タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
携帯番号チェンジ
先月、携帯が調子悪くて携帯ショップへ出かけた。スマートフォンにするかどうするか、などと考えていたのだが、そのお店の人が私の携帯の調子悪いのは設定が悪いだけだったという事をつきとめてくれまだ使えると判明。
そして、更にその方が直ぐに新しいバージョンが出るのでそれからでもいいのでは、とアドバイスをくれたのである。更に、お値打ちな商品が出たら教えてもらえるメールを配信してくれることになった。そしてその日は購入せずに帰宅した。


そのお値打ち商品お知らせメールが先週末に届いた。
「新機種が9,900円。(注意=端数ははしょった。てか記憶にない。)」
とな。
翌日在庫があるかを確認してから機種変に出かけた。

店頭で待ち時間があるので、待っている間に”今日は何をしに来たのか”を聞かれるシステムになっている。店に入り早々、「本日の御用は?」と話しかけられた。これこれこういうことだと話したら
「それ、新規購入が9,900円かと・・・」
その対応をしてくれた人は先月対応をしてくれた人と同一人物だ。なので、「スマートフォンは?」と突っ込まれるおまけまでついた。

せっかく来た、という理由から一応窓口で色々聞くことにした。
その窓口では違う女性が対応をしてくれた。その方は「いえ機種変でも9,900円でいけると思いますよ」とおっしゃるので即刻購入決定。
準備にとりかかる。が、奥に引っ込んでしばし・・・・・
うなだれて戻ってきた。「すいません。新規でした」とボソっと言う。「そ~ですよね。いくらなんでも安すぎますよね」とあきらめて帰るための捨て台詞を残した。
が、その女性は優しかった。
「気に入るか判らないし、もう少し値段がしますがお値打ちな商品が。。。。」と教えてくれるではないか。
「今お持ちします」と持ってきた機種は黒と白。ちなみに機種は決まっていないが機種の色は決まっている。赤である。案の定赤が売り切れ。
肩を落とすしかない。
横にあったカタログを見ながら、「この機種のこの色がいいんですよね。でも高いんですよね」とつぶやくと
「いえ。それもお値打ちになってます。今お持ちします」と言う。なんと言うラッキーか。


が、ガックシ肩を落として戻って来た。「赤が売り切れて品切れです」。。。。。
今日はやっぱり悪い日だ。
その時、天を仰いで「こんなにあれもこれもダメなんてひどすぎる。せめて番号ぐらい気に入った番号を私に下さいな」とつぶやく。もちろん心の中で。
というのも、いずれ携帯の番号を変えたいと思っていたので、せっかく来たついでに変えようと思ったのだ。しかし、この調子で行くといい番号なんて来るはずない。

この女性はやるだけやってみましょう、といい番号を検索してくれた。最初はダメだったが追加で300円ほど払うと再検索してくれる。希望の番号は下4桁までいけるらしい。
この女性は不気味な笑みを浮かべながら「これどうです?」と数字を書き始めた。いいやんけ。即決だった。
ちなみに下4桁は0888である。ぶふっつ。なぜ8888のぞろ目にしなかったか? と後悔が少しあるが欲張っても取れないだろうと思う。


そんなこんなで、帰り道にもう一つの携帯ショップへ立ち寄ってみた。ここは待ち時間もなくすんなりと窓口へ。事情を話してお値打ちな商品を見せてもらった。どれもこれも気に入らない。
気に入った機種にするぐらいならもう少し頑張ってスマートフォンにしたい。が、毎月の使用料が今ひとつ納得がいかないため迷っていた。すると、その窓口の男性が「2台目はオトク」とささやく。
つまり、2台目は通話できない契約にして完全ネット状態で使うわけだ。それが何?と思われるだろうが、スマホの悪いところはちっちゃくて使いづらいし、電話としては少々重い。が、スマホに限らずタブレットでもオトクになるとのことなのだ。つまり2台目をスマホにせずにタブレットにしちゃえば見やすい画面で必要な時だけ持ち歩くネットとして十分活用できる。で、電話機を安いのにすれば下手したらスマホを購入するよりはお得という計算になる。
ということで、安い機械を購入。オトクという言葉につられて白い携帯に譲歩した点がそれってどうよ?って感じがしないでもないが。。。。
とにかく来月ぐらいにタブレットを購入しに出かけようと思う。

ついでに言うと、今までの携帯はなんと4年7ヶ月使ったらしい。
「ウソでしょ?  そんなに前だったか?  そんなばかな。。。。最近のはず。。。。。」
と、ボケの初期症状まで発症する始末である。


今日の一枚。
池を見て腰が引ける腰抜けさくら。
水に入ってもいないのに怖いわけないだろ?
そういえばあなたのと~ちゃんの恭平も池を見て腰抜けてたな。。。。


c0057041_0135322.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-28 00:14 | その他
やはり一緒がいい
買い物へ歩いて出かけようと思ったのだが、この暑さではジュディーを歩かせるのもなんだし、さくらだけを連れて行くことにした。

冷たいようだが、これから体力に差が出てくると全く同じ扱いをすることができない場面も出てくると思う。なので、たまにはそういう事もあるのだ、とジュディーに言い聞かせるための実験的な感じの意味を兼ねて留守番をさせてみた。
前にも数回はそういう事があったのだが、もうジュディーはそんなことは忘れている頃だろう。


さくらは嬉しそうに私についてくる。しかし、玄関のドアを出たら動かなくなった。いきたくないのか?
いや、違う。玄関ドアから出てこないジュディーを待っているのだ。いや、ひょっとしたら私に「ジュディーは一緒にいかないの?」と聞いているのかもしれない。
「ジュディーは留守番だよ。さくらがイヤならさくらも留守番してる?」と言うとドアの方を向きしっぽを振る。
留守番がいいんだね。とドアを開けると中には入らずジュディーを待っている。
ジュディーはなんとなく自分は連れて行ってもらえないと判っているのか、外には出てこない。



ど~すりゃいいの?



