タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
忘れ物
買い物に出かけたら、何となくみんなが私の顔をじっと見る気がする。
このときの私は機嫌が悪かったからぶっさいくな表情をしていて、怖い人だと言う印象を与えたのかもしれない。
しかし、そう見られるような表情でいることはあまりよろしくない。誰に見られるか判らないし、こういうぶっさいくな表情は案外癖になるもので、普段の生活でもその表情が定着してしまうものだ。

玄関を入ると鏡がある。だから作り笑顔をしながら家に入ることにした。

んで、その玄関の鏡の前でニッコリ。んが!!!!!!!!
何という事だ!!!!






眉毛がない・・・・・・・・



そう。私はお化粧をしたときに眉毛を書くのを忘れたのだった。
そりゃあ、恐ろしい顔だ。笑顔なんて問題じゃない。こんな顔で世間を歩いたのか? 


って言うか、とうとうボケがやってきたかと思うと泣くしかない。






今日の一枚
この子たちにもボケがやってくるのだろうか?その時は絶対に責めないようにしようと思う。
c0057041_22515178.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-29 22:52 | その他
パンのミミ
あの購入したホームベーカリーで焼いたパンをじっと見つめるジュディーとさくら。。。。


基本的にパンは食べない2匹だが、試しにあげてみた。
もったいないのでミミを小さくちぎってあげた。
食べない。
あ、っそ。

なら、白くてやわらかいところをあげた。
食べた。
あ、っそ。




おい!!!!






無添加のパンであることに間違いはないのでその点が気に入ったのか、はたまた焼きたてが気に入ったのか? 

確かに焼きたては美味しいとは思うが。。。
んが、大体、イヌがさ、「無添加なら食べてもいいよ」なんて選択するか?
え?
それに、「焼きたてだったら食べてもいいよ」ってそのような恐ろしいほどの贅沢をおこきになるか?
え?
絶対に違う。いや、違って欲しい。じゃないと、今までで食べていたパンは難だったんだ? ってことになる。



そんなに気に入ったのなら、主食に焼きたてパンはどうだ?
という事で、焼きたてパンのお肉添えをディナーに上げてみた。
すると、肉だけ食べた。


アホたれ!!!!
っていうか、おかしいだろ、それ。
食べなさいよ。


今日の一枚
アホたれと叫んでもやっぱり可愛い我が愛犬。。。。
c0057041_2330222.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-28 23:30 | 愛犬
夢で
例の、救急車で運ばれた方が私の夢に出てきて「退院が決まった」って言った。
実際には退院はされていないが、経過は悪くないらしい。殆どしゃべれなかったが、現在は以前と変わらぬほど話が出来るようになったらしい。
その他は、まだマヒした部分のリハビリなどが始まっていないため、この先はどうなるかまだ未知数みたいだ。


健康なときは予想もしなかった出来事だろうし、ご本人も辛いだろうけれど、一日も早く回復を願うしかない。




そういえば、人間とこのようなことを比べるのはいけないかもしれないが、ちょっと疑問になったことがある。
それは、犬の場合癌はあるが脳梗塞って聞いたことがない。人間特有の病気なのだろうか?


今日の一枚
ジュディーは耳が遠くなってきたが、気持ちだけは何時までも変わらないのだろうな。。。とふと思った・・・・
c0057041_0121771.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-23 00:14 | その他
手作り石鹸
最近、自治体などで家庭で出た使い古しのてんぷら油を引き取ってくれるようになった。
石鹸にするらしいが、古い油を使った石鹸で大丈夫なのか? とちょっと調べてみたら、問題ないという事が判った。
それに、作るのに時間がかかるもののかなり使い心地がいいらしく乾燥肌の方や、アトピーの方の肌にも使えるということだ。

ちょうど古い油があるので簡単なら作ってみようと思ったが、随分と長い時間かき混ぜないといけないらしく、根気、体力、気力、根性が出来上がるまでの間持つかどうか不安だ。
でも、自分の好きな材料を入れられるというのは魅力的である。

近所の家に切ってしまいたいというほど大きくなったローズマリーがあり、いつでもいいから切って持っていけ、と言われていたのを思い出した。
クレオパトラが若返りのために使っていたとも言われるローズマリーなので、石鹸に入れられるとなるとどうしても作ってみたくなる。
だって、若返るんだぜ。


