タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
この暑さ
ジュディーもさくらもこの暑さじゃ、散歩どころではないし、夜でもアスファルトの上を歩かせるのはちょっと心配である。

という私も暑くて散歩どころではない、というのが本音でもあるが。。。。


それにしても、もしこの暑さでも私が昼間に散歩に行くと言って外に出たら、2匹は必ずついてくるだろう。事実、ついてきたがるがもちろんこの暑さで散歩に連れ出したことはない。

しかし、家に帰るとエアコンのない玄関でじっと私の帰りを待っている。これほどまでに誠実でいるジュディーとさくらがいとおしくさえ思う。




と、今日の夜のこと。
弟が家に食事にやってきた。ソファで私の隣で大の字で寝ていたさくらは、ちらっと弟に目をやり、そして見ないフリをした。
どーして????


普通は、弟の顔を見るとかなり喜びしばらくべったりとくっついて離れないのだが、何がさくらをそうさせたのか? 弟の何が気に入らなくて無視をするのか? さくらの機嫌が悪かったのか? 一体何なのだ?

一ついえることは、さくらに無視をされると異様にみじめに感じるということである。
弟は、何フリ構わぬジュディーをなぜながら何とかしてさくらに相手にしてもらおうと目線を向けるが、さくらは視線の中に入ろうともしない。
名前を呼んでもムシをされるだろうという予測が当たるのが怖くて、「さくら」と呼ぶことすら出来ない。がっくしと肩を落とした弟は仕方なく「ジュディー。オマエは元気だな」とさくらに聞こえるような声で話してみる。しかし、さくらは予想通り無反応である。
完璧な無視の前になすすべはない。そして弟は一人静かに食事をした。


このついでに私は
「あなた、さくらに何をしたの?」と突っ込んでみた。
弟は
「オレが知るわけが無い。そのうち機嫌が直るんだろ?」と投げやりに返答をした。



そして、さくらに触ることすらできずに、家を後にした。




マジでさぁ・・・・・さくらさん、一体何が悪かったの?
きっと、さくらにしか判らない何かがあったに違いないが、ここまで徹底的に無視をするなんて・・・・
ま、言い方を変えると、かなり誠実だと言えるだろうか。





今日の一枚
日向ぼっこその2
教えてもいない日向ぼっこはいいとして、庭の草取りを教えるべきだった、とふと思う。
c0057041_23241097.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-27 23:25 | 愛犬
夢の中で
夢の中で、夢を見たので目覚めてから夢占いをする夢を見た。
でも、夢占いをしようと思ったらその夢が思い出せなくなってしまったので、必死に思い出そうとしている夢だった。


で、今朝起きてその夢の夢占いをしようと思ったら、結局内容を思い出せず、必死に思い出そうとしていた。


????
夢の通りじゃないの?




ジュディーとさくらのうち、さくらのほうが寝言が多い。大の字になり手も足もおっぴろげ状態で走ろうとする時がある。
前にそのおっぴろげ状態から寝言を言いながらバタバタし始めたので、上からのぞいて見ていた。すると、勢い余って真上状態から横にゴロンと転がった。当たり前だとは思うが。

笑いそうになったのを我慢して、どこまで夢で走るか?と思ったその瞬間、目を開けた。真上からのぞく私と目が合った。
やば。


しばし、その状態でじぃーっと私を見つめ、「何すんの? 気持ちよく寝てたのに」といういかにも文句ありげな顔をする。
私のせいじゃない。違うって。




でも、一体走りながら見る夢ってどんな内容なんだろう・・・・



梅雨の合間。じっと日向ぼっこをするさくら。
そこを撮影したら、「何すんの? 気持ちよく寝てたのに」といかにも文句ありげな顔で私を見る。
ってか、文句なしでオバサンじゃない、この顔?

c0057041_23235585.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-21 23:25 | その他
お盆が終わった
精霊流しへ出かけた。
ガメラが風邪をひいたとかなんとか言うので、一人で行ってきた。
出かける時には持ちそうだった雨がぱらついてきた。
しまった、傘を持ってきていない。
なんとかぱらつく程度の雨の中、お寺についた。
雷も遠くで鳴り始めていたので、小走りでお供えをお寺に持っていった。
何とかパラパラする程度の雨の中、一つ役目を終えた。


