだ。




今日の一枚

この子達も叔父同様、今のこの時間を楽しみ、そして生き生きと生活している。
c0057041_23513341.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-15 23:52 |
野生に帰る
某森に行くと、自然が楽しめる。
とにかく人の手のはいっていない自然というのは本当に美しい。
森の真ん中で深呼吸をしてみると、明日への英気が養える気もするから不思議だ。
前は自然といったら海、みたいな気がしていたが海も森も人の力など小さなもので、全て飲み込んでくれる、という部分ではどちらも好きだ。


その某森へ2匹を連れて行ったのだが、奥へ行くと沼というか湿原というべきか、そんな場所が目の前に広がった。
日陰なのにこんな色のグリーンがあるのか、と驚くほど美しいグリーンで、流れている小川の水も澄み切っていて、周りにそびえ立つ木々は勇壮で、圧倒されてしまった。

で・・・・・・・・・・・・・
さくらを見るとはしゃぎまくっている。
小川に入り、バシャバシャと水を浴び、綺麗な草の上を走り回り、いきなり野生に帰ったのか?と言うほど楽しそうにしている。
なんと言うか、この時のさくらは自然を体中で満喫している気がした。


そんなさくらを見ていると幸せを感じる。
その時ジュディーは、はしゃぐさくらに圧倒され、私の横からさくらのはしゃぎっぷりを呆然と眺めていた。

c0057041_062788.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-15 00:06 | 愛犬
続き
あのあと、思い切りお兄さんになぜてもらい
満足したのか、さっさとその場を去るさくら。


取り残されたお兄さんは寂しそうだ。
ったくマジで恥ずかしいやろ!!!!!!!!


この後ちゃんと
「すいません。愛嬌の無い犬なので。。。。。」
と謝っておいた。


さくらぁぁぁぁ!!!!
調子に乗るな~。
私の事も少しは考えろ!!!!!



c0057041_234487.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-08 23:14 | 愛犬
知らない人
公園でアベックが歩いてきた。
2匹を見つけた女性が
「可愛い~」
と叫んだ。
すると、その声を聞いたさくらは一気に女性に向かって走り出した。




ところが、走りついた先は男性の方だった・・・・・・
で、思い切りなぜてもらっている。





おいっ、さくら!!!!!!!!
それは無いんじゃないか?
c0057041_22442342.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-07 22:50 | 愛犬
疲れたら寝る
c0057041_2327526.jpg



遊びまくって疲れるとこんな感じでおやすみ。
で、「散歩行きたくない?」と聞いてみると
一応目だけ動かし、「さっき行ったじゃない」と私を無視。
くっそ。

で、本当に出かける用意をすると、さっきまでのお疲れモードは何処へやら。
一気に玄関に走り、「一緒に行くわよ」とせがむ。

君達はどうやって私の嘘を見抜くのだ?
憎いやら可愛いやら・・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2008-07-02 23:30 | 愛犬