タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
跳ぶな、命よ
暖かくなってきてから、さくらが庭で何かを一生懸命探すようになった。
大体、我が家の庭に大した宝が埋もれているはずはないので、せいぜいムシだろ? とほっておく。


先日、電気屋さんが浄水器のフィルターの交換にやってきた。
私は庭にいて雑草の整理をし、さくらは例の如く何かを探していた。

そして、母が私を家の中に呼ぶ。
家の中にいた電気屋さんが見たのである!!!!!!
さくらの口からカエルの後ろ足が二つ出ているのを・・・・





がーーーーん。
カエルとは・・・・・



その後、さくらは又庭に出たがる。そして、必死になって何かを探している。
草と草の間に鼻を突っ込み、フンガフンガ言いながら必死だ。
あっ!!!!
とんだ。と思った瞬間さくらが咥えた。。。。。。



は、早い。あまりにもの速さでカエルは逃げるヒマも無かった。
すると、口からカエルを出した。
「お、さくらちゃん。さすがに食べれないと判ったんだね」
と言ったが、猟犬の目になっている。
自分を守るためなのか、気絶しているのかカエルはその場から動かない。
それをじーっつと見ているのだ。

あまりに動かないので、手でカエルをつつきはじめた。実際には、つついているようでその手はカエルの真横で止めている。
カエルは危険を感じるのか、急に跳んだ。
さくらは早い。あ、っと思った瞬間にパクっとな・・・・・・


しかし、又口から出した。そして、動かないカエルをじーっと狙う。
動かないのでつつく。そして、跳ぶ。パクっとする。

と繰り返している。
しかし、このままではカエルの命は危険だ。


幸い、ダンゴムシを発見したのでさくらの目の前に置き、
「こちらにしなさい。そのカエルは瀕死の重傷で動けないんだから」
となだめた。


そして、そのカエルを隠した。
やはり、さくらはあきらめたようだが、ダンゴムシは気に入らなかったようだ。


少しして振り返ると



あああああーーーーー



カエル!!!!!!





どうやら地面からカエルを掘り返して探し出しているようだ。
って事は冬眠中のカエル?



カエルの生態は詳しくないのだが、こんな草の間に冬眠するの、カエルって?
で、さくらはなんでカエルに興味があるの?





まだまだ私には判らない事が多いようだ。





今日の一枚
春の風は案外強い
c0057041_23455117.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-23 23:46 | 愛犬
今朝方変な夢を見た。


迎賓館のようなところに招待されたようで、開催時間を待っている所。
すると、次々に綺麗なドレスを着た女性達が入ってくる。
私は着飾っていなかったのだが、そんな女性達の美しさに驚きながらも、感心していた。
「君も次からは頼むよ」
と声がする。誰かに言われたようなのだが、その姿は無かった。
何で私が? 冗談じゃない、と思ったのだが
にっこり微笑んで
「そうですね」
と答えた。
ただ、それだけの夢なのだけれど、私はジーンズにTシャツが一番いいんだ。
散歩には最高のドレスなんだから。
みたいなことを夢の中で思っている。



ちょっと待って。
ひょっとしたら、たまにはきれいな格好をしなさい、という警告なのかもしれない。
ついつい、着易い、洗うのが楽、芝生に座れる、という観点から洋服を選んで着ているのだが
週末にはおしゃれな洋服でも買いに行こうかな・・・・・


今日の一枚。
洋服の嫌いなジュディー。
桜吹雪だったこの日、ちょっとだけ散って落ちる桜をジュディーと一緒にファインダーに
収められた。
c0057041_23453165.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-21 23:55 | その他
父のナイフ
仕事の関係なのか、父は自分でナイフを作っていた。どうやら材料から仕入れていたようだが今では詳細ははっきり判らない。
父がいなくなった後のこと。
ダイニングテーブルの父専用の引き出しの横に置いてあったナイフを弟に譲ろうかと思ったのだが、父は左利きで、弟は右利きなので左利き用の刃の研ぎ方のしてあるこのナイフは使えない、といいそのままになっていた。


骨付きローストビーフの骨はジュディーとさくらのおやつになるのだが、少し大きすぎたのでカットしようと思った。しかし、骨をカットできるようなナイフは無いだろうな、と思った時に父のそのナイフの存在を思い出した。
試しに使ってみることに。幸い、私は両ききなので左手でナイフを使うことは可能だ。


父の作ったナイフは刃が大きいし、重量がある。その重さだけで骨が折れるのかもしれないというほどだ。
思ったとおり、軽い力でも骨は二つに切れ目が入った。手で折ると、多少力は必要だったものの、骨は見事二つに。
それにしても、何の目的でこのナイフを作ったのだろうか。。。。。。。。
と、折れた骨を眺めていたら