という事で、結局買い物を止めたのであった。


c0057041_017067.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-24 00:17 | 愛犬
老化進行中
ここのところ落ち着かなくてあっという間に6月も終わりに近づいてきた。


ジュディーが急に老化が進んでいる気がする。気がするというのは間違いではなくて確実に老化が目に見えて現れてきていると感じる。とても単純な話だけれど、走らなくなったのだ。全く走らないとは言えないが、走りたい気持ちに体がついていかないようだ。
当たり前だが今年で15歳なので立派な老犬だ。走ることを期待しているわけではないが、走れる日が一日も長く続いて欲しいと願っている。

そんなジュディーだがさくらとの関係に少しだけ変化が生じ始めた。

毎日私は2匹と布団をともにしている。もちろん朝目覚めても必ず私の横にいる。2匹に起されたぐらいでは私は起きないのを知っているので、絶対に起さないが今か今かと布団から起きるのを待つ。所が、最近はジュディーが私が起きても気づかずに寝ていることが多い。
寝かせておくのもいいかと思い、こっそり布団から出るのだが、一緒に起きたはずのさくらが見当たらない。おかしいなと思って部屋に戻ると、なんとジュディーを起しているのだ。
暑くなってきたので布タイプのシーツを布団にかけているがジュディーはそのシーツに包まって寝ている。そのシーツを一生懸命めくりあげているのだ。そのまま見ていたら、それでもジュディーは気づかずに寝ていたため、とうとうジュディーをつつき始めた。それもしっぽをフリフリしながら。
「朝だよ。起きようよ」
と言っているようでなんとも可愛らしい。


ところが不意に起されたジュディーは目が覚め、そしてガガガぁ~、とさくらにうなっている。頭にきたらしい。
すると、さくらはそっと私の方を向き
「私、悪くないよね?」
と言わんばかりに目をへの字にしてる。
「ジュディー、朝だよ。さくらが起きようかって言ってるよ」
と言いながらジュディーを起すと、急に動き始めてさっさと階段へ向かった。誰よりも先に。
元気だ。



ならいいか。
と思ったが、ふとこのまま病気になったらと不安になった。
それにしてもこうしてさくらがジュディーを起したり、ジュディーを気にしているような態度は見せたことがなかった。関係が逆転するのだろうか・・・・

そんな様子もあるし、そろそろ検診かねて動物病院へ行かなきゃ。



c0057041_093832.jpg

[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-23 00:09 | 愛犬
まさかのムシ
あのみゃ太郎が又現れた。
が、私たちは既に友達同士だ。ゴハンもあげたしお水もあげた。抱っこだってしたんだ。ここまで親密になるにはさほど時間がかからなかった。それほど私たちにはつながりがあったのだろう。
この間は私の顔を見るなり
「みゃ~」といい私を呼んだ。
私は
「なんだい? みゃ太郎? 今日は天気がいいから遊んでおいで」
と答えた。
するとその声に反応するかのように私の視界から消えた。晴天の初夏を楽しんでいるみゃ太郎が目に浮かび微笑むのであった。



そして、今日。
ふと外を見るとみゃ太郎がいる。私はそっと近寄ろうとするがなぜか視線を合わせない。
ど~した? 空腹ではなさそうだ。
気づかないだけか、と近寄りながら
「みゃ太郎」と呼んでみる。
が、ムシ。聞こえないのかもしれない。
「みゃたろ~!!!」








無反応。。。。。。。

「おい、君、聞こえないのか? 呼び方が気に入らなかった? 
みゃ太郎ちゃん。これならいい? みゃ太郎君でもいいけど。どっちがいいかな?」
「・・・・・・・・・・・・」






なぜだ? どうしてだ? なんでムシする?




誰か教えて・・・・
[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-10 23:35 | 愛犬
ちょっと、うそでしょ?
あのみゃ太郎が又私にまとわりついてきた。私の姿を見たら急にこちらに歩いてくる姿はまるで「おう、元気か? 久しぶりだな?」と親父臭く言われてる感じすらする。

この日は、食べられなくて少しだけ残したサンドイッチのパンがあった。夜の時間帯だしきっとお腹がすいているだろうなと、親切な私はみゃ太郎にパンをあげようと思いついた。バッグを開くとみゃ太郎はバッグの中に顔をつっこんだ。
おい、のぞくなって!!!!
そして、ゆらゆらしっぽを揺らしている。嬉しいのか?

パンを取り出して口元に持って行くと、少しかじったがどうやら大きかったようで食べにくそうだ。まさか小さくしないと食べられないの? と、小さくちぎってあげてみた。ゴロゴロと言いながら食べている。
君、案外口が小さいんだな?
二口三口ほど食べたと思ったとき、パンを吐き出した!!!!!


何なのよ!!!!


違うパンを上げてみるが吐き出した。は? 
そうなのだ。その時に上げたパンには味がついていない。その前のパンにはハムが少しだけ乗っていた。
あなた、パンは嫌いなの? マジかよ?


落ちたパンを拾っているその間にみゃ太郎は私に背を向けた。そして、何度呼んでもこちらを見ない。

みゃたろー!!!! ムシしないで食べなさい!!!!




完全な無視。
君ね、ジュディーとさくらでさえ私に怒られたら反省するんだ。ムシはないだろ?
[PR]
by kyouhei414 | 2011-06-04 10:14 | 愛犬