その帰りには、ジュディーとさくらのご飯を買って、自分とガメラのおすしも買って帰らなくてはいけない。どちらも雨に塗られる場所だ。
ジュディーとさくらのご飯はスーパーでトリむね肉を購入。このとき、何処かで散歩できないかと、ジュディーとさくらも一緒だった。
しかし、小雨だし車の中で待たせて慌てて買い物を済ませるつもりがレジがかなり混んでいて、時間がかかってしまった。一時期そのスーパーの中で停電寸前の電気が切れそうになる状態になった。あれ?降ってきたのか? 土砂降りでない事を願うしかない。
そして、覚悟を決めて外に出てみると、以外にも小雨だった。
しかし、見ると、かなり降ったあとはある。


続いて、おすしを購入しなくては。近所のおすし屋さん(回転するとこ)の持ち帰りコーナーから適当に手に取りさっさと買い物を済ます。すると、レジで金券がもらえた。
心配した雨も小雨だ。


ここまで来たら、ついでにワンコジャーキーを購入しようとペットショップに寄ることにした。
車を出たら少し雨が降りだしたので、慌てて走って店内へ。
買い物を済まし、外に出ると小雨だった。
が、やはり雨が降ったあとがある。私の後から店に入ってきた人もしっかり濡れていたから間違いないだろう。



ってか、アタシ、小雨にしか降られてないじゃん。





という事で、ただ雨に降られなかっただけなのに、何故か嬉しかった。。。。。



今日の一枚。
たしか、さくらはベッピンさんだったはずなのに・・・・・
この顔は恐ろしいとしか表現できない。
なぜだ。。。。。。。。。なぜこんな顔をするんだ
こんな顔しないと寝れないのか、君?



c0057041_23573523.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-16 23:57 |
夏ばて?
ここのところ雨続きで、散歩に全く行けない。
人間でも、ある程度運動をしないと夏バテするらしいが、犬の場合はどうなんだろうか?

とはいっても、全くグダグダして動きたがる様子はない。
ぼけ~っとした表情で「どうせ外は雨でしょ?」と私を見つめる。

すると、夜に雨の切れ間になった。それを知ったさくらは今しかないと思ったのか、必死に私に「散歩行きたいの」と訴える。結局私が負けて、夜の散歩へ出かけた。ジュディーはその時爆睡。。。。
起すのも可愛そうなほど爆睡。。。。。

で、さくらだけ連れて行った。

帰宅すると案の定、脚と胸が泥で汚れたのでさっと洗い、乾かした。さくらだけ先に戻ったのだが、私は洗面台を片付けて戻ってみると、なぜかさくらが仏壇の前の座布団に座っている。
仏壇は和室にあり、リビングとは別の部屋だ。なので、仏壇の前にいると言うことは一人だけ和室に居座ることを意味する。しかし、さくらが一人で別の部屋で過すなんて、そんなことはまずありえない。
「こっちへおいで」とリビングへ呼ぶが、さくらは無反応。てか、無視。


なら、こっちも無視だ。
しばらくさくらだけ和室の仏壇の前の座布団で寝ていた。

と、ガメラが「お盆だからだ」と言う。




やめろ
こわいじゃないか!!!



という事で、さくらを抱き上げ短い手を胸の前で合わせて、合掌。
と~ちゃん、さくらもジュディーも元気だからね。






今日の一枚。
場所は違うがこんな感じで座布団の上で座っている。
その姿は意味ありげで案外怖いのだ・・・・・
c0057041_023561.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-14 00:03 | 愛犬
私はうそつきです。
数日前、夜の散歩をしていた時のこと。
散歩コースのとある1軒の家からマルチーズを連れた親子が出てきた。そして、この時さくらだけ連れていてノーリードだった。
すると、その少年が「どうしてどこへも行かないの?」と聞いてきた。多分、小学3、4年生と思われる。
「訓練したから遠くへは行かないよ」と答えた。
少年は「どうやって?」と聞くので20年ほど前にいた恭平というオスのダックスが異様にやんちゃで訓練をして、さくらが恭平をまねたといういきさつや、簡単なしつけ方法を伝授した。

こりもせず、「誰が訓練したの?」と少年の突っ込みが入る。「もちろん私だよ。」と答えると「20年前っていつ?」と妙な質問をする。
そりゃあんた、20年は20年だろ? と答える所をやさしく、「君が生まれる前だよ」と答えると
「違うよ、あなたが何歳の時、って事だよ」と言う。
そんな質問必要か?


