「ほっ」と。キャンペーン

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
本当に雨が多いので散歩へも中々行けない。
家にいる時のおトイレは庭が多いのだけれど雨の日はドアから顔を出すだけでそこから先に出ようともしない。
特にさくらがそうだ。思い起こせば恭平がそうだった。頭の上に雨のしずく一滴が落ちただけで発狂しそうになり、手を焼いたものだ。
たとえタオルで拭こうとも、気が済むまでフンガフンガ言いながら、頭を床になすりつけて狂った犬状態だった。
完璧に乾くまでしないと気がすまないのだろうが、たかが一滴だよ? とあきれていた。

ジュディーももちろん雨の日には外でのトイレは嫌がるが、行けと言えばちゃんと外で済ます。もちろん水遊び大好きで泳ぐのも案外嫌がらない。
ただ、雨に濡れると臭いが出たりしそうだし、毎回足をタオルで拭くのもはなはだ面倒な話だ。
この時ばかりは何で犬の足は4本なんだ!!!とぼやくのである。

その中間とも言える態度なのがさくらなのだが、やはり父親と母親の血を継いだからなのだろうか? 
ただ疑問もある。水遊びは大好きなくせに、雨のおトイレは嫌がるという点だ。同じ水じゃないか? それにちーとばかし頭が濡れる程度の事じゃないか? 

とは言っても、2匹が外でおトイレをすると合計8本の足を拭くことになる。4本の倍だぞ!!!そりゃー、かなり厄介だ!!!。と言うことで早く雨が止んで欲しいと願うばかりである。


今日の一枚
暇な時は寝るに限る
c0057041_23303945.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-30 23:30 | 愛犬
今日もブルー
家の隣に出来たマンションが完成したらしい。
マンションの通路に目隠しをつけてもらったが、それでも我が家は家の中まで丸見え。
こんな環境で心地よく住めるはずがない。
目隠しと足もとの立ち上がり部分に隙間があるからで、その隙間を埋めるように交渉した。
そんなことは当たり前のことだと思う。
しかし、現場監督は一応目隠しはつけたんだと言いながら渋い表情をした。
丸見えの目隠しをつけて何の意味があるのか? 目隠しをつけたと主張することに正論性はあるのだろうか。。。


風水が最近流行っているようだけれど、もともと風水のベースにあるのは回りの環境との調和であるという。
日本では土地が狭いので建築確認申請がギリギリ通るだけの日照権で周りの住居環境のことは考えないケースが多い。
もし、回りに配慮した建物であれば慣れも手伝いなんとか、苦痛も少なくなるだろうが、明らかに心身共に苦痛である、というような建物であればやはり問題だと思う。
風水でも山を大切にしていて、住宅街にポツンと高いマンションが建っても良い気をサポートする山がなければ良い気をサポートするのは難しいとされている。

梅図かづおさん邸が紅白の外壁で、周りの住人から建築差し止めを受けた事があるらしいが、当たり前のことで、景観を損ねる、不愉快になるなどの建物はその住人にとっても幸せを運ぶことはないだろう。


とにかく、この現場監督は自分が目隠しをつけたから、ということを問題にしていて主張をしている。しかし、そうではなく相手の不快な思いを解消できたかどうか、が問題なのだと気づくまでには時間がかりそうだ。


今日の一枚。
たまには白黒写真で。
この子達を連れて引越しをしたいと切に願っているが・・・・・・・・・
c0057041_23172628.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-29 23:20 | コラム
ちょっとブルー
今日、近所の家を通りかかると犬が小さな声でうなっているような声を聞いた。
その家は、ゴールデンを飼っていて、散歩でよく出逢っていたワンコがいる。
いけないと思いつつ、塀の隙間からそっと覗いてみると、そのワンコが
ぐったりして横たわっていた。
最初、夢をみてうなっているのか、と思い通り過ぎたが
私を呼び止めるかのように、又うなり声を上げた。
どうしても気になり、戻ってみると眠っているのではなく、病気で横たわっているようだ。