「クゥーン」とな・・・・・


臭いをかぎつけたジュディーとさくらが足元で「頂戴」と待っていた。
ったく。。。




ただ、ナイフの刃が欠けてしまったら、研いだりはできないだろう。
それに、刃のケースも鉄製なのだが、少し錆びが出ている。私には綺麗に錆を落とすことはできないし、作り直すこともできない。


私には扱いの難しいこのナイフでも、
なんとなく、父らしさがある。
大切に使わないといけないな。




今日の一枚。
桜も終ったけれど、桜のピンクや、菜の花の黄色は黒いジュディーには似合う。
c0057041_0324863.jpg

c0057041_0341346.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-20 00:35 |
今日は
散歩の途中でフリスビーの大会に参加しているという、ボーダーコリーの兄弟に遭遇。
男の子と女の子だったが、男の子の方はさすがにりりしい表情だ。ジュディーとさくらと一緒遊びたいと誘うのだが、ジュディーは私の後ろに隠れているし、さくらは私のひざに上がりこんで絶対に近づかないで、という態度。
それでも、このボーダーコリーの男の子はめげない。姿勢を低くしてさくらに近づいたら「ギャイン」とさくらに吠えられた。すると、すたすた後ろに下がりがっかりした表情。
それでも、決して興奮することは無く落ち着いた態度だったのがすごいところだ。
これが、叔母の飼っているミッキーだったら、いくら吠えられても叱られても、あきらめるということをせず、いつまでもしつこくさくらを追い回す。
その態度が気に入らないジュディーは威嚇するが、一旦逃げる姿勢を見せながら、又あきらめずに寄ってくるのだから、始末が悪い。



しかし、フリスビーの大会に出ている子には実際には会ったことがなかったが、こうして見るとやはりスポーツマンって感じがする。そういう目で見るからではなく、その子達が普通で見るボーダーコリーと何だか違った雰囲気を持っていたので、そんな感じのことを飼い主さんに伝えたら、教えてくれたのだ。やはりな、というのが実際のところである。


ふと振り返って我が愛犬の表情を見てみると、ぼけーっとして、なんと言うか平和ボケみたいな表情だ。
実際、平和ボケしてるんだろうな。



今日の一枚。
フリスビーを投げたら私がとりに行くハメにあうので、絶対にやりたくない。走るのは好きなんだけどなぁ
c0057041_2311538.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-15 23:11 | 愛犬
明日から雨だそうだ。
これだけ天気の良い日が続いて喜んでいても、雨の降る日は必要で、からからに乾いた土を湿らし、草花の成長を助ける恵みの雨となりそうだ。


それにしても、晴れた日が続いてほしいのが正直なところではある。



そういえば、環境という所で言うと、ECO検定なんていうのがあるのだと知った。
どんな内容を勉強すればいいのかは判らないけれど、知識をつける意味では、勉強してみるのもいいかもしれない。

環境というくくりで、ドッグライフカウンセラーっていう民間の試験もあるらしい。
受けてみようかな、と思ったりするが、自分の愛犬生活ですら満足かどうか判らないので、勉強だけしてみてもいいかもしれない。




と、やはり勉強嫌いなので勉強を避ける言い訳を作るのが上手である事を発見。
自分らしさと言っておこう。



今日の一枚。
天気が良くて散歩も気持ちよく、機嫌もよかったさくらは、桜の花びらを鼻に乗せられ、それでもご機嫌。
ただ、撮影の間中「さくらちゃ~ん、可愛いね。最高だね。ほんとに可愛いよ」などとご機嫌をとることも忘れなかった
c0057041_23571299.jpg

c0057041_23573148.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-13 23:59 | その他
天気がいい
本当に恵まれた日が続いていて、ジュディーとさくらも散歩が楽しくて仕方ないようだ。
こういう日が毎日続くと嬉しいけれど、やはり雨が続く事もあるのが自然というものだろうな、などと散歩の途中に思ったりする。


今日は散歩の途中、桜の下で休憩をすると桜吹雪が綺麗だった。
花をつけて大木にもなり、美しいというのは桜の木ぐらいだろうか。
家の近所の桜の木は途中で折れてしまい、枯れるのかと思っていたら今年も一部に花をつけた。
来年も枯れずに花が咲くといいなぁ・・・



ここの所、ずっと桜のある場所を選んで散歩に出かけている。
私はひねくれ者なのか、木にへばりついて咲いている桜の花が案外好きだ。
枝から伸び伸びと咲いた花より、したたかさがある。

c0057041_044542.jpg
c0057041_051516.jpg




散歩の帰り道、急に風が出てきて桜吹雪がすごかったので、車を止めて撮影してしまった。
背景が綺麗ではないのが残念だけど・・・・
c0057041_054093.jpg