一応、挑戦する方向で道具などの調達方法やらなんやら考えてみた。







そして、
「誰か作ってくれないかなぁ。。。。いやもっと簡単な方法がある。手作り石鹸を買ってみよう・・・・」
という所で結末を迎えた。





今日の一枚
ガメラが買ってきたワンコ用パンをガメラの目の前で吐き出す、という勇気ある行動を平気でするさくらが怖い

c0057041_023910.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-17 00:24 | コラム
ホームベーカリー
購入して、時々パンを焼いている。と言っても材料を入れるだけなので勝手に焼いてくれる。全く便利になったものだ。
ただ、パン生地をこねるだけの機械を使い発酵や焼きはオーブンでやった方がやはり味としては美味しい気がする。まだ数回しか使っていないのでこれから色々と試してみて好みの焼き方が見つかっていないので何とも言えないが、焼きたてを温かいうちに食べるのが一番かな。


で、我がアホタレジュディーとさくらがパンの匂いがするからか、ホームベーカリーの前をうろうろ。前は、餅つき機でパンの生地をこねて作ったことがあるが、その時は餅つき機の前から離れなかった。

この餅つき機でパン作成に挑戦したときのこと。一度に焼けないので半分を自然発酵させたが、かなりいい状態に膨らんできた。ジュディーとさくらの姿がないなとは思っていたが、私が知らない間に発酵してきたパンをつついたらしい。焼こうと思ってパンを見たときには完全にしぼんでいた。とりあえず焼いてみたがやはり膨らまない。(バターロールだったので合計で6個作成したが半分がしぼんでいた)
結局、この無添加の膨らみ損ねた焼いても固いパンの一部はジュディーとさくらのおやつになり、残りは私が固いパンをかじって食べた。
しかし、責められないところもある。というのも、完全にかじったのならまだしも、どうやら鼻でつついただけのようなのだ。匂いに釣られて我慢が出来ずいっそ食べてしまおうかと思ったが、叱られるので匂いだけで我慢したという形跡があるのだ。ひたすらよだれをたらしながらつついて頂けるのを待っていたわけだ。
それに、市販のパンは食べないがこのパンだけは余程気に入ったのか、固くても気にせずかなり嬉しそうに食べていた。


これからは、ホームベーカリーなので発酵したパンをつつかれる心配もない。パンが欲しいからといくらホームベーカリーの前で待とうとも、自動でふたが開くわけがなくひたすら待つしかない。そういう忍耐の出来ない2匹にはもってこいの機械だ。



そんなこんなで、これからは焼きたてのパンで楽しもう。


今日の一枚
先月からずっと寒い日が続いていた。一旦もブランケットにぐったらしばらく出てこない。。。。。
c0057041_2346547.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-14 23:47 | 愛犬
焼肉が欲しい
近所の川原に桜の花見をしに出かけた。もちろんジュディーとさくらも一緒。
すると二組のグループが川原で食事をしていた。一組は焼肉、一組はお弁当を広げていた。

いやな予感が・・・・
風向きによって焼肉のにおいがしてくる。すると、さくらはそちらへ行きたがる。そして、遠巻きにじっとその焼肉をやっている方達の方を見つめている。
焼肉グループは反応がない。すると、くるっと私の方を向いて「焼肉が欲しいの」と訴える。
その焼肉グループの前に行き「すいません。この子がどうしても欲しいというのでその焼肉くれませんか?」なんていう事が出来るだろうか?
出来るはずがない。
さくらに「あきらめなさい。おうちに帰ってからお肉を上げるから」となだめた。ジュディーはその焼肉グループがオジサンばかりだったためか、怖がって近づかなかった。しかし、ふと見るとすぐ近くにいいたお弁当グループのおかずを狙っていた。

おい・・・・
やめてくれ。恥ずかしいだろぉ。。。。


世の中には親切な人がいる。
ジュディーに向かって「可愛いですね。でも、何か欲しいのかしら? こっちをじっと見てます。良かったらなにか上げましょうか?」と言うではないか。
とっさに
「はい。お肉をお願いします」
と言う所だった。


そんな様子を察知したさくらが何を勘違いしたのか、お弁当グループの前に行きお座りを・・・・
ん~、頂くつもりだ。
味のあるものはダメだと知っていた一人の人がおにぎりを小さくしてくれた。や、ヤバイ。。。。。さくらはお肉の乗っていないご飯だけは食べない。想像通り、
吐き出した。


ええかげんにせんかい!!!!!!



