タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
年をとっても気にしない
茨城の叔父がテレビ電話を始めた。

http://www.logicool.co.jp/ja-jp/webcam-communications

で、私にもLogicoolからテレビ電話が出来るように、ウェッブカメラを購入しろとのメールが入った。これは叔父が私の私のメールを設定したかららしいが、叔父はやり方が判らず私にメールが届いたことも知らなかったようだ。
テレビ電話用のソフトをダウンロードしておいたのだが、ある日パソコンのテレビ電話に叔父の顔が突然映った。私はカメラを買っていないので叔父に私の画像や音声を送ることができないが私のほうは叔父の表情も叔父の声も入ってきた。
やり方が判らずパソコンをいじっているようで、自分の姿が私に見られているとは想像もしていない表情だ。何ともすっとぼけた顔が可愛らしい。

が、あることにふと気づいた。父にそっくりになってきたのだ。普通は叔父と父は似ている方ではないのだが、何かを覗き込むようなその表情は父のそれととても似ている。しばらく叔父の顔をこっそり眺めていた。
とはいえ、盗人の気分になってきたので携帯を鳴らしてみた。
叔父は隣に携帯を置いていたようで、パソコンを眺めながら手を伸ばし横にある携帯を手に取った。叔父は「お、どうした? 元気か?」というので
「叔父さん、今パソコン触ってるでしょ。顔が見えてるよ」と言ったら
かなり驚いたようだが、どうして私に見えて自分には私が見えないのか不思議だそうだ。「こっちはオマエの顔も見えないし声が携帯から聞こえるぞ」とな。
当たり前だ。携帯で話してるんだから。

結局叔父からはカメラを買え、との指示があり近いうちにカメラを購入することにした。近いうちに叔父とは顔を見ながら話をすることになるだろう。


それにしても病気のことをまるで感じさせない叔父は本当にすごいなと、感じた。
自分が病気であるからと制限をつくらない叔父のことをい見習わなくてはいけないと思う。
〇〇だから、と言い訳を探すことに力を注ぐのは、人間も生活も小さくなっていってしまい文句ばかり出て何も良いことがない。
ほんとうに叔父には頭が下がる。




今日の一枚。
白髪が目立ってきたさくら。でも、年を取ったから、などと言い訳をせず元気に暮らす。私も見習わないといけない。。。。
c0057041_10553553.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-27 00:01 | 愛犬
写真特集~窓の外は晴れ
今日の一枚。
外を監視しているつもりの2匹。
ひょっとしたら晴れた空を見ながら散歩に出かけたいと願っているのかもしれない・・・・・
c0057041_1132651.jpg




記事引っ越し済
[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-21 23:23 | 愛犬
写真特集~ダックスとダックス
今日の一枚。
公園で見つけたダックス
いつもは子供が遊んでいるところだけど、たまたま誰もいなくて撮影が出来てラッキー。
c0057041_111812.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-21 00:24 | 愛犬
昼寝
ジュディーとさくらが昼寝をしていた時、この時期にしては珍しく雷が鳴った。振り返ってジュディーを見ると寝ている。やはり聞こえていないのだ。。。このようにジュディーが耳が遠くなってから私は手の動きで手招きをしたり、待てと手でジュディーの動きを止めたりして、ジュディー自身も私もその生活に慣れてきた。


そして、夜。。。。
ガメラがお菓子の袋をガサガサとしながらこちらへ歩いてきた。その様子をまるでお菓子の袋を開ける音が聞こえたかのように顔を上げガメラの動きをじっと見ている。
お菓子の袋を開ける音には昔から敏感に反応し、何かもらえると思って必死になるのが常であった。それが聞こえてもいないのに、お菓子の袋の音に反応してる。聞こえてるんじゃないの、それ?

まさか、都合のいい音だけ聞こえるとか? 
とにかく、元気ならそれでいいか。



今日の一枚
公園の散歩を済ませると後は寝るだけ。
c0057041_11102483.jpg





c0057041_11115179.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-19 23:29 | 愛犬
春~写真特集Part.2
今日の一枚

日差しが綺麗になってきたこの季節は、外に出ないのがもったいない。桜が散り始めて地面がピンクに染まるりそれに日が当たって辺りはこの季節独特の色になる。

c0057041_11463951.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-17 17:59 | 愛犬
春~写真特集Part.1
今日の一枚

年を取ってくると夏の暑さは体力的に厳しいし、冬の寒さを感じると外へ出かけるよりストーブの前がいいし、春と秋は何より幸せな季節になる。
c0057041_1155716.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-16 11:45 | 愛犬
New York Times

今日の一枚。
当たり前に過ごせる日々が一日も早く取り戻せますように。。。。。


c0057041_1115746.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-15 12:00 | その他
ジュディーの悲劇
晴れた日の休日であった。
さくらは外で日向ぼっこをしていた。ジュディーは家の中で日の光を浴びながら昼寝をしている。そんなとても穏やかな時間が過ぎていった。


その時急にジュディーがもがきだした。
どーした? 夢でも見たか? 一瞬もがいたものの、パタンと横になり又寝た。が、すぐにもがきだした。何?
ジュディーの後ろから見ていたのだが、顔に何かついているのか必死に足を顔に伸ばして取ろうとしている。が、かわいそうなことに足が短くて目的の場所に届かないようだ。そのため、足を目一杯伸ばして鼻の上に手をやり、その勢いで届かない足が床を叩く音がするぐらいだ。
何がついているのかとジュディーの正面に回って見てみるとなんとハチが鼻の上に止まっている。