「いつだったかなぁ」とはぐらかして逃げようとしたら
「中学生ぐらい?」とな。。。。。な、な、なんと答えるべきか。
しかし、少年に「ありえんでしょ。もっと年くってたよ」と答えることなど出来るだろうか? その答えから自分の想像力を使えるように、「もうちょっと上かな?」と答えることにした。
すると「それって高校生?」と更なるつっこみ。
それって必要な質問か?


が、「そうだよ」と大嘘をつきました。

横にいたお母さんが疑い深い目で私を見たことを知っている。が、そんな視線は無視だ。
逃げるが勝ちだ。
お願いです。だこの先、明るい時間にこの少年と会いませんように。。。。。



c0057041_23491194.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-09 23:49 | 愛犬
ジュディーの耳元
ジュディーとのゼスチャー生活にも一つ問題がある。


ゴハンとかサンポとか、ジュディーの耳元で話しかけると、さくらが飛んできて私とジュディーの耳の間に顔を突っ込んでくるようになったのだ。

ジャマなので、さくらを手で押しのけると顔を突っ込むだけではなく、突っ込みついでに顔をなめ始めて私とジュディーの会話をジャマするのだ。

ま、さくらにしてみれば邪魔するつもりはなく
「どうして私に声をかけてくれないのよ? 私はここにいるのよ」と存在を明らかにしているだけなのだ。
と、判っていてもうざいのはウザイ!!


そこで、最初にさくらに声をかけて次にジュディーの耳元で話しかける作戦にでた。
「さくら、散歩に行こうか? あ、そう。行きたいよね。じゃ、ちょっとここで待っててね。」といつものように話しかけ、続いてジュディーの所へ行こうとした。


すると、ご想像通りさくらは私がジュディーの耳元に顔をやるまえに邪魔してきた。

これではあかん。次なる方法を考えなくてはいけない。
戦略変更だ。

今日の一枚
聞いているのに利かないフリをする個性派女優のさくら。
しかし、目がこっち向いてるさくらに私は言いたい。
「あんた、聞こえてるじゃん」
c0057041_23332671.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-07 23:33 | 愛犬
耳の遠いジュディー
随分耳が遠くなったジュディーだけれど、感心することに、ゼスチャーでかなりの事を理解するようになった。

聞こえないという事は、自分の名前も読んでもらえないと思ってしまうだろうし、無視をされていると感じることもあるだろう。
そこで、何かをする時にはいつもゼスチャーで合図を送ることにした。パソコンをする部屋から寝室に移る時も、いつもなら知らん顔をしていても音で気づいて後ろから付いてきていたが、今はジュディーを起して部屋を移動するようにしている。

散歩の時もこちらへおいで、と手招きをして「散歩へ行こうか」と耳元で話しかける。ゴハンの時も同じようにする。
ジュディーはたとえ聞こえなくても手招きをされると嬉しそうに尻尾を振りトコトコと歩いて近づいてくる。

今までとは違ったコミュニケーションのとり方になってきたが、それでもジュディーはジュディーなりに工夫をして今までと同じように、生活している。

なんだかたくましいよね。。。。


それに、耳が聞こえなくて可愛そうだとか思うのはきっと私だけかもしれなくて、ジュディーは自分だけ手招きで呼んでもらえる事がちょっぴり嬉しいのかもって思う事もあるぐらいだ。



これからもジュディーとの新しいゼスチャーコミュニケーション方法を作って、楽しい老後を過せるようにしようと思う。



c0057041_23243657.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2010-07-06 23:24 | 愛犬