ったくあきれるにも程がある。
しかし、その方は結局ウィンナーを小さくちぎってジュディーとさくらにくれたのである。なんと言うやさしい人だろう。もし私なら「上げたものを吐き出すようなヤツはイヌじゃねぇ。とっとと消えな」と言うところだ。
とにかくこうして2匹は食べ物を頂戴して楽しい花見が終わった。

今日の一枚。
大体こんな顔が要求の表情である。これじゃ可愛くないので誰も相手にしないよなぁ
c0057041_23353042.jpg


c0057041_23362823.jpg



ジュディーはカメラを向けると必ず要求の表情をやめてそっぽを向くので、この一枚を掲載してみた

c0057041_23364651.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-12 23:36 | 愛犬
これで良かったのか。。。。
近所の方が自宅で倒れているのが見つかり、私が救急車を呼んだ。

実は、さくらが大好きなかずこさんのご主人だった。
私の母とかずこさんは近所のスーパーで偶然会って立ち話をしてそれぞれ自宅に戻った。その時かずこさんは倒れたご主人を発見したが動揺したのか母に電話をして助けを求めた。その時たまたまいた私に一緒に来いと言った事もあり現場にかけつけた。


かずこさんは動揺していて、おろおろしていた。幸いご主人に意識はあったし少しの会話ができた。
私は救急車を呼んだ。
どれぐらい倒れておられたか判らないが、手がかなりつめたく、起き上がろうとしても起き上がれない状態だった。
起き上がらないように言い、すぐ救急車が来るから安心しろと伝えた。体を冷やしてはいけないと判断し、かずこさんにブランケットを持ってくるように伝え、同時に枕をかった。
その時、なぜかパジャマと下着を用意するようにかずこさんに言ってしまった。


すぐに救急車が到着した。



しかし、私の対応は良かったのだろうかと不安になった。
おろおろするかずこさんに対してあれこれと指示をした形になってしまった気がするし、今でなくてもいいパジャマまで・・・



これでよかったのだろうか。。。。。。。。。
[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-10 00:41 | コラム
花見
さくらの花をバックに撮影して成功したためしがない。
大体、桜の花は見上げる位置にあるのが普通だし、我が愛犬達は地面に這うほどの目線で撮影するのだから余程の引きで写さないと桜の木のみを楽しむ写真になってしまう。

そこで、めったにしない加工をしてみた。それがこれ
c0057041_23391095.jpg





時間がかかったわりにセンスのない写真になった・・・・・
それにしてもジュディーの足の短さはピカ一だ。なかなかこのように地面スレスレで歩くダックスにはお目にかかれない。山道などかなり安定した走りを見せるし、そのお陰でヘルニアにならないのか? と思うほどである。
ヘルニアで苦しんださくらと比べると、ヘルニア知らずのジュディーの短足も長所に見えてくる。


私は昔から、人から「誰にでも一つや二つはいいところがある」と慰められたものだが、その一つや二つを探すのに苦労した。しかし、「短所を長所だと思え」と言われた方が余程前向きになれるってもんだ。


所で見つからない長所を無理して探すより、短所を探せばあっさり見つかるのは私だけだろか?
[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-06 23:40 | 愛犬
耳が遠い。。。。
ジュディーの耳が遠くなってきたのは仕方ないとは思っている。年齢からしても老化して当たり前であるし悲しいけれど認める事がジュディーを尊重するっていう事になるような気がする。


近所を歩いて散歩していたとき、なんとなくジュディーが疲れているような気がしたので帰り道は抱っこして行くことにした。抱き上げたらかなり不思議そうな顔で
「どうしてここで抱っこ?」と私の顔を見上げる。
「さくらちゃんの方が早いから、走ってばかりだと疲れちゃうでしょ?」と言いながらしばし歩いた。
しかし、あることに気づいた。それはジュディーの目線はさくらだけを追っているという事だ。さくらが草の陰に隠れて見えなくなったとき
「ジュディー、さくらはどこいったんだろうね?」と話しながらジュディーの様子を見ていた。すると、下に降ろせといわんばかりにもがいている。
その通り、下に降ろすと必死にさくらを追いかけていった。

そして、その後は
「抱っこなんかされなくても私は頑張るからいいんだよ」と、言いたかったかのように私のことを全く無視してさくらと一緒に嬉しそうに走って行った。


どこまでも頑張るジュディーは私よりずっと偉いな、と感じた位置日であった。


今日の一枚
c0057041_22513877.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-04-03 22:52 | 愛犬