何も出来ないのだと判っていても、寂しかった。
そのワンコに小さく「頑張って。病気になんか負けないで又一緒に散歩しようね」
と声をかけた。
13歳らしく、病気になっても不思議ではない年齢だけれど、やはり
まだ、元気になって散歩してもおかしくない。


特に今年の夏は暑かったし、老犬にはこたえる。
うちのさくらでさえ、一時期少し散歩するだけで疲れた表情をすることがあったぐらいだ。
このワンコもそんな厳しい夏を乗り越えたのだから、これから
紅葉で美しい公園を散歩できたらいいよね。。。。。


今日の一枚。
来年もこうして元気に水遊びができますように。
c0057041_22563532.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-28 22:57 | 愛犬
年をとるということ
先日、車で走っていたらゴールデンを散歩させているオバサンを見かけた。ちょうど、小さな通りから大きな通りへ出るところで車を待っていたその先を、ノロノロと歩くゴールデンが目に付いた。

いかにも年を取っていて目も悪いのか顔を上げて歩くことが出来ないようで、じっと道路を見つめながら歩く。そして、ノロノロしているのが腹立たしいのか、連れているオバサンはそのゴールデンのリードをぐいぐい引っ張る。
「立ち止まりたいほどなのに、どうしてそんなに急ぐの?」とでも言いたそうに彼なりに必死に歩いて着いて行こうとしていた。
とうとう途中で立ち止まったかと思ったら、後ろ足でおなかの辺りを掻いている。少しの間恩着せがましく立ち止まったものの、すぐに引っ張られてかゆいのにかけない、辛い表情を見せた。
年をとってしまったから仕方がないのかな、と腹が立つところをそう言い聞かせていた。
そして、しばらく車の途切れを待ち、やっと大きな道路に出れた時、対面を歩いていたそのゴールデンに近づいた。
なんと、体のあちらこちらに毛の抜けた部分がありどうやら、そういう部分がかゆいみたいだ。
皮膚病なのか何か判らないが、あまりに哀れな姿にその犬に同情した。


いや、しかし、このゴールデンはそれでも幸せなのかもしれない。若い頃はきっと楽しい生活だったかもしれないし、家族も可愛がったに違いない。
そのオバサンもたまたま急いでいただけかもしれない。でなければ、わざわざ散歩には連れて行かないだろう。
絶対にそうだ。今も可愛がられているに違いない。皮膚病ももっとひどかったのに、やっとここまで良くなったのかもしれない。
だから、このゴールデンはそれでも幸せに違いない。
そう自分に言い聞かせることにした。
それは間違っているかもしれないが、他人には入り込めない事だってある。
いくら人が飼っている犬を捨てるからと言って、それら全てを引き取って幸せにできるわけではない。

どんな形であっても最期まで面倒を見てもらえるだろうこのゴールデンは幸せなのだと思うことも間違ってはいないと思う。
ただ、もう少し・・・・・もう少しだけ思いやって欲しかったな。。。
と、思った。



振り返ると、自分の愛犬たちを幸せにしているだろうか?
いや、幸せに違いない。こんな平和な顔して大あくびするんだから・・・・

c0057041_23191323.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-17 23:19 | 愛犬
地震
ジョセリーノというブラジル人の予言者が
「9月13日にマグニチュード9.1の巨大地震が中国を直撃し、百万人に達する死者を出す可能性があります。もし中国で地震が起こらない場合は、日本の名古屋でマグニチュード8.6の東海地震が発生する可能性があり、その場合、600名の死者と3万人の家屋が失われる可能性があります。
(* 2007年5月8日発刊の手紙より)」
という予言をしていた。
が、外れたようだ。


防災道具は売り切れだというし、案外世間で話題になっていた。
友達も枕元にそれなりの準備をしておくと言ってたし、私も一応準備をした。
もちろん、予言を信じていたわけではないが、いいシュミレーションになる気がしたのだ。
普通は何時地震が起きるんだ、と身構えることはないがもし地震が起きた場合、どんな行動をとるのだろうか、どんな逃げ方をするのだろうか、と実際に起きると仮定して考える時間を持ったのはいいことなのではないだろうか?
もちろん、実際に被災した場合は予想をなど全く当てにならないだろうが・・・・
避難訓練など大人になってからはしたことがないが、大人になって初めて取り組んだ避難訓練みたいな感じかな。