そして、今日は多分過去最高の枚数を撮影したかもしれない。
でも、失敗が殆どなので削除するのに時間がかかったぐらいだ。

そんな中から2匹の姿をどうぞ
c0057041_010504.jpg
c0057041_011548.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-12 00:11 | 愛犬
Happy Birthday sakura!!!!
11歳おめでとう、さくら。

誕生日など全く関係なく、昼寝をしている。
今日は心地よい一日で、ちょうど11年前の今日と同じようにさくらが散りはじめている。


これからは、とにかく元気で長生きをしてほしい、というのが願いであり、さくらも同じように思っているだろうと、想像している。


とにかくおめでとう。

c0057041_22532373.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-09 22:57 | 愛犬
11年前の今頃
ちょうどジュディーが出産間近で私はオロオロしていた。

あれからあっという間に10年以上が過ぎた。
月日が過ぎるのは本当に早いね。


ジュディーの出産の頃のことははっきりと覚えている。
さくらが生まれてからも、可愛くて仕方がなく家には代わる代わる生まれたての子犬を見に人がやってきた。それまで、恭平とジュディーがいるのが当たり前で、大した変化もない我が家に、大きな変化があったし、犬好きの父も帰宅すると真っ先に子犬たちに挨拶をした。
私は子犬と離れたくなくて、子育てしている横で布団を敷いて眠り、毎日成長を眺めていた。
恭平はその頃にはジュディーに邪魔者扱いされていて、かなりいじけていたが、そんな恭平の姿も懐かしい。


3匹との生活は今振り返るとにぎやかだった気がする。
ちょうど、父母娘、という家族構成で、愛犬たちも同じ家族構成だった。3匹がいたからこそ父とも一緒に公園へ行ったし、いなかったら休みの日にまで父と過ごすことは無かっただろう。


そんな事を振り返り考えるとき、今父と恭平が一緒にいることも不思議ではない気がしてくる。
家族が減ることは寂しいことである。誰もが経験をすることだけど乗り越えなくてはならない事実でもある。
少しずつではあるが、父のいない生活に慣れ、寂しさも消化しながら、日々を送る。
決していなくなった事が当たり前にはならないし、寂しさも消え去ることは無いが、色々な思い出と共に存在する父と恭平の姿はある意味での宝物になっている。


さくらは今まで生きた年数と同じだけ生きることは無い。
だからこそ、これからさくらとの生活は今まで以上の貴重なものになるにちがいないと思う。



昨日は本当に久しぶりに家族で出かけた。
天気も味方し、ジュディーとさくらも大喜びだった。
カメラを持っていかなかったのが悔やまれるが、それでもあの2匹の笑顔は私の中にしっかりと刻まれている。



今日の一枚
ジュディーとさくらを見つけ走ってきた子供。指のピースは2匹の2の意味か?
c0057041_23273188.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-06 23:28 | 愛犬
作り出すもの
某番組で女性タレントさんが、自分の現状がベストなので壊さないように恋愛を封印していると言っていた。
全部を見たわけではないので、全体はわかっていないけれど、妙な違和感を感じた。



夢だった人生、理想としていた生き方、そういうものを手に入れると普通は大胆になりやすい。
しかし、この人の場合、今の全てを危険を犯さないことで守っている、のだろう。



手に入った物を掴んだまま落とさないように慎重になっている時と、手に入れようと必死に手でかき集める時では何かが違う。
必死にかき集める時には、手を伸ばし時に全身を使って回りからかき寄せる。
落とさないように慎重になればなるほど、体の動きは小さくなる。


不思議なもので、体の動きが小さくなっている時には大きく周りが見渡せない。足元が不安だし目の前の道だけに注意が行ってしまう。
かき集める時は、枝別れした道はもちろん端の端まで注意をする。


体の動きが小さくなればなるほど、体は硬直していき、つまりは老化と同じ現象になる事だけは注意したほうがいい。
眠くなってきたので何言ってるのか判らなくなってきたし、そろそろ寝よう。



今日の一枚。
モノクロでどうぞ
c0057041_1525621.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-04 01:53 | コラム
花見
2匹を連れて花見にでも行こうかどうしようか、迷ったりするが・・・・・


考えたらジュディーとさくらにとって花見だってただの散歩。
ひょっとしたら外でご飯が食べれるのか?って毎日と違う状況にワクワクする程度だろう。



んが、桜の花の下で写真は撮りたいよね。
ということで週末は天気がよければ公園にでも行ってこよう。



今日の一枚

たまにはセピアもいいかな。
c0057041_02547.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2009-04-03 00:03 | 愛犬