そのハチを必死になって足で払い落とそうとしていたのだ。あかんて。刺されるって。
なんとか助けようとしたのだが、無防備に近づいたらどちらかが刺されるに違いない。とっさに思いついたのがバスタオルを顔にかけてハチが動けないようにしてジュディーごと庭に出すことだった。
が、そんなことしたらハチがジュディーを刺さないか?
普通はハチを勢い良く払って追う方がいいのでは?
そうだ、そうしよう。が、家の中でハチを払ったらどうやって外に出すの?
という事はハチが止まったままの状態でジュディーを外に出さなくてはいけない。
そんなことできるか?



と、考えるが先か行動が先か判らないほど慌てて、ジュディーの頭にブランケットをかぶせてハチのいるところめがけてパチンと叩いてしまった。そして、ブランケットごと外に出した。
ジュディーは、ブランケットをいきなりかぶせられるわ、叩かれるわ、外に出されるわで、驚きのあまり身動きもしない。が、暴れたらハチが刺さないか心配だしそれぐらいでちょうどいい。

で、そっとブランケットを外してみるとなんとジュディーの鼻の上でちゃんと生きていた。ハチもいきなりのことで驚いたのか、やけに大人しい。そして、我に返ったように飛び立っていった。



って、我に返ったのはこっちの方で
「ジュディ~大丈夫か? 刺されてないか? 痛くなかったか~」と悲劇に見舞われたジュディーが急に心配に。しかしなんともなくて刺された様子もない。良かった~・・・・・・・


何もなぐったりせずに、もう少しまともな判断が出来なかったかと思うが、かなり必死にジュディーに謝ったのは言うまでもない。

c0057041_2354497.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-11 23:54 | 愛犬
幸運な犬
3週間の間、海に漂流していたところを発見されて保護された犬が飼い主と再会、という出来事がニュースで流れたらしい。私は見れなかったのでyoutubeで探したら見つかった。

状況からしてしばらくは陸にいて、何かがあって海に流されてしまったのではという事らしいがどちらにしても3週間の間よく生き延びていたし、あの状況でよく発見されたと思う。


とにかく良かったですね。
これからもまだ希望を捨てずにどこかで小さくてもいいから奇跡が起こりますように



[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-06 00:35 | その他
飛び出す犬と転がる犬
数日前にさくらがどうしても夜に散歩に行きたいと言い出した。
この日は私は散歩に連れて行っていないし、ガメラも連れて行かなかったらしい。一日一度は行かないと気がすまないさくらのことなので簡単にはあきらめないだろうし、仕方なく連れて行った。

途中、四つ角で黒い影がこちらへ向かってきた。ちょうど電灯の下に来た時、犬だと判った。リードもしていないし、中々元気のいい動きで、とっさにジュディーとさくらを抱えた。すると、思ったとおりその犬がこちらをめがけて走ってきた。四つ角の右手の奥から私たちのいるところは距離にしてもほとんど目の前と言っていい。
何とか抱え込んだその瞬間にはもう私の目の前にその犬がいた。そして私が抱えたジュディーの臭いをかいだ。その瞬間、何を考えたのかさくらが私の手からもがいて下へ降りようとする。私はその犬を怖がるジュディーを抱え込むのに必死でもがくさくらを手から離してしまった。
あ、と思ったその瞬間その犬がさくらの臭いをかごうと鼻でつついた。するとさくらはゴロンと一回転。で、近所中に響き渡るほどの声で絶叫!!!!
「ギャイン  ギャイン  キャン  キャン  ギャン」とな。
がこの犬はけんかを売ってくるようには見えなかった。ジュディーの臭いをかいでも何もしなかったし、私に対しても特に警戒している様子はない。チラット目線があったのだが優しい目をしていた。問題はさくらで、一回転は確かに辛かったかもしれないが、それ以上に何もされていない。どちらかというとさくらのその声に驚いてその犬の方が逃げていったと状況だ。

さくらを慌てて抱えたものの、走り去るその犬をめがけて「ウゥ~」とな。
ったく、大げさすぎ。それに今頃強気になるか?


良く見るとその走り去った犬はスキップしているぐらい嬉しそうな感じだ。一瞬立ち止まって振り返り私たちを見たその表情もなにやら笑顔に見えるぐらい嬉しそうだ。

ん~。。。。。ひょっとしてその子は、いつもはつながれていて散歩もリードで歩く程度だったのだが何かのせいでリードが外れ、外へ出て一人で自由を満喫してその自由が楽しくて仕方ない、って感じなのか? って思った。あくまで想像だがそれ程その犬はウキウキしてる感じがした。

問題は、家に帰れるのかどうかだ。以前、我が家で飼っていたマルチーズのナナちゃんがどういうわけか家から外に出たらしくそのまま迷子になり1週間帰れなかったことがある。近所の人がポツンと座っているナナちゃんを見つけた。そして連絡をしてくれ保護できたが想像以上に近いところだった。見つかったからいいものの、その子もあまりはしゃぎすぎていえから遠ざかって家に帰れないなんてことにならないように願うばかりだ。


c0057041_0185787.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-04-04 00:19 | 愛犬