しかし、実際に被災を経験された方々もおられると思うが、実際に大きな被害を受けたと仮定して考えてみるだけで、本当に色々な問題が浮かんできて恐ろしくなってしまった。
そう思うと、改めて過去の被災者の方々にはお見舞いしたい気持ちにもなった。
一体復興するのにどれだけの力が必要だったのだろうか。いや、まだ今でも心の傷として残っている人もいるだろうし、気持ちも含めて復興の途中という人もおられるだろう。

中途半端な気持ちや、「予言者が言ったから」みたいな甘えた気持ちで実際のシュミレーションなど出来ないと思った。



そして、自然災害にあうかも思って恐怖を感じるより、その後復興する力強さを持つことの方が難しくて、なおかつ大切なんじゃないかって思う。
[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-14 23:58 | コラム
どうしても鶏がら
さくらは鶏がらスープが大好きだ。
最近スーパーで手羽がらを見つけた。
鶏がらは割りと手に入りやすいのだが、同じような値段だし一度使ってみることにした。

結果、手羽がらの方がダシが出やすいような気がする。
ただ、油分が多いのが難点。
でも、味は確かに美味しい。




ところがある日、このがらスープを切らしてしまった。
仕方ないので、ささみを茹でてご飯にしたら、なんとさくらが臭いをかいでプイっとした。
「がらスープで煮てないでしょ? これじゃただのささみじゃん」
と言っている。
「おたんちんか、君は!!!! こっちの方が高いんだぞ。贅沢言わずに食べなさいよ。大体ね、毎日美味しいものが食べれると思ったら大きな間違いなんだよ。私だってたまにはカップ麺しか食べない時もあるし、コンビニのおにぎりだけってときもあるんだよ。それに、さくらは私がご飯を作ってあげないと食べれなんだよ? 判ってる? なら贅沢言わないでありがと、って言って食べるのがいい子なんだからね。さくらちゃんいい子でしょ? ん? 判った?」
と説教こいていたら、ジュディーがさくらのお皿からささみを奪っていった。


そして、さくらのご飯は半分に・・・・・
「え? これだけ? いつまでも説教するから私のご飯食べられちゃったじゃないの。どうしてくれるのよ」
とさくらににらまれている私は一体何なんだ?


今日の一句
いらぬ説教 隙作る


更に今日の一枚
どんな我侭でも可愛いと思わせるさくらが憎い
c0057041_0132289.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-10 00:25 | 愛犬
残暑厳しい昼下がり
母がヒザが痛めてしばらく病院に通っている。
で、その病院へ送った帰りのこと。
いつもの通り2匹は車の中にいたのだが、どうしても散歩に行きたいという。
しかし、このクソ暑いのに公園で走るわけないじゃないか?



どうせ走らないならわざわざ公園に連れて行くのは面倒だし、ふと見ると病院の横にあるお風呂屋さんの駐車場がガラガラだ。この時間はまだ営業時間外らしい。
ちょっと運動場として借りることにした。


ところが・・・・・
駐車場に入った途端、さくらがピタリと動かない。
「暑いんだけど・・・・こんなんじゃ走りたくないんだけど」
と言っている。
「さくら、暑いから車に戻る? おうち帰ろうか?」
と聞くと
目をパチクリさせて
「さっさと車の方へ歩き出してしまった。
余程暑かったのだろう。気持ちは判る。9月といえども30度を越えていたし、時間は12時ごろだし、一番暑い。それに、公園ではないのでお水を浴びるところも無い。
「このクソ暑いのにこんなところを走らせる気か? 水は無いのか? 水は?え?」 って所だろう。

もちろんこの暑さの中で走らせる気はないが、自分でやってみて納得しないと気がすまない性格なので「いいから走ってみろ? 気が済むから」って感じでいた。
思ったとおりの行動なので何も驚かなかったが、ジーっと駐車場で固まるさくらは案外可愛かった。

その時ジュディーは一人で非常に嬉しそうな顔をして駐車場の散策をしていた。本当に手のかからないいい子だ。



今日の一枚
もう直ぐ涼しくなるから、思い切り走ろうね
c0057041_23211912.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-08 23:22 | 愛犬
数字遊び
誕生日などの数字を足してその合計から出た数字は幾つになるのか?


その前に、中国ではオリンピックが8月8日に開催されたが、8はとても縁起の良い数字らしい。時間までが午後8時8分に開会というからすごい。
縁起がいいだけではないらしく、5月12日(5+1+2=8)に、死者8万人超を至った四川地震が起きたりと、悪い方にも当てはまるらしい。
そんな所から私の身近な数字で遊んでみた。


私と恭平の誕生日
 8月19日=18 = 9
 4月14日=      9

さくらの誕生日
 4月 9日=13 = 4

父とジュディーの誕生日
11月30日=      5
 5月18日=14 = 5

父と祖母の亡くなった日
12月27日=12 = 3
 2月28日=12 = 3



と、案外意味が出てきたのでちょっと不思議だった。
さくらだけどの数字とも関連していないので、やっぱこの子は異質な星からやってきた異性犬と結論付けた。
それに引き換え、やっぱ恭平は私の天使だ。同じ9でくくられるんだからね。
父と祖母の亡くなった日は合計しなくとも一日違いで、父の命日を時々間違える。が、合計が同じとはちょっと驚き。
年の数字までは合計していないが、もしそうした場合数字の一致の確立は下がるだろう。


あれ?
良く見ると、誰も縁起のいいといわれる8はかすりもしていない?
運のいい家族はいないのかも、ということか・・・・


こんな夜中に何やってんの? 
って感じですが、眠れない夜もたまにはあるのさ~。

さ、すっきりしたところで布団に入ろう。
 
[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-06 01:44 | コラム
散歩
家の近所を散歩する場合、コースが決まっている。
しかし、夏の暑い間は夜に散歩に出かけるのだが、いつものコースだと少し運動量が少ないので、遠回りをして運動量を稼いでいる。

ジュディーはどこへでも私の行く先に対して何も疑問を持たずに着いてくるが、さくらはコースどおりに歩く習性がある。コンビニコース、定例の散歩コースなど、数本のコースを道順として覚えている。
ところが、この夏の間にコースが変わったのを覚えているので、いつものコースと夏コースの分かれ道の四つ角では必ず止まり、私の顔を見る。
「で、どちらへ?」
みたいな顔で
「こっちだよ」
と手をつけて歩く方を指差すと
「なるほど、こちらですな。じゃ、昨日のコースだね」
と知った顔をして歩いていく。



ところで、散歩の何が楽しいのだろうか。
好きなものは好きなので、考える必要も無いかもしれないが、大体同じ時間に晴れの日は必ず散歩へ行く。
雨の日は「散歩へ行く?」と聞いても完璧ムシをして
「あ、私、雨の日は行かないのよ。濡れるでしょ」
と動かない。
やはり晴れた日に、なれた道を歩く事が楽しいようだ。

それだけ毎日欠かさずに行く散歩の何がどう楽しいのかがどうしても知りたい気がする。



c0057041_01701.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-05 00:23 | 愛犬
あらぁ
日本は大丈夫か? え?
どーよ、今日のニュース。。。。




そんなニュースの中、我が愛犬どもが部屋の中で飛んでいるハエを発見。
つかまるわけ無いのに、狩猟本能丸出しで騒ぎまくってました。
さすがに動き回って疲れたのか、つい今しがた爆睡。
で、ハエはどこへ?






今日の一枚。
狩猟本能発揮した時には、怖いものなど何もない。私達が一番つおいのよ、
という顔するのに、
こういう橋を目の前にすると
私、怖いの・・・と小心者面する。それも面白い部分だけれど・・・・
犬という動物から、自分勝手を引くと、





退屈な生き物が残る。
c0057041_23383167.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2008-09-01 23:41 | 愛犬